2018/07/13

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を観る

今夜は息子と「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を一緒に観てきた。今日が公開初日とはいえ平日、しかも夕方からの回で席の空きはかなり多かった。ただ明日から三連休、さらに夏休みで巻き返していくだろう。

風の街フウラシティは年に一度の風祭りに賑わっていた。聖火に向け伝説のポケモンルギアが風を送っているという。そんな中、少年たちに絡まれた少女ラルゴを街を訪れたサトシとピカチュウが助ける。だがラルゴはある秘密を抱えていたのだった。

リブートした前作、物語の中心にいたサトシとピカチュウが本作で少し脇に回った群像劇。ラルゴを始め、キャラクターたちのエピソードを重ねてクライマックスに繋げる作り。テレビシリーズと異なり、夏休み作品らしく冒険、そして子供たちに伝えたいテーマを秘める。かつての東映まんがまつりのメインアニメの役割を果たしている。

親目線、人とポケモンの共存という最低限の世界観を理解した上での感想。あくまで子供向けの作品ながら、安定の作りで約100分、大人の鑑賞にも耐えうる。ゲスト声優もブレーキにならず、作品の没入を助ける。そしてレジェンド野沢雅子の存在も大きい。

なおエンドロール後、次回作の発表に注目。その衝撃に息子はしばらく椅子から立てなくなった。劇場版前作から繋がる流れを受け、本格的なリブートに入るのだろう。

180713_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/06

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」を観る

今日は「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」を観てきた。「スーサイド・スクワッド」のマーゴット・ロビーが主演と製作を兼ね、米スケート界を騒がせたトーニャ・ハーディング一連のスキャンダルが描かれていく。

リアルタイムで事件を知っている者には説明不要。本作はハーディングの半生とその裏側に当てていくが、何しろ冒頭からろくでなしばかりが登場。しかも感情移入のしどころがない。そんな彼女も幼少期の不遇は母親によるところは大きく、事件後の再会での出来事がより悲しさを誘う。

ただ約2時間の作品で終始ノリ切れなかった。ブラックなノリも苦笑レベル。物語のテンポも良くない。もちろん感情移入できなかった事もその一つ。さらにハーディングとマーゴット・ロビーの見た目の違いも大きい。ハーディングって見た目小柄だったような。ちなみにエンドロールでその姿が見られる。

見どころはオスカー助演女優賞受賞の母親役アリソン・ジャニーだろう。最もろくでなしっぷりが図抜けている。とはいえ、前評判のわりにこの作品はハズレ。観なくても良かった気がしてならない。

180706

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/29

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を観る

今夜はSWスピンオフ「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を観てきた。若き日のハン・ソロとチューバッカの出会い、盟友ランド・カルリジアン、そしてミレニアム・ファルコンとの物語が描かれる。本国アメリカでの興行と評判は今ひとつ。だがそれで敷居を下げたせいかもしれないが、意外に楽しめる一作だった。

帝国軍の支配が続く銀河。惑星コレリアに住むハンは幼なじみのキーラとスラムから逃れる夢を見ていた。そしてその機会を得るも、ハンはキーラと離れ離れになってしまう。3年後、帝国軍の配下で経験を積むハンの前にベケットという名の男が現れる。

本作はSWエピソード4以前の物語ながら、ランドとの関係性からもエピソード6まで観ていたほうがいい。ビジュアル、コスチューム、そしてブラスターとニヤリとさせられる。中でもファルコン号の存在は欠かせない。独特の照準器に台座、帝国軍の猛追を掻い潜る姿にその後の面影が見えてくる。本作のもう一つの主役だろう。

主演のオールデン・エアエンライクがハリソン・フォードに似ていないと揶揄されるが、そんな事は始まって間も無く気にならなくなる。一方、ベケットとの師弟関係で一癖あるウディ・ハレルソン存在感が光る。ハンと(少しだけ若い)チューバッカとのやり取りもその後のエピソードを想起させる。ただその描き方が全般ドライな事。如何にもSWらしい点ではある。

音楽は「ボーン」シリーズのジョン・パウエル。彼のスコアはジョン・ウイリアムズのオリジナルを巧く取り込み、観る側の気持ちを昂らせてくれる。必聴。

何となく本作の続編ありきな伏線を見せるが、どうだろう。ルーカス印時代と比べ、ディテールの浅さも気になる。とはいえ、エピソード7以降で絶望したファンに本作は朗報だろう。

180629

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/15

「万引き家族」を観る

今年のカンヌ映画祭最高賞であるパルムドール受賞の是枝裕和監督「万引き家族」を観てきた。

この作品は観る人を選ぶと思う。主人公たちの生活は底辺そのもので、自称一億総中流、飽食の時代の日本人にはそぐわない。観るに耐えられない人も居るだろう。でも予告編でシンパシーを感じた自分は観てよかった。ところどころ描写に昭和の断片が散りばめられている。家族一同、下着姿で花火を見上げるシーンなんてやられては堪らない。

そうした描写でさえ、今の世ではファンタジー。ただドキュメンタリー畑出身の是枝監督らしく衣食住、ひとつひとつにリアリティーがあり、世界観に引き込まれる。特に冒頭、リリー・フランキー演じる父親と息子のエピソード、一方で落差ある家族の団欒。そこに至る経緯はやがて明らかになるのだが、現代の社会問題を映しつつのストーリーテリングが巧い。

そして家族六人、唯一無二の配役。リリーさんの何とも憎めない父親、母親に今最も脂の乗った女優安藤サクラ、中でも樹木希林の祖母役は絶品。まさに物語を動かす影の主役。かつての寺内貫太郎一家の老婆は心身共に演技の境界線を超えた。子役の二人も彼らに負けない存在感をみせる。家族の形として、松岡茉優演じる亜紀が浮いているようにみえるが、それも伏線。この作品のテーマでもある、"血のつながりだけではない"絆にとどまらない事を感じさせる。

やがてある事件をきっかけに家族間に起こる出来事。「万引き家族」というタイトルに必然を生む背景に、彼らの行く末の全てが明かされる訳ではないが、その行間を観客に委ねる点も好感。パルムドールという看板に負けない佳作である。

180615


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/07

「デッドプール2」を観る

今日は会社帰りに「デッドプール2」を観てきた。デッドプールこと不死身のウェイド・ウィルソンによる俺ちゃんシリーズ第2弾。今回は悪者退治行脚に出たウェイドが、ある事件に巻き込まれ、その代償に少年を救う姿が描かれる。とはいえ、"憎みきれないろくでなし”デッドプール。ハードなアクションと毒のある笑いで魅せる。

諸事情で未だはぐれアベンジャーズの「X-MEN」チームだが、その楽屋落ちで笑わせる。それだけでなく映画ネタ、音楽ネタと笑いを散りばめ、そのおかげであるキーワードをいま検索したばかり。そして何よりデッドプールを追い詰めるケーブルを、サノスことジョシュ・ブローリンに演じさせる妙。そこだけで「X-MEN」と「アベンジャーズ」はクロスオーバーする。

アクションは前作以上。R15+とはいえ、基本コメディーなので残酷さよりも笑いが上回る。特に「Xフォース」が笑わせる。リクルートの過程といい、中でもバニッシャーの行く末は、映画ファンなら目を凝らして見て欲しい。ちなみに本作に出ているであろう、御大スタン・リーは何処に出ているか気がつかなかった。

物語的には喉元過ぎれば系。前作同様、心に残るものではないし、それも制作側すれば真意であるまい。ただケーブルとデッドプールのエピソードが重なる時、彼らいわくファミリー映画の色をみせる。そこがデッドプールの憎みきれない良さだと思う。

主演ライアン・レイノルズも脚本に参画し、面白さを散りばめる。某シリーズを思わせるアヴァンタイトルといい、ウルヴァリンへの嫉妬?、「X-MEN: アポカリプス」を彷彿とさせるエンドロールの出来事に思わずニヤけてしまった。あっぱれマーベル。多様な世界観を奥深く感じた。

180607

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/14

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を観る

今日は「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を観た。今年の米アカデミー賞でゲイリー・オールドマンが最優秀主演男優賞、辻一弘さんがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞している。ヤセ型のゲイリーが見事な変貌ぶり。僅かな違和感が作品への没入を妨げるものだが、微塵も感じずに観終える事ができた。それだけでなく本作は、今年これまで観た映画の中でNo.1だ。

1940年5月英国。ナチスドイツのヨーロッパ侵攻にフランス撤退を余儀なくされ、30万の軍人たちの命が晒された状況。そんな中チェンバレン退陣に伴い、首相に就いたチャーチル。海軍大臣とこれまでの経験を買われた就任だったが、与野党を入り混じった戦中内閣である事は否めず、その足並みは揃わなかった。ドイツの侵攻と矛先はイギリスに向こうとする中、チャーチルは決断を迫られる。

原題「Darkest Hour」。世界にとって"最も暗い時"である中、チャーチルのある決断に至るまでの物語。これまで力強い手腕というイメージのチャーチルだったが、そう単純では無く、戦況と内閣での駆け引きに巻き込まれ、講和か戦争かと苦渋の選択を迫られていた。

また世間とのギャップを巡るエピソードはのちの地下鉄での出来事に繋がる。そこに至る経緯は国王との関係性が後押しするところ等、見どころは多い。ダンケルクでの救出劇、ダイナモ作戦成功は名演説へ結ばれていく。まさに言葉を武器としたチャーチルの真骨頂。スクリーンの中、ここにいるのはゲイリーでなくチャーチル、その人だった。戦況だけの音響映画「ダンケルク」と違い、本作のドラマ性こそ映画本来のダイナミズムだと思う。

この作品は単なる偉人伝としてだけでなく、チャーチルとて第二次大戦末期退陣を余儀無くされ、完璧なリーダーではなかったと伝える。そしてリーダーとしての資質、求められるものをも問い掛けている。エンディングでのチャーチルの言葉、そして決して言葉だけではない姿勢、苦境と対峙する事の大切さは昨今のリーダー論への回答かもしれない。

余談だが本作の冒頭、ちょっとした調理シーンに鷲掴みされた。そういうところも好き。また夫人を演じたのが「モンタナの風に抱かれて」のクリスティン・スコット・トーマスだとエンドロールを見るまで気づかなかった。派手さはないが、関白亭主を支える姿に好感。

我が国、身近なところを顧みてそんな人、姿が見られないのが残念。本作を観ていて、そんな苦境と我が心がシンクロした。そして本作は小さな光に思えた。大推薦である。

180514

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/12

「孤狼の血」を観る

今夜は白石和彌監督最新作「孤狼の血」を観てきた。ロクヨンならぬロクサン、昭和63年広島を舞台にヤクザ抗争と対峙する刑事の姿を描く。白石監督の「日本で一番悪い奴ら」がお気に入りで今回も早々に観賞。主演に役所広司を迎え、まさに最初から最後まで役所劇場であった。

昭和63年広島県呉原。加古村組と尾谷組の間で抗争状態にあった。呉原東署の大上は抗争の狭間、両者に接触しつつある失踪者の情報を掴んだ。捜査する大上の法外な言動に対し、強い抵抗を感じる日岡。だが大上と組む日岡には隠された目的があった。それこそ大上の内偵を進める事。日岡は大上に近づき、捜査を進めるのだった。

実録路線の東映ヤクザ映画の系譜を踏みつつ、白石監督らしい群像劇。30年前にトリップし暑苦しく汗臭い、そしてクソまみれとフィルムを通して伝わる。どのキャラも生き生きしていて、伏線も巧みに絡ませ端役まで目が離せない。

主演の役所広司はダイワマン、陸王と善人ぶりが目立つが、本作ではあくまでヒール。エログロと濃いキャラを楽しんで演じているように見える。相棒となる松坂桃李は対照的に昭和カラーの中でただ一人平成っ子っぽいが、何ともいい顔でエンディングを迎える。そして「孤狼の血」というタイトルの意味も見えてくる。特に日岡が自ら書いた内偵資料を直視させられるシーンがいい。

老練の域であるラスボス石橋蓮司の存在感、大上が名前を絶叫するたびに「これ確信犯だろ」と思う一之瀬を演じる江口洋介の役回り。これまた珍しい竹之内豊の悪役。陸王と違った真珠野郎こと「TEAM NACS」音尾琢真の存在感(本作のMVP)。また白石監督作常連のピエール瀧、中村獅童らも強烈で短いシーンながら見逃せない。

東映らしい熱ーい男たちの邦画をお求めの貴兄には堪えられない作品。ぜひ劇場でその熱さを感じて欲しい。

180512

<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/04

「I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー」を観る

WOWOWで録ってあった「I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー」を観た。今日は何と「スター・ウォーズの日」。これはホント、無意識に朝から観始めてた。

映画界屈指の悪役ダース・ベイダー。製作当時、キャスティングで白羽の矢が立ったのが、2メートルの長身である俳優デヴィッド・プラウズだった。彼はスクリーンでその存在感を存分に発揮、映画は大ヒットする。だが反面、様々な障害に会い「ジェダイの帰還」のクライマックス撮影を迎えた。そして上映された作品で彼は始めて"ある事実"を知る事になる。本作は彼の半生を追ったドキュメンタリー。

ダース・ベイダーは声をジェームズ・アール・ジョーンズ、スーツアクターとしてデヴィッドが演じたというのがこれまでのファンの認識。だが本作を観てその考えを改めたい。彼の経歴、あらためて「スター・ウォーズ」の各シーン、特に「帝国の逆襲」でルークに手を差し出す姿は、彼無くしては成り立たないと思わせる。

長身と重量挙げで得た体格を活かし、ハマー・フィルムのホラー作品でキャリアが始まったデヴィッド。彼の努力、「帝国の逆襲」まで彼なりに現場を楽しんでいた事も伝わる。そして「ジェダイの帰還」。監督との確執、そしてクライマックスでの交代、あるリーク記事の出元として犯人扱いされ、同作公開後にルーカスと袂を分かつ事に。

「ジェダイの帰還」公開から30年以上。2010年にはルーカスフィルムから公式イベントへの出入り禁止となる。だがその背景に本作はメスを入れる。リーク記事の新聞記者を取材、潔白が証明されるが、当時のプロデューサーは「そういう可能性もある」とひと言だけと呆気ない。

デヴィッドは自身の知名度を活かし、交通安全活動などに貢献。小規模のイベントに現れ、ファンと交流する姿。欲のない人だと伝わる。もしそうでなければ、弁護士を立ててルーカスフィルムを訴えるだろう。

このドキュメンタリーの制作者はデヴィッドに「あなたでクライマックスの撮り直しをしないか」と持ちかける。彼は受諾するも、ルーカスフィルムはデヴィッドとダース・ベイダーを同じ場面に撮る事を許さなかった。そこで彼らはあくまで個人上映会としてあのシーンを撮影する事になる。そして80歳を超えたデヴィッドが見たものは。ルーカスフィルムが許諾しない以上、その表情から判断するしかない。

プロデューサーの言う通りに撮影当時、デヴィッドがアナキンとして顔を現すのに年齢不相応ではと思う点は否めない。ただルーカス側がダース・ベイダーを他のキャラクター以上に占有、固執している事が判る。だがサーガ3部作を通しベイダーを演じたデヴィッドの功績は忘れてはいけない。

ディズニー傘下となったルーカスフィルムはよりビジネスライク。関係が改善される余地はないだろう。でもこのドキュメンタリーの中身は一つの事実。その点で興味深い。

180504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/01

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を観る

今日は映画の日。仕事帰りに「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を観てきた。MCU最新作にして衝撃作。何とも言えぬ感慨と共に帰途につく。

集めると生命の半分を滅ぼす6つのインフィニティ・ストーン。宇宙最強のサノスは残り2つのストーンを探すため、地球に使者をさし向けた。まもなくニューヨークに巨大宇宙船が飛来。トニー・スタークとドクター・ストレンジらは彼らに立ち向かうのだった。

「シビル・ウォー」で分裂したアベンジャーズがサノスを倒すため再び共闘する。そして「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が参戦。サノスとの関係性を含め、世界観の一翼を担う。本作「インフィニティ・ウォー」の前に観ておいて正解だった。

全体的に肉弾戦の「ウインターソルジャー」や「シビル・ウォー」と違い、宇宙生物との戦いなのでどうしてもCG絵巻になってしまうが、コッテリ系のDCに比べればあっさりしている。MCUなりに一貫した世界観の下、スーパーヒーローたちが宇宙と地上で火花を散らす。実はこの”一貫した”点が大事で、ごった煮カオスの「レディ・プレイヤー1」に欠けたものだった。だからアベンジャーズらしい最後まで魅せどころのオンパレード。

見どころはスーパーヴィランであるサノス。単なる悪役に非ず。主役は彼だ。全編を通して話の中心にあり、犠牲を払ってまで野望を果たそうとする彼の目的、達成した時の表情。話の流れの作り方といい、最後は監督であるロッソ兄弟のストーリーテリングぶりに圧倒された。終らせ方でいえば、あのSFシリーズのあの話の衝撃に匹敵する。たぶん映画ファンなら同じ思いだろう。

ちなみに「ブラックパンサー」を"ワカンダの超科学技術はトニー・スタークを不要にさせる程”と評したが、そうでないと今回、サノス軍とのがっぷり四つの戦いにならなかった。という事で許す!

傑作「シビル・ウォー」に勝るとも劣らない本作。MCUのファンなら必見、観て損はなし。次作への伏線は本作でもあった気がするが、この風呂敷、どのように畳むか?ロッソ兄弟。とにかく早く次作が観たい。

180501


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/20

「レディ・プレイヤー1」を観る

今夜はスティーヴン・スピルバーグ監督最新作「レディ・プレイヤー1」を観てきた。原作者アーネスト・クラインが共同脚本を手掛け、ポップカルチャーとVRワールドを最新VFXで描く。

2045年、オアシスと呼ばれる巨大VRワールドが席巻。オアシスの開発者ハリデーは3つの試煉を勝ち抜いた者に自らの遺産を授けるとしていた。だが未だ一つ目の鍵を手に入れた者はいない。そんな中、一人狼のウェイドはアルテミスというアバターと出会う。そしてウェイドは第一の鍵攻略のキッカケを掴むのだった。

世界観に関する期待に対し、実際に観た感想は微妙。意図的に現実世界との差を出そうとしているのか。登場するアバターの質感はまるで映画版「ファイナルファンタジー」。特撮にアニメのオールスター、どんなにカオスな世界観が繰り出されても、没入できない自分がいる。

その理由。PPGにしろ、FPSにしろ、この手のゲームってものに興味がないからだ。PS2時代、そんな自分を克服しようとドラクエやFFを買った事があるが、序盤でサジを投げている。元々謎解きが苦手。テレビゲームならシンプルなルーティンを繰り返す、ファミスタやダビスタの方がいい。

閑話休題。他に何がダメだったかといえば、VRでのカオスな部分が噛み合わないところ。元の世界観の違う同士のコラボの難しさ。例えばクライマックスでの総力戦。物量と描写で圧倒しようにも、カオスによる化学反応が起きてくれない。だから醒めてしまう。敵ボスが無双する中、日本人として大きな見せ場は訪れるのだが、期待は予告編を超えなかった。

音楽も80’sポップスを扱うが、効果は小さい。アラン・シルベストリのスコアもBTTFのアレンジは聴きどころだが、そこだけ。映像のカオスが噛み合わない理由に、コラボするスコアのアレンジに問題がある(そんなシーンも少なかったし)。こういう時は中途半端にアレンジで無くオリジナルスコアを使うべき。個人的には金田のバイクを出すなら、そのシーンだけでも芸能山城組で観たかった。

ちなみに描かれるポップカルチャーは年齢的にジャスト。セリフに出てくる、コアな映画ファンしか知らないであろう、バカルー・バンザイやビル&テッドも観ている。だがジャストミートしない。小説なら読み手の想像力で補えるが、この映画では主人公(アバター)の醸す熱さの無さと相まって心に伝わらず。

冒険というスピルバーグ亭の暖簾も今では通用しない。映画の小ネタもあり、飽きはしなかったが、最後まで興味を取り戻す事はなかった。原作はよりオタク度の高いカオスと聞く。それにどうせシルベストリの音楽なら監督がゼメキスだったらという思うが如何なものか...面白ければ次はIMAXと期待していたが、その必要はなくなった。

180421

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧