2022/08/17

「プレデター:ザ・プレイ」を観る

ディズニープラスで「プレデター:ザ・プレイ」を観た。「プレデター」シリーズ最新作で配信のみのリリース(原題にはプレデターとは書かれて無い)。舞台を18世紀初頭のアメリカを舞台にコマンチ族の少女ナルとプレデターの戦いを描く。

映画「プレデター」シリーズは所詮ハンデキャップマッチ。ただでさえ高い身体能力に光学迷彩、オーバーテクノロジーを有した武器で勝てるはずはない。これまで現代に未来、謎の惑星等と時間と場所を変えながら、狩人プレデターと人間は戦ってきた。

今回はネイティブアメリカンのナルが主人公。冒頭、石を研ぐ姿からすれば圧倒的劣勢。だが斧を自由に操り、知的に獲物を追う彼女が活路を開き、兄と共にプレデターを仕留めていく。そこに至る多くの犠牲はかなり刺激の強いスプラッター描写。R15+はやむ無し。

銃器等飛び道具が使えない分、アクションは中々魅せる。とにかく隠れ、走って逃げるしかないのだ。生き物を扱った食物連鎖を意識させるシーンが挿入され、人間にはプレデターとその意を強くさせる。巨大な熊、素早いライオンであろうとプレデターの前に敵ではない。

1時間40分の作品ではあるが、もう少しコンパクトでも良かったかも。入植者たちとのエピソードは外せないだろうが、やや長い。ただ本作が新たなプレデターの魅力を拓いた点を評価。これならあのSF時代劇「座頭市vsプレデター」も夢じゃないのでは。

220817_01


| | コメント (0)

2022/08/16

MARVEL「Ms.マーベル」を観る

ディズニープラスでマーベルの最新配信シリーズ「Ms.マーベル」(全6話)を日本語吹替で観終わった。MCUの一つであり、最終話にはあのヒーローが登場。エジプト神話の「ムーンナイト」に続き、今回はパキスタンを舞台とした物語が展開される。女子高生カマラが曾祖母から受け継いだバックルから力を得てヒーローとして目覚めていく。

パキスタン系アメリカ人の主人公にエキゾチックさとポップさが身上のストーリーテリング。物語前半にシリアスさは無く、スーパーパワーに翻弄される同じ高校生ピーター・パーカー=スパイダーマンに近い。学校が舞台だし、友達とワイワイ。どちらかといえば如何にもEテレの夕方に放送しそうなドラマっぽく、日本語吹替がよく似合う。

だが中盤バックルの秘密からパキスタンに物語が移ると、1947年のインド独立における混乱、曾祖母アイシャに辿り着く事になる。このようなシリアスのコントラストがMCUらしい。カマラの成長と共に母や祖母との関係性、家族の繋がりを意識させ、この作品のいいところだと思う。

ヴィラン的な扱いはバックルを狙う集団なのだが、ヴィランというには悲しい。故郷に帰りたい一途な思い、ただそれだけ。一方でカマラたちを追い詰めるダメージ・コントロール局こそがヴィランだが、女性捜査官は何故執拗に追い詰めるのか、背景を説明する事が無くイマイチ。ただその過剰ぶりが市民の反感に火をつける。

皆「マーベル、マーベル」と言うがその言葉に意味があったのかと納得。最近アベンジャーズの続編がアナウンスされ、当然彼らフェーズ4のキャラクターが登場する事になる。ここまで風呂敷を広げたケヴィン・ファイギが今後どう料理するのか。まだまだテレビに映画とMCUは終わらない。(個人的には映画だけで語り尽くして欲しいけど)

220816_01


| | コメント (0)

2022/08/15

「オビ=ワン・ケノービ」を観る

ディズニープラスで「オビ=ワン・ケノービ」(全6話)を観た。「スターウォーズ」エピソード3と4の間を埋めるスピンオフドラマ。スピンオフとはいえ、正史の重要人物オビ=ワンが主人公。何かしらのエピソードが期待されたが、終わってみると観なくても良かったかなぁが正直な感想。

そもそもエピソード3以後のルークとレイアはそれぞれ秘密裏に保護されていく流れ。それがこの作品のために二人を交えたストーリー展開となり、危機が迫りオビ=ワンが助けるというもの。本作のレイアたちは10才。ご都合主義、子供じみた展開は明らかにディズニーの罪。シリアスだったエピソード3までとは水と油。

そしてもう一つの軸がオビ=ワン対ベイダー。初めて目の当たりにする弟子アナキンに圧倒されるオビ=ワン。最終話、かつての力を呼び起こすオビ=ワンの前でベイダーは...正直、これは観たくなかった。このままエピソード4で対峙する両者の展開をみれば、あえて本作でダメ押しは必要無かったように思う。

全体的に物語が薄く、ルーカス謹製のものと肌触りが違う。これもショーランナーの違いか。せっかくのサードシスターの立ち位置も使い方も中途半端。もう1シーズン作るつもりなのだろうか。確かにユアン・マクレガーがアレック・ギネスの年になるまで10年以上残されているが、そもそもユアンがオレより年下だったとは驚いた。

エターナルズ」のキンゴことクメイル・ナンジアニが出演。ディズニーらしくエピソード7以降同様、ポリコレ対策が垣間見える。遠い遠い昔のお話、「スターウォーズ」なんだからそこまでしなくてもと思うけれど。アジア系の尋問官フィフス・ブラザーの顔を見るとつい「宇宙からのメッセージ」を観たくなった。

220815_01

| | コメント (0)

2022/08/14

もはやラジオ中毒

オールナイトニッポンMUSIC10で始まったラジオ沼。radikoプレミアムで全国ラジオ局を網羅。AMのニッポン放送、TBSラジオで芸人ラジオ、FMでは音楽番組が中心となる。AMとFMの違いはあれど、今やradikoなら同じ土俵で高音質。もう境界線はない。

月曜から木曜はMUSIC10が軸だが、年寄りは朝が早い(自虐)のでJUNKを聴いてから出勤。通勤で前夜のMUSIC10を聴き始める。当然、朝の通勤時間では聴き切れないから昼休みと帰り道を使って聴いていく。春先まではそれで良かった。

ちなみに去年まではMUSIC10とJUNKの聴く順番を逆にしていたが、深夜ラジオのJUNKは下ネタもあって昼間の雰囲気に合わなかった。

今はこれにビバリー昼ズとラジオショーが加わり、完全に芸人ラジオ中毒。高田先生のキレのいいトーク、ナイツラジオショーのオープニングは必聴で14時からのゲストコーナーのイジリも面白い。だが個人的にツボは金曜ラジオショーの中川家のお兄ちゃん。そのオープニングトークはよく喋ってとにかく可笑しい。

これだけで月金は一日7時間以上。テレビを見なくなるわけだ。しかも週末はサンドウィッチマンラジオショー、オードリーのオールナイトニッポンが加わる。さらにピーター・バラカンさんの3番組にスナックラジオ、桑田佳祐のやさしい夜遊び、安住紳一郎の日曜天国、山下達郎のサンデーソングブック、サンデーポスト...週末はウイークデイの比じゃない。もはやラジオ中毒。

実はそれで終わらない。トドメはラジオ日本。宮治淳一のラジオ名盤アワー、クリス松村の「いい音楽あります。」、そしてTHE BEATLES 10。宮治さんはオールデイズで達郎さんの番組繋がり、THE BEATLES 10は以前、深夜の馬鹿力のネタに上がっていた。「いい音楽あります。」は完全に好みの世界。クリスの選曲が素晴らしい。とにかくこの日曜3番組は強力。

ラジオはテレビほどしがらみが無いため、お互いの番組で繋がっている事が多い。配信エリアを越えればいいとの話も。「(ここに)ゲストで出ます」なんてのも割に寛容。そこがラジオの魅力。そんな感じでつい聴き始めるとその番組を止められなくなる。増えるばかりのラジオ番組、何かいい処方箋は無かろうか。そりゃノイキャンヘッドホンが必要なわけだ。

220814_01


| | コメント (0)

2022/08/13

Anker Soundcore Life Q30を買う:その4 ご臨終

Anker Soundcore Life Q30を買って約1年半。ヘッドバンドの亀裂が影響したか判らないが、急に左の音が出なくなった。ハードリセットを試みたもののソフト側のトラブルでは無く、完全に左チャンネルが壊れたようだ。

たぶんQ30は音楽を聴く用途だけに特化すればコストパフォーマンスは高い製品だと思う。しかし生活に密着して使う程、耐久性に乏しい事が判った。1万円台で安かろう悪かろう。さようならQ30。しかし生活にノイズキャンセリングヘッドホンが欠かせなくなった今、すぐに代替機が必要になった。

ちなみに現行Q35はヘッドバンド構造が変わらないようなので更新対象からすぐに外れた。AnkerはU2のようなカジュアルな使い方の製品ならいいのだが...とはいえ、BOSEとかの高級ノイズキャンセリングヘッドホンは身の丈に合わない。果たしてどうすればいいか。次回につづく...

220813_01

| | コメント (0)

2022/08/12

スイフト用純正サンシェードを買う

スイスポを買ってはや3年。遅ればせながら純正サンシェードを買った。きっかけはソリオのために手頃(=格安)なサンシェードを買った妻の言葉。

「強度が無くて弛みすぎの上使いづらい」「フロントガラスが埋まらない」
購入にあたり商品とのマッチングを検索、確認したというが、結果「失敗した」とひと言。

確かにスイスポに使っているサンシェードはフィットシャトルの御下がり。夏場にさしかかり、車内温度がバカにできなくなった。しかもそのサンシェードは倉庫の彼方へ。それならとやっぱ純正が一番と買った次第。Amazonで5,000円。カー用品店やホームセンターで売ってるものなら半額以下だろう。

この純正サンシェードの作りにカメラのレフ板を思い出した。軽くて強度がある。すなわちフロントガラスに這わせ、バイザーを降ろすだけでいい。安いサンシェードは強度無く、例えバイザーで押さえても弛んでしまう。弛みから日差しは漏れ、サンシェードの効果が落ちる。だがこの純正サンシェードならフロントガラス全体を覆うため心配ない。普段は二つ折り、オフシーズンは捻って四つ折りで収納すればいい。

やはり最大の強みはスイスポ、スイフトのフロントガラスの大きさに最適化されている事。世間で売っている廉価品はあくまで大きさが互換しているだけ。純正に敵うものはない。本格的な夏を迎え、帰宅時に車内に入って「メチャ暑!」って事は無くなった。ダッシュボードの熱対策にも効果大。若干自己満足の世界ではあるけれど買って大成功と言えよう。

220812_01

| | コメント (0)

2022/08/11

大城文章[チャンス大城]著「僕の心臓は右にある」(Kindle版)を読む

大城文章著「僕の心臓は右にある」(Kindle版)を読んだ。著者名は本名、実態は地下芸人チャンス大城。「水曜日のダウンタウン」のドッキリ企画等で異彩を放つ著者が、幼少期から夜間高校、NSC時代に上京して現在までの道程を事実とユーモアで綴った回顧録。短いエピソードを重ねながら読み易くあっという間に読了。

タイトルにあるように心臓の位置が醸す不気味さもあるが、その根底は生まれもってのクリスチャンである事、そして育った尼崎という環境と個性的な家族、友達等々の影響を受けた結果が今のチャンス大城を生んだ。しかも22才で予言された32年後のブレイクとその熟成期間をもっての事。その全てが愛おしく可笑しい。しかも時々恐ろしい。

同世代というのもあって地域的な違い以外は重ねる部分が多い。やはりイジメに関する部分は共感もあるし、一方で想像以上の出来事に驚愕する。のちに「すべらない話」で回顧する事になる"埋められた"事件なんてもう犯罪だよなぁ。「恐怖のヤッちゃん」を思い出したよ。そりゃオドオド生きたくなる気持もわかる。

そして芸人になるべくして出会う人たち、エピソードに掛けられた言葉のライブ感。その積み重ねに感謝する姿はまさにクリスチャン。神の存在と共に何処か神秘性のある世界観はチャンスさんならでは。中でも上京した後のバイトでのエピソードは神懸かっている。まさかあの人をナンパ、合コンするなんてね。

このまま映画になりそうなくらい各々のエピソードが尖って濃い。ちなみに地上波での映像化はコンプラ関係で絶対無理。こりゃネットフリックスは黙ってないだろうな。もちろん吉本も。上京後の登場人物は全て本人で演って欲しいくらい。そんなこの本は夏のひと読みにオススメ。

220811_02

 

| | コメント (0)

「星の子」を観る

今日はAmazonプライムビデオで映画「星の子」を観た。芦田愛菜主演、2020年公開の日本映画。あるきっかけで宗教に没入した夫婦、その娘ちひろの姿を描く。再燃している某宗教団体の件もあり、興味を持って観始めた。これがなかなか面白い。

まずこの映画は直接、それら宗教を糾弾するような作品ではない。主人公ちひろや両親も幸せそうだ。友達に何を言われてもめげないちひろ。しかしじわじわと不穏な空気が漂い始める。幼少期の恵まれた住まいは今や安アパートに。食事もままならなくなっていく。

ただ一つクサビのように刺さるのが、岡田将生演じる教師の南が直接ちひろを非難するシーン。好きな人と信じるものの間で揺らぐちひろ=芦田愛菜の感情表現が圧巻。これをきっかけにちひろは迷い始める。そして団体の研修に参加したちひろが両親の前で出す答えとは....まるで彼らを案じるポスターと同じ3ショットが印象的。流れ星を見る姿にこの映画のテーマが集約されている。

ちひろの物語はシリアスに一方の永瀬正敏、原田知世演じる両親は没入するからこそまるでコントのように滑稽に映る。「イカゲーム」の先を行く緑のジャージ。カッパと揶揄されるのも当然。二人の真面目な表情(=ほぼノーメイクになりきり具合)が凄い。大友康平演じる叔父との対峙に宗教(まがい)の闇を見る。

集団心理に身近にいるメンターチックな誘導者。そんな黒木華と高良健吾が不気味。ちひろが幼少期から接し、黒木演じる昇子が問うセリフは意味深。そして高良演じる海路が見た目共々怖い。生きる要、食を握る事こそ支配の始まりかもと。それにあの焼きそば、何喰わされてるか判らんし。

この映画を冷静に観れているうちなら大丈夫。他人事に思えず、家族を含めて思い当たるのなら何かのきっかけになればよい。取返しがつくうちなのなら....

220811_01

| | コメント (0)

2022/08/06

ジェイク・エーデルスタイン著「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記 Kindle版」を読む

「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記 Kindle版」を読んだ。タイトルにあるようにWOWOW、HBO共同製作ドラマ「TOKYO VICE」の原作。2010年に英語で出版されたが、本作は2016年出版の日本語版でKindleのみ。単なる日本語訳で無く、ニュアンスを伝えるべく著者の手で改めて日本語で書き下ろされたもの。読売新聞の記者時代を含めた回顧録である。

まず原作とドラマの違いは多い。こちらは実話であり、ドラマはエンターテイメント。とはいえドラマの主なキャラクターや背景等は原作に準じている事は判る。この原作は記者時代の背景を深掘り、さらに社会事件との関わり、そして暴力団、特に外国人を狙った人身売買に迫っていく。またジェイク以外、主たる人物は実名。反社に政治家、芸能界とその影響は大きい。

日本の新聞記者は警察回りからその人生を始めるというが、ジェイクも例に漏れず。情報源との信頼性を生む反面、持ちつ持たれつの関係性が忖度に繋がる怖さ。実はその成り立ちが事件番から政治番になった時、今の政治腐敗の温床になっている。社会も政治も根幹は一緒。そして表舞台と裏社会の隠れた関係性さえ見えてきてしまう。

ただジェイクの正義感と事件への執着はドラマ同様、文章に表れている。人生の師となる関口刑事や先輩記者たちとの出会いによってその姿が形成されていく。そしてあるルールの下、性的関係も含めて危険な取材も厭わない。そんな中でヘレナとの出会いが彼の正義感に火をつける。だが国や法律の狭間で報道の限界。さらに裏社会の資金源を巡る後藤組長の厚遇とCIAの司法取引が発覚する。

いくつものエピソードに驚いたり、頷いたり。映画ファンなら知るところの伊丹十三さん襲撃事件。映画「ミンボーの女」製作に端を発し、最悪の結末に反社の影。次作が宗教と反社の関係を描こうとしていた事が本著で明かされている。そんな状況が今世間を賑わせている某宗教団体と政治の癒着と重なってくる。

これは決して偶然では無い。権力者が頼るのは力(反社)と金(宗教)という事。金で票を買う論理は投票率の低さが成せる技。だからこそ投票率上げて対抗するしかない。

閑話休題。読み終えるとドラマはあくまで触り。小型ジェット機に乗った戸澤組長の行く先、原作ではその理由が明かされる。一方、今後ドラマで描かれるかは疑問だが、次シーズンは大期待。その顛末はシーズン3くらいまでやらないと描き切れないだろうなぁ。

220806_01

 

| | コメント (0)

2022/07/31

「ムーンフォール」を観る

Mr.デザスタームービーことローランド・エメリッヒ監督作品「ムーンフォール」をAmazonプライムビデオで観た。プライム会員なら追加料金は無し。全米で劇場公開も日本ではこの配信のみ。エメリッヒ監督らしくSF考証等どこ吹く風、ケレン味たっぷりな大スペクタクルは健在。劇場なら勢いもあってイケるが、テレビで観ると覚めて見てしまう。

2011年3人の宇宙飛行士は衛星修理のミッション中、突然の大事故に見舞われる。生き残った船長のブライアンは責任を問われ解雇された。その10年後、陰謀論者のハウスマンは月軌道の異変を察知、NASAに伝えるも門前払いされてしまう。NASAが気づいた時、世界に月の異変はSNSから拡散されていた。

月が軌道を外れ引力変動に伴う異変が地球を襲う。ここまでなら天文学に人知の及ばないSFとして受け入れられる。だがこの作品はそれに留まらない設定を用意した。その描写は既視感たっぷり。まんまウォシャウスキー姉妹やジェームズ・キャメロンの創作を想起。さらにゼメキスの「コンタクト」みたいなところもあって、正直ごった煮状態だ。

だからといって全く面白くならない。エメリッヒ作品、真面目に観るのはバカバカしい。どのように収束させていくか見届けたくなるが、それもエメリッヒ自身の作品の使いまわし。カミカゼ精神、そこそこの犠牲で地球と人命を救う。並行して地上でブライアンの子供がアクション部分を担うが、時間稼ぎでしかない。ハル・ベリーの変わらぬ貫禄と美しさだけが印象に残った。

追伸.
月が軌道を外れる話なら、同じ設定ながら70年代のSFテレビシリーズ「スペース1999」(ただしシーズン1に限る)を観たほうがいいし、遥かに面白い。

220731_01




| | コメント (0)

より以前の記事一覧