2017/04/23

「ヨコハマタイヤ ブルーアース」に履き替える

寒冷期を過ぎ、スタッドレスの必要性が無くなったため、ノーマルタイヤへ履き戻す。しかしながら5年を経過し、エッジにヒビが入った今は交換時期とみた。

赴いたのはイエローハット。お高くとまる某バックスより、サービス良と感じている(あくまで個人的見解です)。微妙な空き具合もいい。低燃費タイヤに関し、転がり性能、ウェットグリップ性能に加えて静粛性が挙げられていた。説明は受けたものの、正直判断がつかない。車なら試乗、スピーカーなら聴き比べができるが、タイヤの履き比べは聞いた事がない。タイヤメーカーのタイヤ試乗でも新旧の比較までだろう。

「長いものに巻かれろ!」ならブリジストンだろうが、最終的にはヨコハマタイヤのBluEarthを選んだ。理由は単純。学生時代の友達がヨコハマタイヤに勤めているから。スタッドレスは時期悪く、品揃えでヨコハマを選べなかったためにその償いもある。待つ事50分程。4本のタイヤ交換、窒素充填、ATF交換等を加え、値引き込みで6万5千円位。

乗り出しの印象はゴツゴツ感が少し。ノイズも大きいかなと。しかし何度か通勤で往復すると気にならなくなった。車がフィットなだけにタイヤが馴染んだのか、はたまた運転上の慣れなのか。特に今違和感はない。あとは長期的に、経済的(燃費性能・寿命)にどうかという事だけ。

とにかく今回の異動以後、お金が掛かって仕方ない。通勤補助は一般的な距離相応のガソリン代支給だけ。温暖地から雪の降る恐れのある山間部への異動に関し、スタッドレス購入とか会社からの補助はない。しかも往復70キロオーバー/Day。毎週1回ガソリンを満タンに入れる生活。エコカーだから辛うじてペイするが、趣味カーじゃ赤字だろうなぁ。

それに電車通勤は無理な所だし、通勤も渋滞対策のために毎朝4時半起きだよ。その上片道1時間車に乗るのは苦痛。まぁ生活のため、家族のために頑張るけどね。最後は愚痴になってしまったよ。

17042301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/09

「グランド・ツアー シーズン1 #1 決定!最速のハイブリッドハイパーカー」を観る

「トップ・ギア」ファン待望のトリオ復活作「グランド・ツアー」のエピソード1を観た。「トップ・ギア」を本格的に観始めたのはここ数年。ナショジオチャンネルで古いエピソードが放送されているが、彼らの番組は今の楽しみの一つ。だが、あの事件。「トップ・ギア」をクビにされたジェレミー・クラークソンがAmazonと組んだのが本作品だ。

エピソード1の冒頭、クビネタで笑いを誘う。ただ番組フォーマット自体、「トップ・ギア」と大きく変わることはない。車の試乗、アトラクション、コースによるタイムアタック、セレブいじり、雑談など等。ただ「トップ・ギア」時代、ジェレミーは製作費(「使い過ぎた」等)の事を番組中でコメントしていたが、今回はAmazon製作ゆえにほぼ天井知らずと言っていい。

本エピソードはジェレミーがプリウスネタで笑わせた上でマクラーレンP1を、リチャードはポルシェ918スパイダー、ジェームズがラ・フェラーリと3大高級ハイブリッドスポーツカーを戦わせる。車の撮り方に定評がある彼らだが、その点は継承。特に気合が入っている感がある。しかもCGを使った高度な透視図を織り交ぜるのだ。ドラッグレース、元F1ドライバーによる国際コースでのタイムアタックと果たしてどの車が勝つのか?詳細は自分の目で確認されたし。

一方、コースによるタイムアタックといえば「トップ・ギア」ならスティグ。本作では”アメリカン”というドライバーが登場する。覆面に車中音楽と凄腕のスティグに対し、今回のアメリカンはキャラ設定にやや難あり。ただドライビングテクニックは言うことなし。新しいコースもやがて見慣れるだろう。

吹替版はボイスオーバーであるが、本人の声は聞き取りづらい。また彼らの肉声が脳裏に刷り込まれているため、吹替版ではどうしても違和感が残る。「トップ・ギア」ファンなら間違いなく字幕版での視聴をオススメする。なおAmazonでは全てではないが「トップ・ギア」の旧作もラインナップされているため、それらを含めて楽しんでいきたい。

17040901

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/05

「N-BOXカスタム」とディーラー

17030501

フィットシャトルが車検という事で代車に「N-BOXカスタム」を借りた。グリルを強調したエクステリア、インテリアは洗練されたインパネ。ただ純正ナビ(代車ゆえ現行では無いだろうが)の画面は相変わらず貧弱。

1703050217030503

室内の広さはナカナカの物。背の高さを含め、目線の高さは前を走っていたノア/ボクシーと大差無い気がする。左方の死角は特殊ミラーで確保。それ故の運転のし易さ、アドバンテージを感じるが、あまり乗り心地は良くない。サスの跳ね返りが大きく、長距離には向かないからだ。高速ならまだしも下道の通勤ではダメ。特に片道30km以上の通勤には…。

1703050417030505

「カスタム」はターボを搭載。軽らしからぬ坂道を駆け上がる力強さも感じる。ここだけはホンダの強み。

背の高さから来る広さ、後席の余裕もあるが、あくまで荷室は後席の前後位置次第。後席の座り心地はソリオに比べイマイチかなぁと思う。足回り共々、近距離で街乗り仕様なのだろう。

総合評価:見立てはホンダらしいパッケージング。軽としてはパワフル、街乗りには丁度いいが、長距離では足回りの(コスト的な)調整不足を感じた。

そんなこんなで長距離の会社帰り、ディーラーで車検の清算を始めたところ、取りに行く当日昼の時点で念押し確認した金額と違う。しかも一万円以上の増額。安サラリーマン、現金支払いのため、仕事中も含め裸で金を持ち歩いていた上での増額は痛い。偶然手持ちがあったから足せたのだが、念押しした上でのディーラーのいい加減さに腹が立った。このディーラー、毎度何かしらをやらかす前科持ち。

しかも翌日、ドライブレコーダーの電源ケーブルが抜かれていたのに気がついた。車検のために外したのだろうが、元に戻すなり、または「外してあります」と言う事はできたはず。もし事故が起きていたら、何のためのドライブレコーダーなのだろう。ディーラーの安全意識の差、これまでの点検や今回の車検自体に不安が募ってきた。

そんな話を会社に来ているある業者さんと話していたら、激しく同意された。その方はホンダ車の一連のリコール対応(あのエアバッグ絡み)でディーラーへ相談したが、ディーラー外で購入したという事で後回し(表立って言われた訳ではないが)。「週末土日は無理」と蔑ろにされたという。やむ得ずに平日に休みを取り、対応したとの事。しかも対象エアバッグが増える都度対応だよ。一度に済ませよっていうのが全ユーザーの本音。

他責だろうが、リコールってメーカー責任でしょ。本社、工場、店舗だろうが、その責任は同一なはず。魅力的な車作りに疑問の付く最近のホンダだが、ディーラーに対する不満も尽きない。フィット購入検討時も別店舗で高飛車な営業氏に閉口。結局ディーラーって他メーカーでも同じなのだろうか。もしそうならディーラーなんて要らないよ。それと次はホンダ車を買わないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/06

「スズキイグニス」に乗る

16110501

 妻のソリオが定期点検だったため、スズキのディーラーを訪れた。点検ついでに試乗というのが恒例。今回乗ったのがうちのソリオと同じマイルドハイブリッド搭載(エンジン周りも同じ)のイグニス。試乗車は4WDが用意された。前回のアルトワークスのような事前予約は不要。ちなみに盟友N氏は既に試乗済みでイグニスを絶賛していた。

16110502

16110503

 まずイグニスの第一印象はその外観からレトロ感ととるか、バタ臭さととるかで違う。個人的には、かつてのスズキフロンテ、そのオマージュとみているがどうだろうか。リアビューはその面影が残る。ただスズキの車で格好良さを感じる事はあまりないが、それも個性という事。

16110504

16110505

 ちなみに試乗車のカラーリングは一言ダサい。金の下地に赤のラインはまるでモビルスーツ(もちろんオプションです)。どうせフロンテをイメージするなら、一色で渋く決めたいところ。内装も色のアクセントを入れているが、ドアは白地が主のパネルで商用車っぽい。汚れが目立つ感じはペケだが、あえて狙っているのだろうか。

16110506

 操作性は現行ソリオと同じ。ハイブリッド車向けの情報画面もほぼ同じ。ただ設定のせいなのか、アイドリングストップに入ると、稼働時間画面に切り替わり積算表示となる。個人的には燃費画面の方が有用だと思う。スピードメーターは黒の下地に白文字で見易い。ただ時速の切り方で0キロを真下に配置したのはペケ。市街地での利用域を考えれば、0キロの位置は真下より少し角度をつけて左下にすべき。

 ハンドルは細くやや軽め。ただそれも慣れだろう。乗ってのボディサイズ感はソリオよりもひと回り小さめで腰高。目線も高い。シートのホールド感と相まって一体感を演出する。アクセルの出だしはややナーバスな気がしたが、まもなくそれも気にならなくなった。

 約30分、14キロ弱の小ドライブへ。間近には日本屈指のワインディングロードがあるが、その入り口付近まで往復する。市街地から登り道に入ると4WDらしく力強い走りを感じる。繰り返されるカーブでも安定。これは楽しい。小さいボディサイズで剛性もありそう。戻り時間を考えて途上で折り返してしまったが、それも惜しいほど。下りもいい。市街地でもキビキビ走るし、見た目に反して中身は一流。これも一つの個性。ちなみにディーラーに戻る際、その味わいに痺れたせいか店を追い越してしまった。赤信号を利してUターンで戻る。

 ちなみに燃費計の数字は16キロ。ソリオを満タン法で見た時にあまり差がなかったので、スズキの燃費計は案外当たっているのではと思う。所持するフィットシャトルハイブリッドとどっこいの燃費ならこのイグニスも十分にアリだ。というより、4WD、ハイブリッドで楽しいという点からイグニスはアリ。狙うならデュアルカメラブレーキサポートの付くセーフティパッケージでしょ。フィットはいくらで買い取ってもらえるだろうかと夢想。

 渋過ぎるルックスゆえリセールバリューは期待できないが、乗り潰す気ならアリ。いや勿体無い。でもいいよイグニスは。持ち帰ったパンフレットが眩しい。

16110507


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/02

「アルト ワークス」に試乗する

160702_01

 妻のソリオがエアバッグ用のプログラムが書き換え必要との事で、スズキのお店を訪れた。もう一つの目的はアルトワークスに乗る事。前回の定期点検の際、ペンタックスのカメライベントと重なってキャンセル。今回念願の試乗となった。なお試乗には予約が必要。1台を地域周辺のお店で回しているかららしい。スズキの試乗車はステッカーが大きくデカデカと貼ってあって、乗っている身としてはちょっと恥ずかしい。

 試乗時間は20分。まずクラッチを踏んだ状態でエンジンが掛かる事を知らされる。「やっぱエンストするよなぁ」と思わず納得。マニュアル車の運転は20年以上ぶりだ。ナビは未実装で内装も無粋。クラッチの距離が遠く、シートを前後させる。ちなみにシートはレカロ、座るとホールドは少なめの感じ。サイドブレーキを下げ、いよいよアルトワークスを路上に発進させた。

 シフトのストロークは長からず、短からず。個人的にはクイックな感じの方がいいと思うが、それより気になったのはクラッチワーク。深めから恐る恐る戻していく。この感じは久しぶり。初代愛車のシティターボ2以来の緊張感に襲われる。そもそも短い試乗時間ではクセを把握し難い。そうこうしているうちに再発進の際、エンストしてしまった。

 アクセルとクラッチ、マニュアルシフトの連携は楽しい。アクセルを吹かし、回転数を上げ、耳で聞き取りながら、シフトを上げていく。広めの国道で5速まで上げたが、道路事情で車の真価は判らずにタイムアップ。一日借りないと無理だよなぁ。ただ昔は当たり前なマニュアル運転だったのに加齢で心身共に退化したのか、たった20分の試乗も終えるとどっと疲れが出た。

 マニュアル車は全神経を使うスポーツであり、非日常の楽しみといえる。試乗後、ソリオに戻った時の安堵感はその表れ。こっちの方が「楽だ」と正直な感想。実は次に買う自分の車はスポーツカーと決めていた。この世界に飛び込むか、ただ車種はそれなりのもので選んでみたい。その布石としてアルトワークスは面白い車だった。

160702_02

160702_03

160702_04

160702_05

160702_06


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/19

「スズキソリオバンディット」へ乗り換える

160319_004

 昨年11月、妻が初代ダイハツタントからソリオバンディットへ乗り換えた。理由はタントへの不満(パワー不足)と売り時(=下取価格)が一致したためだ。軽は人気車種、色であれば高額で引き取ってくれる。一応、中古車売買店にも持ち込んだが、ほぼ価格差が無く、乗り換え待ちの間乗れない等、メリットを見いだせなかった。それでもオペルアストラを売った価格の倍である(泣)。オーダーから約一か月で入手した。

 元々ワゴンRから派生したモデルゆえ、オリジナルのソリオはそっくり。妻は前世代の頃から気にしていたそうだが、如何せんルックスでペケと進言していた。特に腰高なデザインがいただけなかった。だが新型ソリオでそれが改善され、かつリファインされている。なお妻がバンディットを選んだ理由は、ルックスより紫色を選びたかったからだそうだ。

 エンジンは1242ccにモーターの組み合わせのマイルドハイブリッド。軽のエネチャージと同じ走り出し30秒のみモーターが補助する作り。街乗りでは静粛性の高さを感じ、高速ではパワフル。あまりの加速の良さに遠出の帰り、下道で違反きっぷをもらってしまった程だ。街乗りの運転でルックス通りに重心が改善された事もわかる。

 インパネは他のハイブリッド車と同じくアクセルワークに応じたイルミネーション。動力源とアシストは別表示される。ただアシストは限定的なので燃費計込みで、あくまで別表示機能としてあるだけ。また速度計の文字盤が白いのはカッコ良さに反し視認性でイマイチ。

 特筆すべきは先のエンジンとこのシートだろう。シートレイアウトと車内の広さで生まれる収納力。おかげで自分のフィットシャトルの出番は無くなった。そして何より着座感、座り心地、乗り心地がいい。運転席もいいが、後席が出色。休日の運転は妻に任せるが、いつでも後席で寝れるようにタオルケットを用意した程だ。

 ナビは純正指定ながらパイオニアの楽ナビLiteの最新版。フィットシャトルも楽ナビLiteだったが、殺風景な画面から改善されている。ただ動画再生は諦めたほうがいい。一応Lightningで動画可のインターフェイスとしたが、最新のiOS対応へ追い付かずにいまだ動画表示できない。

 低燃費とパワーを両立し、広い室内空間、見た目同様に心地よいシートを持つソリオ。しばらく我が家のために活躍してくれるだろう。最後に、追加オプションしたレーダーブレーキサポートの出番が無い運転が続く事を祈る。

160319_005

160319_006

160319_007

160319_010


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/20

「FIFTH GEAR」を観る

141020

 ディスカバリーチャンネルは勝手に「自然物」ばかりと勘違いしていたが、ドキュメンタリーが多く「クルマ物」の番組も多く占める。シリーズはいくつかあるが、息子とよく観るのは「名車再生!クラシックカー・ディーラーズ」と今回取り上げる「FIFTH GEAR」だ。

 「FIFTH GEAR」はタイトルの通り、あの「TOP GEAR」と異父兄弟にある。2001年に英BBC「TOP GEAR」が終了と共にスタッフ、キャストを引き抜きチャンネル5から「FIFTH GEAR」が生まれた。ただ「TOP GEAR」も間も無く放送を再開して現在に至る...という経緯らしい。「FIFTH 」のウィキペディアも情報が乏しくそれ以上詳しい事は分からないが、放送でやっている事に両者大きな違いはない。

 ただ「FIFTH GEAR」に違いがあるとすれば、(「TOP GEAR」に比べ少し)真面目なテストがあるところだろう。例を挙げれば、ガソリン(石油会社)の違いがどのように燃費や馬力に影響が出るかを試したエピソードがあった。それだけでなくタイヤ、横滑り防止装置、衝突防止装置等、違いの判る比較テストが登場している。横滑り防止装置の高速域での効果はシロウトが試したくてもなかなか試せるものではない。

 この番組には世界中のクルマが登場する。身近なところではスイフトスポーツや日産ジューク、同じアジアからは韓国の起亜、もちろんヨーロッパの有名どころの高級車、スーパーカーから小型車まで隈なく出てくる。それを見てるだけで息子は楽しいようだ。そして未就学の子供にとって見易いのは二ヶ国語放送である点が大きい。

 出演メンバーは「TOP」移籍のティフと紅一点のヴィッキーに加え、ジェイソン、ジョニーの4人組で構成される。人気コーナーにチームテストがあるが、1台を巡る評価でのガヤ感がいい。そこで重要なのが二ヶ国語での吹き替えで、やり取りやジョークを放つ雰囲気等、気楽に見られる。吹き替えの場合にエンジン音はスポイルされるが、そんな時は副音声で楽しめばいい。なお現在の放送は本国でいうシリーズ21に相当するみたい。クルマ好きの英国人らしい実にユーモアとウィットに富む楽しい番組だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/28

新型ダイハツコペンに乗る

14092801

 今日は奥さんのタントが点検日。そこでディーラーに頼み、気になっていた新型ダイハツコペンを試乗させてもらった。車でディーラーへ向かうと、渋く輝くオレンジ色(トニコオレンジメタリック)、オープン状態のコペンが準備されていた。んんーっカッコいい。最高の晴天の下、さっそく乗せてもらう。

キーレスエントリー、スタートボタンを押してみる。エンジンは掛からない。
「ブレーキを踏んで下さい」
そしてボタンを押して間もなくエンジンが始動。

「10分か15分程度で戻ってきて下さい」
登り道まで持ってきたかったが、それは無理そう。とりあえずディーラー前のバイパスを往復してみる事にした。

14092802

 まず乗って気になったのはAピラー、フロントガラス横側のフレームが太めな事。ボディが小さい上にオープン時の剛性を確保するためだと思うが、視界は遮られる。ただオープン状態なので慣れれば運転に支障は無い。

 乗ったコペンのミッションはオートマ。アクティブシフト機能付のため、任意のギアに入れる事もできる。そしてアクセルを吹かすとエンジンからいい音が聴こえてきた。普段はエコ運転だが、今回は意識してエンジンを回してみる。アクセルワークに反応してコペンはキビキビと走ってくれた。シートも体の納まりがよく、目線が低くスピード感は申し分ない。そして車線変更、ハンドルを切った時に感じる剛性感はさすがスポーツカー。オープン状態の開放感、エンジン音と相まって車との一体感が楽しめる。本当に楽しい。

14092804
14092807

 往復の帰り道は意識的にアクティブシフトを使う。最高6速、自分の意思でシフトアップ、ダウンを楽しむ。ディスプレイに頼らず、エンジン音と感覚で段数を把握してみる。ただそんな使い方ではマニュアルシフトに比べ、スムースさに欠け直感的と言えない。やはり個人的には昔気質、マニュアルのほうが向いているのかもしれない。そんな感想を持ちつつ、車と共にディーラーへ帰ってきた。

14092805
14092806

 着くとディーラーの女性に頼み、クローズ状態にしてもらう。幌でないため耐久性に富み、ワンタッチで終了。動きは30秒に満たない。なおディーラー内にマニュアル車、クローズ状態のコペンがあった。シートに座り新車情報風に頭上高を測ってみるとコブシ一個分とかなり低い。振り返ってみるとやっぱりコペンは趣味の車という印象が強い事に気付く。

 間もなくタントの点検が終わり、ディーラーの女性から「3台目にどうですか?」と言われたが、さすがにそれは身の丈に合う話ではない。個人的にコペンのヘッドライトは切れ目より丸目。ただ来春にオプション外装が用意されるとの事。あとは車の大きさ。もうひと回り大きければと思う。ただ今回のコペンの試乗はスポーツカーの楽しさを再発見させてくれた体験となった。やっぱ最後の車はスポーツカーにしたい...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/15

フィットシャトルハイブリッドをオレ色仕様にする(完結篇)

14061501_2

 ダービー観戦を挟み、実は"オレ色仕様"にする計画は着々と進んでいた。シリーズ2回目にして完結篇、色剥がし、下地作り、リペイント、仕上げである。

 色剥がしに6日間漬けていたボディを取り出す。塗装はひび割れ、浮いた状態となっていた。これを丁寧に剥がしていく。ここではもちろんゴム手袋必須。すると間もなく白いボディが現れた。これを水洗いしながら、歯ブラシを使いながらさらに残った塗装を剥がす。完全に塗装を剥いだところでボディは1週間程乾燥させた。

14061502_2

そして塗装プランは次の通り。
1.黒で下地作り。
2.ターコイズパールを吹く。
3.クリアで仕上げ。

 カーモデルのボディ塗装としてオーソドックス。カギは1と2になる。実車のホライズンターコイズパールを実現するため、Mr.クリスタルカラーが必須だった。このパール塗料は下地色に反映され、色調を変える。大雑把に言えば青緑のホライズンターコイズパールを前提とした場合、黒の下地としたターコイズパールが適しており極似していた。最初は色を作る事も考えたが、素人が手を出すよりも結果、最良の選択となった。

 エアブラシで黒を吹く。ラッカー系重ね塗りを踏まえ、同じMr.カラーを選択。さすがに乾燥は速い。1時間半の間、黒吹きと乾燥を繰り返す。全体に黒が行き届いたところでいったん休止。一週間後の翌週に持ち越した。作業上発生したキズはここで修正。1500番ペーパーで水研ぎ。再度、黒を吹いて下地は終了した。

14061503_2

 そしてボディ塗装のメインイベント、ターコイズパール吹きだ。この塗料はエアブラシ専用といっていい。グリルなどをマスキングした後、色を少しずつ重ね、仕上げていく。吹きと乾燥の合間、パール成分が溶剤の底に沈殿してしまうため、色吹きをする直前に"うがい"を必ず入れる。そして吹いてみると少しずつ青みを帯びてくる。色を重ねていくと緑が強く出てきたかなぁと感じたのでパール吹きは終了。重ね加減、やり過ぎに注意したいところだ。

14061504_2

14061505_2

14061506_2

 仕上げはMr.スーパークリアー(光沢)。何度か吹きと乾燥を繰り返し、途中1500番ペーパーで水研ぎを入れる。水研ぎの後、ボディを触ってみて平滑である事を確認していく。ただ研ぎ過ぎて色が剥げてしまっては水の泡。なるべくクリアーを厚く吹き、乾いたところでまた水研ぎ。やがてクリアーが馴染むとあの実車の色、ホライズンターコイズパールとなり、最後に仕上げの厚吹きを施して乾燥。外しておいたパーツを元に戻していく。そしてまるで実車のようなフィットシャトルが現れた。

14061507_2

 塗装剥がしで無くなったリアのロゴプレートは写真を縮小してシールで再現。実車のナンバーも同様に縮小して貼ってみた。息子曰く家の車と同じ、なかなかの感動ぶり。付属のディスプレイケースに戻すとこれまた見栄えがいい。今回はボディのみに手を入れたが、カーモデル作りもなかなか楽しいものだと思う。

14061508_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/18

フィットシャトルハイブリッドをオレ色仕様にする(1)

1405181

 ホンダのサイトではディーラーに置いてあるカラーサンプルのミニカーが売られている。実はフィット3が発表になる前に念のため、買っておいたのだ。我が車の色はホライゾンターコイズパール。だがガソリン車と併売のため、そちらにその色は用意されているが、フィットシャトルハイブリッドにない。フロントグリルやライトカバーはハイブリッド仕様なため、明らかにガソリン車と異なる。そこでハイブリッドにあるアラバスターシルバー・メタリックのミニカーを購入し、オレ色仕様にすべく計画した。

 まずボディをバラしてみる。裏のネジを外すとボディが取れる。そこからは慎重な手触りでパーツを外していく。外すというより剥がす感じ。プラモデルと違いパーツ請求ができない一発勝負。ボディ裏をみると各パーツは凸部を焼いて潰してあるため、そのバリを爪で剥がしつつ外していく。一時間近く掛け、ほぼ破損なく全パーツを外す事ができた。

1405182_2

1405183_2

 そして新しい色を塗るためには今の色を剥がすしかない。ただどんな塗料が塗られているか判らない。一般的にはラッカー系のうすめ液が挙がるらしいが、素材がプラっぽいため、劣化が懸念される。そこでググってみると「ガソリン車の水抜き剤」が最適との情報を得た。仮にABS材でも大丈夫らしい。表面の塗料を剥がすのには最高一週間近く掛かるという。ボディが入るタッパーを探すと内容2リットルのものが最適。試しにバラしたボディを漬けた場合、1.8リットル必要だった。

 市販の水抜き剤は180ミリリットルのため、10本購入した。ただDIY店で同ブランドは10本揃えるのは難しい。数件探したが無理だった。その上、水抜き剤はイソプロピルアルコール99%以上と注文が付く。買ったのはイエローハットのノンブランド品、しかもアルコールの%表示無し。同じ棚の呉の水抜き剤も表示無しだし、他メーカーは本数が足らなかった。ギャンブラー的判断にダメ元で使ってみることにした。それでも総額15百円オーバーとなる。果たして週末、ボディ色剥がしは吉と出るだろうか?

1405184

| | コメント (0) | トラックバック (0)