2014/04/22

二週間入院して退院する

140422

 4月某日、朝から続いた気持ち悪さは頂点を迎え、まもなく吐いた。用意されていた缶は黒く血まみれ。二日前から便が黒い事を会社の産業医に告げると、内臓出血の疑いとすぐさま緊急入院の運びとなった。

 吐いた事で楽になり、後輩の運転する社用車で病院に向かう。ストレッチャーに移されると、そのままCT、胃カメラと続いていく。胃カメラで十二指腸の一部の出血を確認すると、内視鏡と医療用バンドで止血。ドレンチューブを鼻から胃に向けて挿し込まれ、尿管にも排泄用チューブが。突然、人生初の胃カメラに嗚咽と絶叫が処置室にこだまする。以上、全て記憶と証言をまとめてみたが、それほど間違いはあるまい。

 入院翌日、ドレンチューブは外れるも、禁食生活を一週間過ごす。全て栄養は点滴からだけとなった。昼間、病室のテレビを点ければ、下世話なグルメレポートばかりで刺激は強く、慣れるまで酷な日が続いた。

 禁食一週間から二日毎に重湯、五分粥、全粥とステップアップ。重湯は袋入り0.5gの塩を自分で混ぜる。禁食明け、ひと口目に広がった塩分が忘れられない。退院まで食事制限は続くが、読書とテレビ、見舞いでの歓談以外で楽しみは食事に頼らざるえない。

 入院中読んだ本はP.K.ディックの「模造記憶」に始まり、万城目学の「鹿男あをによし」、池波正太郎の「鬼平犯科帳」「剣客商売」を数巻となった。大好きな「鹿男あをによし」はドラマとの違いを楽しみつつ、藤原君はドラマ通りに綾瀬はるか嬢をイメージして読まさせてもらった(原作の藤原君は男性で所帯持ちだ)。また原作を読むと、イメージ通りであったドラマのイトちゃん(多部未華子嬢)のハマりぶりに納得。ドラマでのセリフの忠実さ、ラストはドラマ以上に感動できた。

 収穫は「剣客商売」だった。頻繁に再放送される「鬼平犯科帳」と違い、主人公の小兵衛が藤田まことという配役以外、先入観はなかった。時代小説は初めてだったが、池波作品は登場人物の造詣、時代背景、生活感とディテールが素晴らしく、想像力と読書欲を掻き立てる。入院によって時代小説に開眼させられた。昼間流れる低俗なテレビ番組に対し、充実感は雲泥の差だった。

 見舞いの差入れは人それぞれ。20年ぶりに読んだ月刊誌「競馬最強の法則」、最若手の後輩が持ってきた「70-90年代図鑑」、ダブりぶりに苦笑したさいとうたかを版「剣客商売」。最もユニークだったのがHGUCガンダム。退院間近で小説を読むほうを優先したかったため、後日作りたい。また毎月買っていた手持ちの「デジタルカメラマガジン」を再読するも、如何に読み込みが甘かったか反省。早くカメラを手にしたい。

 そして毎日見舞ってくれた家族に感謝。とにかく感謝の一言では表せないくらい。退院を終え、外へ出た瞬間、意外と地に足が着かないのに驚いた。吐血して輸血の可能性もあったため(日々の血液検査から結果回避)、よく考えれば当たり前。鉄分を含む薬も処方された。外観上はすっかり元気だが、病院では感じなかった程に体力はゼロに近い。入院二週間から社会復帰までもう少し...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/25

倫理なき戦い[タバコ戦争]

 昨夜は関連会社、名目上は子会社との懇親会だった。ボクは飲む席での仕事の話は、あまり好きではない。まぁそういう話題は適当に流し、終わりまで我慢すればいい。しかし正直、カチンと来た出来事があった。こちらの態度は隠したが、終宴すると用意されたタクシーに目もくれず、さっさと一人で歩いて帰った。同席した後輩からのケータイ連絡も入っていたようだが、こちらは早々にケータイを切っていた。こういう場はさらにお酒で気分を消そうとするより、とっとと帰って気持ちを切り替えたほうが良いと判断したからだ。家に帰ってまもなく風呂で嫌なものを流し、さっさと寝た。

 その出来事とは喫煙場所に関する事。その話が飲み会の際に出てきた。ボクの事務所の席は、間近の喫煙場所から流れる副流煙やタバコの臭いで我慢できない状況。日々、何とかして欲しいと訴えてきた。昨年春、やっとビニールによる仕切りを作ってもらったが、まさに「暖簾(のれん)に腕押し」。丈の短い仕切りから、臭いはガンガン漏れてくる。なら、タバコを吸っている人がいる時は、一旦席を外すようにした。ウチの部署なら吸う人の数は限られるし、何より心身ともに自分の健康を守るためだ。こんな場で集中して仕事なんかできない。

 しかし昨年末に異変が訪れた。同じ事務所の他部署が席替え、レイアウトの一環でこちらの部署の喫煙場所に隣接する新たな喫煙場所が設けられた。こちらはさらにモラルハザード、無法地帯。大人数が入れ替わり立ち代わり、就業時間中はほぼ誰かがタバコを吸っている。申し訳程度の仕切りはあるが、効果なんかあるわけない。まして一服という名のおしゃべりが始まると、正直こちらは仕事をする事自体が馬鹿馬鹿しく思えてくる。彼らの気持は解るがと、その部署から我が部署に異動していた同僚は同情の言葉を添えていたが、そんな同僚も同じ穴のムジナ。喫煙者、一服という名の休憩をしている。

 喫煙の理由を仕事柄とか、大変だからと同情する気は毛頭無い。自分の健康、まして周りの人の迷惑を考えず、口だけは「スイマセン」といいつつ吸っている姿(それを言うならスイマセンでなく、スミマセンだろう)。本当に悪かったらこちらの間近で吸う事無いでしょう。そしてカチンと来たのは、こちらがタバコは嫌だと言っているのに、この飲み会の場である上司に、タバコの煙を顔面に吹きかけられた事だった。しかも二度も。事務所では冗談を交わす仲だが、その瞬間に興ざめした。実は一昨日、せめて自部署の仕切りをもっと下げて欲しいと訴え、やっとの事でできる限りに仕切りの丈を長く直してもらった(それでも依頼から三ヶ月も掛かっている...)。その変化をその上司は驚いたようだが、そこに今回のタバコの煙を吹きかけられた伏線があると勘ぐった。こうなったら目の前から、徹底して喫煙場所を撤廃、絶対タバコが吸えないようにしてやる。昨夜、サイは投げられた。

追伸.
 拝啓、日本たばこ産業殿、あなた方の訴えてきたキャンペーンの結果とはそんなものなんです。
『あなたが気づけばマナーが変わる。』
チャンチャラ可笑しいよ!マナーアップした?何を根拠に。

 また現在始まってる「ひろえば街が好きになる運動」ですか。たぶん非喫煙者も一緒に拾ってるんでしょ。あなた方の意図からすれば本末転倒な話。喫煙者はその間近で吹かしてるんでしょう。もっとJT自身がもっと動かなきゃダメじゃないの?とにかくボクはこれからもタバコ、喫煙者のモラルを糾弾していく。

060225
      モラルアップに能天気なノリが空しいね

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/13

碇シンジ症候群(シンドローム)

 年に何度か、猛烈な自己嫌悪に陥る事がある。特に仕事やプライベートの全てが最悪な時期に差し掛かると、目も当てられない位に何事にもドロップアウトしてしまう自分がいる。むしろ仕事が忙しい時、他の事を考える暇がない時くらいのほうが健全。むしろそういう時ほど面白いものが書けるし、毎日暮らすのに張り合いが出てくる。しかし今はその自己嫌悪期間に入ったようで、ブログのネタは浮かばないし、筆(キーボードを叩く指)も進まない。ネタになりそうな事があっても、書けない事自体が最悪だ。

 そうこう言っても仕方が無い。ここに書く事こそ自己嫌悪から脱出する最善の手段。そう思ってとにかく書いてみる。まずこの事態、自己分析すると、自分の中がマイナスイメージで埋め尽くされている事に気づく。世の中、もっと大変な境遇、いや考えもしない事態、最悪命を奪われる機会さえあるのだからと慰めてみる。しかしそういう時こそ、そんな言葉は自らの耳、心には届かない。閉塞感だけで満ち、他人の笑い声さえ、苦痛に感じる事もある。そして結局悪いのは自分自身だと思い知らされる。自ら最悪の事態なんて決められない。だからこそ、そこからの脱出は相当に難しい。

 こうした心の葛藤はSFアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公、碇シンジの姿に重なる。能天気でオタク心をくすぐるSFアニメから、徐々に自己深層心理に及び、やがてその葛藤までも物語に取り込んでしまった。物語中、碇シンジは自分自身何もできず、最終回を迎える。人類補完計画と呼ばれる物語のキモが進む中、最終的に自己の成り立ちを顧みて、自分という存在を確かめていった。多少誤魔化された気もするが、そうやって思わなければ、人生はやっていけない。そしてそれこそが自己嫌悪から脱出できる瞬間なのである。

 「新世紀エヴァンゲリオン」の登場人物たちはそれぞれに何かしら心を病んでいた。だが特に酷いのが碇シンジだった。わずかな才能と呼べるかどうかの能力を頼りに生きる様。そして放つ言葉とは裏腹に、逃げてばかり、まるで女の腐ったような心理状態は、まさに今の自分に同じ。そう思った時、心の何処かで「また碇シンジになっちゃったよ」と感じてしまう。これまで何度も経験してきている事だが、そうなった時は諦めつつも、どうしようもない自己嫌悪は気持ちのいいものではない。
物語中は絶えず「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ...」と逃げている主人公。
そんな劇場版のラスト、もう一人のヒロインの突き放すひと言「気持ち悪い...」
それが全てだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)