2017/03/26

映画「テラフォーマーズ」を観る

今朝はWOWOWで撮ってあった映画「テラフォーマーズ」をながら見で観た。昨年公開も酷評の嵐に見舞われた本作。その期待?に違わぬ出来に納得した。

原作はKindle無料時に1巻だけ読み、世界観は既知。面白さと相反し実写化は相当なハードル。この映画を観て、これってアニメ向けの素材と痛感した次第だ。ダメなところを挙げていったら指の数が足らなくなるほど。もちろん虫になってもその数は足らない。

まず何故特殊メイクにこだわるのか。バグズ変身後は質感の乏しさに溢れる。これがヒーロー番組なら許されるだろうが、あくまで巨額を投じた大作。毎度、顔のアップを見ていたら、とても耐えられなかった。もう少し何とかならなかったのか。敵も質感的にゴキブリに見えないし。

あと池田秀一によるナレーションがいただけない。聞き取り難いというか、ナレーションを務める番組「おぎやはぎの愛車遍歴」ではそんな事ないのだけど。その上で説明に頼った世界観作り。中身もスカスカ。物語も読んでいた1巻の内容をなぞっただけで緩急もない。その終わりは映画オリジナルのようで続編を匂わせるが、この出来では?が付く。

一方でCGチームの頑張りは評価したい。この映画は三池崇史監督の映画ではなく、そのほとんどがCGチームの努力により作られた映画だと判る。失敗させた監督の罪は大きい。三池監督らしさは愚連隊、ヤクザ臭のプンプンするキャスティングぐらいだろう。そもそもこれまで三池監督の作品を面白いと思った事は無いけども。

本作は観なくてもいい映画、二度と観る事はあるまい。早々に消してしまった。

170326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25

「山田孝之のカンヌ映画祭」を観終える

昨夜録画しておいた「山田孝之のカンヌ映画祭」の最終回を観終えた。感想は内容に触れざる得ないので気になる方は飛ばして下さい。


オブジェの爆発と主演芦田愛菜の決断によって映画「穢の森(けがれのもり)」の製作中断を余儀なくされる。製作チームも解散し、目的を失った山田は故郷鹿児島を訪れた。母校、実家、そして父親と対面する。去来する想いにある決断をする山田だった。

前回、山田にクビを言い渡された山下監督がダッシュした瞬間、妙な雰囲気が立ち込めた。その後の出来事はギャグ的。フィクション、モキュメンタリーたる落とし方と言えるだろう。今考えれば「穢の森」自体、本当に作りたかったものか。カンヌという目標に肩肘を張り、河瀬直美監督との出会いで触発されたものの、少なからず自分を見失った感はあった。

そんな彼は故郷で自己回帰し、やりたいものが作りたかったものと再起。山田の父は結構な自由人であり、好きに生きてきた人と語られる。そうした父との会話で奮起する山田。結局は今回の「カンヌ映画祭」も前作「東京都北区赤羽」同様、山田孝之の自分探しの旅だったのだ。

さて山下監督、芦田愛菜を再招聘して作ったのが「映画 山田孝之3D」。しかも最終回のエンディングからもカンヌへ出品するようだ。めでたし、めでたし。

でもね、終わってから思うんですよ。前回までの異様なテンションが何だったのか。しかも結果撮りたいのが、何処か某宗教団体を思わせるポスターの3D映画。カンヌ自体、3D映画は既にギャスパー・ノエが出品しているし初ではない。ただゲーム好きとして知られる山田が撮りたいのが、3D映画だったというオチは好意的に見れば分からなくもない。

山田のカンヌへの志と映画作りが一致していたかは解らない。ただシリーズ中、河瀬監督の説く「作りたい映画が偶然カンヌに選ばれた」ことからそこに至ったのだろう。山田にとって「穢の森」は振り上げた拳だったのかと。

「東京都北区赤羽」「カンヌ映画祭」を通し、人間山田孝之の面白さに惹かれた。「映画 山田孝之3D」はその三部作のトリを受け持つ山田ワールドの集大成なのかもしれない。

17032501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/11

映画「野火」上映会 塚本晋也監督 登壇! トーク&サイン会へ行く

17031801

今日は盟友N氏を誘い、富士市交流プラザで行われた映画「野火」上映会 塚本晋也監督 登壇! トーク&サイン会へ行ってきた。偶然、2ヶ月前の告知をTwitterで見てチケットを購入している。

主催はFuji映画館復活プロジェクト。そう、今富士市には映画館が一軒も無い。かつて駅前のデパート、富士パピーがあった頃、最上階が映画館だった(と思う)。沼津市で上映されない映画を遠征して観たものだ。メジャー作品ながらやはり沼津で上映されなかった「マトリックス・リローデッド」やシャマランの「サイン」はこちらで観た。いずれも評価が微妙な作品ではあったが、N氏とそんな事を思い出しながらロビーで談笑して開場を待った。

上映される映画「野火」は1959年、市川崑監督による映画化もされた作品。ただし今回はリメイクでなく、塚本監督が学生時代に読んだ原作に感銘を受け、その時から温めていた企画で2015年に映画化した。戦争世代の激減と風化、社会風潮に危惧し、強く内面に迫った市川版と異なり、本作は監督が原作に触発された、映画を通した戦場の追体験を目指しているという。

会場は200インチ強と思われるリアプロジェクション、音響はPAでの上映。画質はややプア、音響が勝った感じだが、自主上映のためにやむを得ないところ。フロントの音響だけでかなりの臨場感を出すのはホールの特性が活かされていたと思う。作品に込められた戦場のカオスを痛感できた。

第二次大戦末期、フィリピンに派兵された田村は残された部隊に居た。肺炎を患い、分隊と野戦病院を行き来するも居場所を失う田村。やがて部隊は襲撃を受け路頭に迷い、飢餓、孤独と焦燥が襲う。戦場の極限状態は心身共に田村を始めとする兵隊たちを追い込んで行くのだった。

とにかく凄まじい作品。色彩に圧倒されるも、それこそいつも(今も)変わらないもの、戦場との落差を物語る。そして同時に原作者大岡昇平が体験したであろう、モラル無き戦場の異常さが描かれていく。

なかでも見所は夜襲を受ける場面。このシーン、とても低予算とは思えない出来。ここでの衝撃は「プライベート・ライアン」のオープニングに双璧、画面から伝わる兵士たちの心痛は「硫黄島からの手紙」に並ぶ。人が形を変える瞬間、この追体験こそ塚本監督が意図するものだろう。

トークショーで明かされるが、フィリピンが舞台ながらも自主制作、低予算のために本場はスタッフ6人(実質4人)での撮影、あとは沖縄と群馬に近い埼玉の山奥という映画という魔術による一体感。自主制作映画出身の塚本監督らしい手腕が光る。冒頭でユーモアに感じるカットも、実は少人数撮影の名残と知る。

監督が実感したという戦争経験者の激減。映画化以前、取材したフィリピン出兵者が映画完成を待たずに逝かれている事からも判る。彼らとのエピソードや真摯に答える塚本監督の姿に感激した。トークショー後にパンフレットへサインをもらい、映画共々良い時間を過ごさせてもらいました。本作は監督自身の思いだけでなく、戦後世代である我々へのメッセージに溢れた映画でした。

17031802

17031803


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/04

「第89回アカデミー賞授賞式」を観る

17030400

月曜日に行われた「第89回アカデミー賞授賞式」をWOWOWによる字幕付き全長版で観た。今までなら翌日朝からすぐに観始めるのだが、年初から異動してから朝が早くて時間が取れない。週末にまとめて観る事になった。加えて今回の最優秀作品賞発表での出来事はYahooニュースに載ってしまってネタバレ。ただ切り取られたニュースよりも、改めて冷静にその過程を追うと興味深かった。

盛り上がる「ラ・ラ・ランド」のスタッフ、キャストは壇上に集合、一人一人熱いコメントが繰り広げられる。そんな中、間も無くインカムを付けたスタッフが確認に近づき、後ろで説明している様子。これを受け、「ラ・ラ・ランド」のプロデューサーは事態を冷静に受け止め「ムーンライト」と書かれた紙を見せたのだ。こんな発表、東京スポーツ映画賞ならたけしお得意のボケに終わりそうだが、世界最高峰のオスカーとなると冗談では済まない。ただ受賞後のスピーチや記者会見に互いをリスペクトする両作スタッフが感動的であった。

1703040217030401

司会はコメディアンのジミー・キンメル。途中、交流のあるマット・デイモンを弄りつつ進行。ジミーだけでなく番組進行上のアナウンスまでも、主演男優賞のプレゼンターであるマットを弄る始末。あのリアクションを見ると事前打ち合わせ無しだったのかも。ただその直後、盟友ベン・アフレックの弟、ケイシーの名が呼ばれて帳消し。またケイシーのスピーチもなかなか味があって良かった。

今年のテーマは「影響力」だったそうで、セス・ローゲンが選んだのが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。間も無く会場ドルビー・シアターの壇上にはデロリアンが。しかも車から降りてきたのが、自動紐結び機能付のNIKEを履いたセスとマイケル・J・フォックス。興奮のセスにマイケルの冷静なスピーチ。そしてプレゼンターへというのが今年の演出の一つだった。

またハリウッドバックステージツアーをダシにファン軍団が授賞式と知らずに乱入。エマ・ストーン、ライアン・ゴスリングにメリル・ストリープのいい人っぷり。デンゼル・ワシントンに至っては新婚黒人夫婦の立会人としてセルフィーに収まる始末。そのやり取りも可笑しかった。

さてここ数年作品賞候補が増え、今年は9作という多さながら小粒。下馬評は「ラ・ラ・ランド」一色。しかしながら監督賞、主演女優賞等、6部門を受賞まで。ただ個人的にデイミアン・チャゼル監督の最年少受賞は興味深い。実際、色彩溢れた流麗な音楽映画を作る手腕は素晴らしかったからだ。

もちろん授賞式で紹介された映像から、最優秀作品賞の「ムーンライト」に復活メル・ギブソン監督の「ハクソー・リッジ」、そしてケイシー・アフレック主演、マット・デイモン製作の「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は是非観てみたいと思わせた。

授賞式中、プレゼンターや受賞者からのトランプ大統領、政治へのコメントが注目されたが、”過大評価”なメリル・ストリープを弄るジミー・キンメルもあくまで最小限に留め、むしろ大統領のアカウントへリツイートする可笑しさがあった。これにリプライするようならトランプも面白い奴なのに。

やっぱり最優秀外国語映画賞のイラン人アスガー・ファルハディ監督の欠席による抗議のように静かなる対応の方が強い。ただハリウッドの政治への影響力の限界も言われるが、別にいいんじゃないだろうか。ハリウッドが戦う姿は一種の伝統なのだから。それに視聴率低調と言われるが、やっぱり毎年アカデミー賞授賞式は面白い。ギャラでいけば、授賞式は充分にハリウッド大作なのだから。

<追伸>
WOWOWで放送された本国版のエンドロール、そのBGMが布袋寅泰の「新仁義なき戦いのテーマ」(BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY)だった。「キル・ビル」や「トランスフォーマー」でも使われた楽曲だが、何となく日本人として嬉しくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/26

「ラ・ラ・ランド」を観る

今日は一人でデイミアン・チャゼル監督作品「ラ・ラ・ランド」を観てきた。前作「セッション」を大絶賛した身として本作の鑑賞は欠かせない。そして中身はハリウッドの王道を行くミュージカル映画であり音楽映画であった。

ニアは女優の卵、バイトの傍でオーディション突破に励む。そんな彼女が店の前でセバスチャンの弾くピアノ演奏に心を掴まれる。二人の距離が近づくのは時間の問題だった。ニアは女優を、セバスチャンはジャズの道を目指しつつ関係を深めていく。

長回しによる冒頭のハイウェイ、高架のシーンから圧巻。出演者の衣服、車に至るまで色彩設計も含めて緻密に計算されている。ジャズバーのシーンでは「セッション」と同じ茶系を踏襲も、それ以外では色彩豊かで観ているだけで楽しい。これ程に色が溢れている映画は「ディック・トレイシー」以来でないか。これを100%以上で上映できる映画館は国内でも数少ないだろう。加えてシネマスコープ、テクニカラーとかつてのハリウッド大作を思わせる演出である。

音楽再生においてもそれを強く感じる。「セッション」同様、ジャズクラブのシーンが心地いい。それだけでなくミュージカルシークエンスでもメリハリがあり、なかなかの包囲感。そういえば劇中、「サラウンド」のウンチクがあったが、監督もそういった点でオタクなのかもしれない。

物語は王道の上を行く王道であり、監督なりの映画へのオマージュに溢れている。アメリカン・ドリームに恋愛、そして音楽。ハリウッドでもここまで音楽を撮れる映画監督はいない。また緊迫感溢れた「セッション」と異なるベクトルながら、音楽映画という軸はブレていない。映画としての好みなら明らかに前作だが、エンドロールではこの映画の音楽に聴き惚れてしまった。同様に計算されたダンスシーンも素晴らしい。

問題を強いて挙げれば、日本人にとってミュージカル映画は大きな壁であるが、加えて字幕(を読む事)がその楽しさをスポイルする。やはり本作は「ラ・ラ・ランド」でなく、「LA LA LAND」なんだね。慣れた映画ファンなら一瞬読みつつ画面に没入できるが、普通の人ならそうはいかない。本作での楽曲、歌詞の意味は物語に沿っているため、画面から楽しんだ方がいいだろう。語学の壁のない人なら本作をより楽しめる。

映画としてはライアン・ゴスリングとエマ・ストーンによる映画。オスカー候補も納得できる。ちなみにあのJ.K.シモンズでさえ添え物扱いとなった。歌とダンスに演奏と二人への感情移入がカギであり、ラストシーンで見つめ合う表情が堪らない。「セッション」同様、今回の作品でもラストシーンにしてやられた。

若き才能デイミアン・チャゼル監督はやっぱり天才だった。近々サントラもスコア集、歌曲集共に買ってしまうだろう。明日のアカデミー賞授賞式が楽しみだ。

170226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/18

「サバイバルファミリー」を観る

今日は一人で矢口史靖監督最新作「サバイバルファミリー」を観てきた。矢口監督といえば劇場で観た「ウォーターボーイズ」に感動、佳作も多くハマる作品が多い。これまでも着眼点、プロットの面白さが光る。そして本作では未曾有の状況下で助け合い生きていく家族の姿を描く。

現代の東京。ある朝、起こった停電に戸惑う鈴木家。車も動かず、交通機関は麻痺。会社、学校に向かうも社会は機能していなかった。数日後、衣食住に限界を感じた彼らは父義之の得た情報から家族4人、自転車で大阪へ向かうのだった。

3.11から6年。あの時の教訓を忘れ、あの時以上に様々な物、情報への依存が進んだ気がする。まさに冒頭の鈴木家の描写がそれを物語る。一見満たされた生活だが、会社や学校、社会に忙殺され、家族は繋がりを失いつつある。「サバイバルファミリー」というタイトル、矢口監督作らしいコメディながら、生きていくための力強さ、家族の再生がテーマである。

そんな鈴木家の人々に感情移入しつつ、今我が身に起きたらと鑑賞前後に色々と考えさせられる。それも観る人の立場、環境によって異なるだろう。またこのプロットでハリウッド映画ならすぐに暴動となるが、本作ではそうならない。

単にパニックへ陥らず、日本人同士ならでは様々な助け合いもある。3.11を受けた日本映画の回答だ。矢口監督らしい鈴木家やその他の人々の描き方。大地康雄演じる田中さんとの出会いもいい。本作は同時に3.11以降の問題提起でもある。

なおこの作品を観る際は飲食はしない方がいい。BGMはここぞというところまで皆無。音響的には停電前後の環境音の違いも聴きどころ。鑑賞前に必ずケータイ、スマホの電源は切りましょう、我が経験を踏まえて。また停電下の描写なのに、テレビで観るとこの作品のありがたみは半減するだろう。是非本作は劇場で観られたし。

170218


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/11

「この世界の片隅に」を観る

今日は今年劇場鑑賞4本目、「この世界の片隅に」を観てきた。2016年キネマ旬報日本映画ベスト・テン、読者ベスト・テン(日本映画)をダブル受賞。また先日、盟友N氏に人生ベストワンと言わしめた作品でもある。第二次大戦中の昭和、広島・呉を舞台にヒロインすずと家族、周囲の人々の姿を描いていく。

色薄みでパステルタッチ、優しさ溢れる画に住む生活、文化のリアリズムがこの作品の持ち味。徹底して画のリアリズムを追求した「君の名は。」とは対局的であるが、その先に人を描く事は変わらない。ただファンタジーだった「君の名は。」、創作ながら史実に沿った本作のスタンスは大きく、両者の描く”救い"も大きく違う。

本作を左翼的だと、単に反戦映画と考えるのは早計だと思う。ヒロインの住む時代が戦中であって、大半は彼女の生活感が描かれていく。相手を知らずに嫁に行ったり、嫁小姑の関係があったりと彼女の日常は時代性以外は何も変わらない。あくまでこの作品で描かれる戦争は北野作品で描かれる、日常に潜む狂気と同義だ。

そして我々の知る史実が彼らに迫る。そこで描かれる作品のテーマこそ「人間の当たり前」。そしてささやかな希望が、タイトル「この世界の片隅に」に込められている。

劇中、すずを演じるのんこと能年玲奈のハマりぶりを感じる事しきり。芸能界で本名ながら芸名を奪われたが、さぞ本作に救われただろう。クラウドファンディングで製作された通り、エンドロールに流れる沢山の方々の後押しも感慨深い。

何度も観るようなエンターテイメント性は無いが、人を描いている点はかつての日本映画のように日本映画らしい。そして日本人だからこその感慨がある。是非劇場でこの作品に触れて欲しい。

170211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/29

「ドクター・ストレンジ」を観る

今日はベネディクト・カンバーバッチ主演、マーベル・シネマティック・ユニバース最新作「ドクター・ストレンジ」を観てきた。瀕死の重傷を負い、手の自由を奪われた天才神経外科医ストレンジが、師となるエンシェント・ワンの指導を受け魔術師となって悪と戦う。

まるでマーベル版ハリー・ポッターのような雰囲気だが、遠に誕生が古い原作だ。だが洗練された映像と相まってテンポ良く見せる。時に「マトリックス」であり、「インセプション」を想起させるが、先駆者としては今回の映像化で面目躍如といったところだろう。また映像として具体化した点も凄い。映像デザイナーや監督はどんな頭の中身をしているのか。

傲慢さのあった主人公が修行と師を通して目覚める姿が描かれるが、感心したのはそれだけに留まらない事だ。原作の先見性に感嘆する。物の見方、考え方に宗教観、真面目に捉えたのが先日観た「沈黙ーサイレンスー」だと思うが、本作にもその共通性を感じずにいらせない。またテーマ的にも「マトリックス」シリーズとの共通項を感じる。しかも本作一編だけなのだから凄い。

カンバーバッチによるヒーロー像は意外にあっており、アクション、映像的にも興味深い。今や旬な悪役マッツ・ミケルセンも凄みある表情で登場。ヒロインのレイチェル・マクアダムスも好き。本作に限らず次々と高レベルの作品を繰り出すマーベルは、DCに対し明らかに上手。おなじみカメオ出演、御大スタン・リーの表情も明るい。圧倒的なビジュアルに本作なら3D版(字幕)やIMAX版もアリ、都会の人が羨ましい。オススメな一作だ。

170129

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/24

「沈黙 -サイレンス-」を観る

今日はマーティン・スコセッシ監督作品「沈黙 -サイレンス-」を観た。かつて問題作「最後の誘惑」でキリストを扱ったスコセッシが、遠藤周作の「沈黙」を原作に、キリシタン弾圧の中で渡日した若き宣教師の姿を描く。

17世紀、フェレイラが棄教した事を知らされ、その後を追い確認するため来日したロドリゴとガルぺ。だが布教を妨げるように日本のキリシタン弾圧は凄まじいものであった。苦しみにキリスト教にすがる島民達の支えになろうとするロドリゴ。迫る大名の前、迷いなく絵を踏むキチジローがいた。生か、信仰か、選択が迫られる。

まるで日本映画。物語は本当にスコセッシの作品かと思うほど、小説を読み進めるように淡々と進む。バイオレンス色の強い代表作ばかりだが、先の「最後の誘惑」同様、スコセッシにとってキリスト教を描く事はライフワークなのだろう。それゆえメジャー配給でないのも特徴。目の前に倒れていく島民に心身共苛まれるロドリゴ。神とは?タイトル「沈黙」の意味は救い、信仰、宗教観を問う。

2代目スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールドはその面影無く、極限状態のロドリゴを見事に演じる。カイロ・レンことアダム・ドライバーもSWと異なり、宣教師が似合っていた。それだけでなく気を吐くのは日本人キャストたちだ。目立ったのはイッセー尾形、浅野忠信、そしてキチジローの窪塚洋介。個人的には塚本晋也の心身共の熱演ぶりが凄かった。

この作品の重さは映画館という集中できる空間でこそ成立すると思う。しかもスコア系BGMは充てられていないのも特徴。辛い描写も多く、派手さを好む人々には向かないだろうが、スコセッシらしくない行間を訴える作りに好感、想像力を掻き立てる。そして拠り所を求める人たちへ何らか福音をもたらすであろう作品だ。

170124


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/14

「ドント・ブリーズ」を観る

今日は一人で映画「ドント・ブリーズ」を観てきた。「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ製作によるホラー色の強いサスペンス。監督と共同脚本はリメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレスが務めている。

ロッキー、アレックス、マニーの3人は地元デトロイトでセキュリティを破り家宅侵入、盗品を重ねていた。だが盗品は高値にならないという理由から、ある物件を知ることになる。それは事件の高額示談金を盲目の退役軍人宅にあるという情報だった。3人は下調べし、深夜に退役軍人宅へ押し入るのだが...

若者、密室、コケオドシとホラーの3要素を取り揃え、しかも89分の上映時間は濃密。劇場独特の環境を活かし、時に驚かされ、主人公たちの絶望的な立場を共有する。音響を含め、テレビサイズで伝わらない面白さ。やはり事前情報はできるだけ入れない方がいい。だからここでもこれ以上は物語に触れない。

個人的に本作は大好きなモダンホラー、「ファイナル・ディスティネーション」「ソウ」と双璧に思う出来。時にミスリードを誘う演出も絶妙。しかも名作ホラー、サスペンス作のオマージュと思える画作りがあったりと、映画ファンにぴったりな小品だ。

170114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧