2007/09/17

Mr.小泉のスーパー・イリュージョン

 安倍総理辞任、突然の総裁選に揺れる自民党。福田氏優勢に大勢は決まったようなものだが、『一寸先は闇』の政治の世界、この後何が起こってもおかしくない。とはいえ、福田氏大勝となれば派閥政治の集大成、乗員(ポスト)を上回り、バランスを崩したままの出航。クールでポーカーフェイスの福田氏の舵取りは、彼の真価を問われる事になる。ただ既に現内閣の継続を明言したのは正解だし、一旦足場を整え直す時間は必要だろう。そんな醸し出すしたたかさは福田氏の持ち味、福田マジックである。

 一方、麻生氏にとって、まず少数派取り込みや党内票崩しよりも先に、世論に訴える戦術に打って出た。渋谷を離れ最初の演説場所に秋葉原が選ばれたのも、最も彼の支持が厚い地盤であるがゆえである。大手新聞の世論調査の30パーセント弱の支持は、何気に年齢30代未満の層に一致してくるから不思議。ヤングの麻生、アダルトの福田、まさに世代の代理戦争的様相である。果たしてアキバ発の麻生マジックは奇跡を起こすか。

 そこでクローズアップされたのが、小泉チルドレンの動向だ。公示前、一部有志が小泉前総理を担ごうと奔走。しかし親分は立たなかった。しかも小泉氏は福田氏支持を打ち出し、混乱を色濃くする事になった。これら行動がいずれ来る衆院解散を睨んだもの、保身と言われても仕方あるまい。見た目はアダルトながら、キャリアはヤングな小泉チルドレンは果たして福田、麻生のどちらを選ぶか。長年慣習化された派閥の論理は、そう簡単には壊れない。いや壊れたと国民に見せた小泉マジックの巧みさゆえだろう。

 一部評論家は『小泉立たず』の根拠に、タイミングと新党設立が挙げている。しかしその可能性は微妙。小泉氏は一匹狼的な立場ながら、実際は最大派閥、町村派の一人でもある。それが在任中、当時森派だった事が功を奏していたのは事実。強行した郵政民営化の混乱も、湿気たチーズと森元総理の愚痴でかき消された。例え小泉氏が新党を立ち上げたとしても、最大政党となれる根拠が無い。それを判っているから再び表舞台には出ない。仕掛けるふりをして、目立ちたいだけなのだ。それもまた小泉マジックなのである。

070917
スーパーイリュージョンといえば「ハイキングウォーキング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/12

総理と呼ばないで

 年金問題に参院選惨敗、あれだけ政権維持を固持してきた安倍総理が突然の辞任。アイドル小泉前総理の勇退後、それまでの政権形骸化を露呈。カリスマ無き総理に矢継ぎ早、紛糾する問題の数々。主導権を失った死に体も、退かない意志で起死回生を狙ったが、期限迫るテロ特措法の延長で更なる頓挫。お手上げのワンサイドゲームの中、舛添厚労相の活躍に一筋の光明が見えたが、総理の打点とはならなかった。

 総理退陣なら、次の政権が頑張ればいい。ただ今、最も危険に思えるのが、与党自民党の形骸化である。まず引き継ぐ資格ある者がいるとは思えない。仮にいたとしても、誰が総理になっても政権維持は難しい。仮に大方の予想通り、麻生総理誕生となっても、衆院解散後に再び同じ座につける公算は少ない。選挙で実績無き小泉チルドレンは疲弊し、自民党は結党以来、大きな岐路に立たされる事になる。

 そこで聞こえてくる小泉擁立は、意外に自民党内部が求める最も大きな声かもしれない。もちろんチルドレンたちも心強い。やはり選挙を勝つ人気は捨て難いからだ。果たして火中の栗を拾うだろうか。もし拾うのであれば、ボクにとって小泉前総理に対する見識が大きく変わる出来事。そして政権奪取を狙う民主党小沢代表が最も恐れるシナリオは、実はこの流れではないか。

 本音を言えば、辞める安倍総理本人が今こそ「しょうがない」と言いたかっただろう。しかも心のほっぺには絆創膏を貼りたい程。そして週末には、自らの脱税スキャンダルが報じられるという。今となっては、総理自身が内閣の集大成を自ら演じている感もある。とはいえ、故松岡元農相の末路だけは真似ないで欲しい。劇的だった小泉劇場の後、安倍劇場の終幕が死で終わらない事を祈る。

070912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/05

祭りのあと

 夏祭り参院選を終え、お盆休みを前に安倍総理は炎上状態。歴史的大敗とマスコミは焚きつけ、意気上がる各派閥。党の結束を旧派閥政治への回帰で実現したいのは当然。特に前内閣以降、鳴りを潜めた面々からすれば、今こそ大いなるチャンスといえる。ただ世論はそれを望んではいないし、そこに生まれたねじれ現象は、政界再編の起点となるかもしれない。既に自民分裂を予見した動きも聞こえてきている。今後、かつぐ神輿(みこし)はいくつ出てくるのだろうか。

 戦犯を前農水大臣とする声、そしてその任命権者である総理を名指し。世論の一部からも同様の意見もある。しかし実は前政権、小泉氏に起因している事を誰も指摘しない。約五年間、実態なき政(まつりごと)が、今となってボディーブローのように効いてきたのだ。郵政民営化以外、ほとんど何もやらなかった前政権のツケ。年金も税政策も後回し。気がついた安倍総理がすがったのは小泉劇場の幻影。幻影の果て、必死の訴えも世論を味方につける事はできなかった。総理はその幻影、自らのカリスマの無さに気づいたのだろうか。

 今、安倍総理に必要なのは、一つでも政治で実績を残す事だろう。本当は得意の拉致問題があったのだが、それは前総理に横取りされた形。しかも悪い事に、今や六カ国協議で日本は厳しい立場に立たされている。ならば、やはり年金問題の解決しかない。ここでしっかりと自分の手腕を見せる事。来年春などとは言わず、少しでも早い段階で結果を出し、世論の支持を取り戻す必要がある。党内が足かせとなる政治資金規正法より、まだハードルは低いはず。とっくに前総理のイメージ戦略の時代は終わったのだから。

 それにしても今思うのは、民主党小沢一郎代表の運の良さ。昨年のメール問題、前代表から受けた小沢氏の最初の大きな国政選挙が今回の参院選だった。そして過半数以上の議席に達する大勝。一年前の戦況を考えれば、ここまでの形勢逆転を誰が予想したのか。今回、徹底的に一人区を潰しにかかった小沢代表。代表就任時、一時のピークを過ぎた感があったのだが、侮る無かれ。ブルドッグ大帝、その手腕を如何なく発揮。やはり自民を倒すのは自民のDNAなのか。ただこちらも数パーセントの欠けた遺伝子(他党出身)がこれから足を引っ張るのだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/12

選挙次第、名前次第

 第二十一回参院選が公示され、三七七人が立候補した。選挙戦のスタートに怪気炎を挙げる各政党。そして比例区には多数のタレント候補が送り込まれている。その中にはヤンキー先生やテレビで人気の弁護士、そして某女性ゴルファーの父親等が挙がるだろう。だが考えて欲しい。彼らの顔は知っていても、ズバっとフルネーム出てくる事は少ない。ひどい時はニックネーム、例えば『さくらパパ』程度しか、一般有権者には認知おらず、意外にそのハードルは高い。

 各政党はタレントの認知度を狙って、客寄せパンダ的に出馬させている。比例区は政党名か、または立候補者の名前が書かれた票が全国的に集票されるシステム。したがって政党名が出てこなくても、パンダとなった有名人、いや候補者の名前が書かれていれば良い。しかし名前を間違えられれば無効、ニックネームもカウントされない。投票所にも候補者名簿が貼り出されてはいるが、比例区でも相当量の候補者が並ぶはずだし、そこから意中の候補者が見つかるかは有権者次第となる。

 この選挙期間で如何にこの客寄せパンダたちの名を認知させるか。まず、あらかじめ認知度の高い人を候補者に選ぶ事。芸能人は芸名での出馬が可能なため、名前は短く単純なものが理想。そこでこんな人を候補に立てたらどうだろうか。例えば『タモリ』はいうまでもなく、間違えの少ない名前の筆頭。それ以前に知名度ナンバーワン。それよりも短い名前なら『ゴリ』(ガレッジセール)。ゴリという名を間違えるほうが難しい。カタカナ名前が馬鹿げているならオススメは『猫ひろし』。下手すると『猫』一字でも票になるのではないか。つまり若手お笑いはそんな候補者の宝の山。今回の選挙は間に合わないが、各党の選挙本部の方々、本案を一考願いたい。

 ちなみに今回の選挙、フジ系バラエティー「ジャンクSPORTS」でおなじみ、あの有名馬主が国民新党から出馬する。今年は若駒競走馬のセレクトセールに出没しなかった同氏。競馬の世界を通り越し、自らが出走の舞台に立った。果たして結末はどうなるのか。ちなみに投票の際、『フサイチ』では票になりませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/11

一体どうなっちゃうんだろう?

 政治の事を書くのは久しぶりだ。今月末参院選を控え、各党の活動は活発。中でも躍起なのは三大臣の交代劇に揺れる、政府自民党である。しかし総理の発言は締まらない。むしろ理屈じみて、言葉は国民に伝わってこない。問題を起こした大臣たちの言葉も同様だったが、彼らの任命権者である、安倍総理の姿勢に大いなる疑問を持つ。ここ数ヶ月で内閣支持率は大きく下がり、早くもポスト安倍の声が聞こえてくる次第。

 ボクは前小泉政権の評価していないのはこれまで通り。郵政民営化を旗頭に、通した法律はあれど、結果は民間企業の努力の下、経済回復の波に乗った形。まるでギレン・ザビの如く、国民を扇動した姿が懐かしい。実体無き虚構を売り物に、残ったものを挙げていけば、郵政公社と今や足手まといとなった小泉チルドレンたち位だろう。そして前総理の叩き壊した党の壁は、あっけなく元の姿に戻ろうとしている。

 野党、民主党も昨年のメール問題以降、勢いなし。民主党、小沢代表は不退転の決意を述べたが、かつてのブルドック大帝ぶりは消え失せた。一方、反安倍、ポスト安倍の面々は機を待っている。ただ両者とも全く心配していない。だって安倍政権の行く先は長く無いのだから。野党優勢ではなく内閣自滅。それが今の姿を現している。自滅は勝手、だが我々有権者が一票を与える相手は見えてこない。

 ますます政治はアマチュア化、相変わらずタレント候補を立てる自民党。屋台骨を支える連立公明党。名を変え、品は変わらない民主党と社民党。自民のDNAを受ける国民新党に、今や形骸化した新党日本。唯一一途、いや意固地な共産党の七つ巴。これに無所属を加えた綱引きが繰り広げられていく。年金に政治資金問題、さらに三つ目のパンチが飛び込んできたら、一体どうなっちゃうんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/16

純ちゃん、あなたを嫌いです

 ハッキリ言って、小泉総理を嫌いだ。まず今、総理の政治手腕を論じても、その評価はすぐには出ない。それに総理のした事は、郵政民営化に中途半端に終わった道路公団民営化、そして拉致問題の一部解決。ただ復活の兆しをみせる経済は竹中プランに丸投げ。そもそも政治家とはその時の手腕を問われるだけで、のちに評価される事は少ない。それに政治手腕、国際政治上の評価等、ボクの中では関係ない。ただ歴代総理に比べ、高い支持率を維持する実力は光っている。

 そして今年、総理自身が『公約』だとする、終戦記念日での靖国神社参拝を強行した。就任最後の年、人気残り僅かでこれを実行に移した。別に参拝に行く事を否定はしない。ただ合祀も分祀も靖国の成り立ちもはっきりしないまま、その点だけは不満が残る。近隣諸国も外交カード、国威発揚の切り札として、それなりに抵抗するのは想定の範囲内。ただアジア外交、国際的に弱みを握られ続けるのは、小泉政治のウイークポイントとずっと残る。

 何故、総理が嫌いか、それは至極単純、あの開き直る姿が大嫌いなのである。以前、「人生いろいろ!会社もいろいろ!社員もいろいろ!」というひと言には絶句させられた。あの瞬間から総理に対する評価は一転した。たったそれ如きと思われるかもしれないが、あれこそその人の本質を語るに充分な出来事である。ワンフレーズ・ポリティクス、言葉の魔術師である総理が、そのひと言だけに酔った言葉。中身なんか無い。言い換えれば「それで何処が悪い?」。

 総理は他人に厳しく自分に優しい、たいへん意固地な人なんだろうと推測できる。それはそれでいい。でも先日の訪米、プレスリーを真似る姿も正直しらけた。たぶん総理の中では靖国参拝も、オペラ鑑賞も、プレスリーの物真似も同じ範疇なんだろうなと思う。強いてあげるなら、それは人前でカッコつけたい、ある種の美学を持っている事。今年の靖国で見せた表情は、プレスリーの時の顔とは雲泥の差。総理は、政治家を演じる日本でも有数の名優である。とにかく人の好き嫌いは仕方がない。それを総理に強く感じるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/18

楽園のドア

 先週、金曜ドラマTOKIOの松岡クン主演の「夜王」の第一回を見ていたら、久々に南野陽子が出演していた。ホストの大口顧客、エステサロンの社長という役柄。ちょうどビジネスパートナー役には伊藤かずえが配役され、ついかつての大映テレビ「アリエスの乙女たち」を思い浮かべてしまった。彼女たち二人とも、最近は二時間ドラマに出演するなど、かつてのアイドルも今はすっかりバリバリの中堅女優さんである。

 ボクら世代、南野陽子というと「スケバン刑事」二代目麻宮サキ。その劇場版「スケバン刑事」の主題歌は「楽園のドア」だった。正直、彼女の歌は上手くない。しかしルックスとそのイメージにあった楽曲を歌う事が重要。それがアイドルがアイドルたるゆえんだった。しかし今、アイドルという存在自体、死語なのかもしれない。モーニング娘。もかつての勢いを失い、アイドル界全体が低年齢化、ボーダレス化、アイドルという言葉は失われつつある。そんなボクらに古きよきアイドルソングが「楽園のドア」だった。

 今やドアといえば『ライブドア』である。しかも日本経済だけでなく、海外市場を巻き込んで、株価を下落させる『ライブドア・ショック』を引き起こした。ホリエモンの野望は「ヤフー越え」であったが、その知名度だけはヤフーに肉薄、いや国内だけなら充分と叶った形。しかしながら昨年までの時代の寵児も、今は完全に市場のヒール(悪役)として悪しき歴史を残す事になった。たった一社の事件をきっかけに、わずか三日で東証株価平均を千円近く下落させ、企業、そして投資家を窮地に追い込んだ。

 これまで度重なる株式分割の果て、そのたび多くの個人投資家がライブドア株に殺到。それは打ち出の小槌、人気のIT株という条件に加え、ホリエモンのネームバリューにすがる、すなわち彼らにとってはそんな「楽園のドア」だったのである。しかしそんな楽園も地獄の様相。売るに売れない事態、上場廃止も噂されているからだ。そんな今、彼らの恨み節が聞こえてくる。ホリエモンは昨年末の流行語大賞受賞の席で、「また来年も...」とコメントしていたが、今年早くも『ライブドア・ショック』で見事ノミネートとなったとさ(ウソです)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/02

「ロード・オブ・ウォー」を観る(ネタバレあり)

loadofwar 昨日は映画ファンなら忘れちゃいけない映画の日、という事で昨年の元日同様、盟友N氏と「ロード・オブ・ウォー」を観てきた。ご存知モト冬樹似のニコラス・ケイジ主演、武器商人、いや言葉を変えれば死の商人を描いた問題作。スタッフはハリウッド発ながら、資本はほとんど米国外という異端、意欲作でもあり、そんな背景を知るほどにこの作品の価値を感じる。そしてボクの見逃しでなければ、ニコラス自身もプロデュースに参画していたようだ。作品そのものの感想はいつものコラムで。ここでは気づいた細かな点に触れていきたい。

 主人公はウクライナ出身という設定。旧ソ連の軍人の親類をパイプに、AK47を中心としたロシア製銃器、戦車、ヘリの売買を行なっていく。中でも通称カラシニコフ、AK47の存在感が目立つ。わずか4キロの重量の銃器が大人から子供まで簡単に扱え、しかも圧倒的な殺傷力を秘めている。むしろここでの描写はキレイ事よりも音だけで惨殺を訴え、そのほうが観ている恐怖心を煽る。唯一ストレートにカラシニコフの銃弾に倒れる描写があるのが、主人公の弟というのも痛ましい。

 取引先の首相の息子がやたら『「ランボー」の銃を欲しい』、しかも1作目と念を押すシーンがみられた。そんな息子が意中のM60を手に入れ、輸送トラックから乱射、狂喜する姿(ただM60って二作目のような気がするが...)。でも何かそうやって喜んでいる姿を見るにつけ、何かマズイよなぁって胸をよぎる。映画を観る側にも銃器マニアが多いだろうから、心境的にダブる面も多いだろう。それはボクが銃器好きって事でもあるのだけれど。

 しかも映画の中で登場する兵器群。特に戦車はよくこれだけ並べたと思わせるほど壮観。ただ裏を返せば、これだけの兵器が使われずにロケに使われたのか(いやフェイクがあるかもしれないが)といろんな思いは巡ってくる。もちろん映画で描かれたような国外流出、実際に使用されているわけで、その数の多さに今更ながら驚かされる。むしろ「007ゴールデンアイ」のようにオチャラけた使い方くらいのほうがカワイイ。いやそれこそバカバカしいと一蹴されてしまいそうだなぁ。

060102
戦車もこんな使い方があります(「007ゴールデンアイ」より)

| | コメント (10) | トラックバック (21)

2006/01/01

第7回遊舟ダイナミック大賞各賞発表

年始恒例「遊舟ダイナミック大賞」。筆者の独断と偏見で2005年を振り返ります。

まずはコラム:2005年総括、景気回復乗って乗り遅れて
 皆さん、あけましておめでとうございます。昨年の紅白は白が勝ちましたね。今年もよろしくお願いします。閑話休題...2005年、清水寺で書かれた今年の漢字は「愛」。そもそもは日本漢字能力検定協会が全国公募、その集計された一位が「愛」だったという事。別に清水寺の大僧侶が選んだ文字ではない。しかし本当に今年を代表する文字は「愛」だったのだろうか。愛・地球博を引き合いに出すには短絡的過ぎるし、卓球の福原愛ちゃんや女子ゴルフの宮里藍ちゃんらの名から採ったのなら、オジサンのダジャレ以下。女性天皇の渦中の女子、その騒動に起因したのなら、それは筆者の好みの話題ではない。反面教師、世間を騒がせた犯罪に愛が足らないとのたまう方もいるだろうが、それは愛でなく単純にモラルの欠如に他ならない。

 確かに政治は好景気の兆しに助けられた感がある。だが小泉劇場はパフォーマンスを武器に大衆の興味に入り込んだ反面、徐々に本当の腹の底を現しつつある。その第一弾、数々の増税案の中、愛煙家のため息聞こえてきそう(ただ何度も言うが、喫煙者が社会の弱者だとは思わない)。もちろんそれだけでなく、貧富の差を増長させる増税案。総理は在任中は増税しないというが、2006年9月以降の保証は無い。マスコミ共々、もっと先にできる事を追求するが、そんな事何処吹く風。なし崩し的に政策を進めているのが、大衆の選んだ現政権なのである。ただ他に選択肢は無いのだが。

 なお昨年のこのコラムでも景気復調の兆しを述べたが、今年はそれが本物だと裏付ける出来事が多く現れた。個人投資家、デイトレーダーの台頭。みずほ証券の株式売買ミスは世間を騒がせ、20億円もの利益をあげた個人投資家まで登場。その一方、セキュリティ問題を提唱する結果となった。いやそれよりも4月、JR西日本の福知山線で起きた列車事故、トドメは暮れの団欒に衝撃が走った耐震強度偽装問題。ゼネコンを台頭させる構図を作った民間への業務委託が、その間隙を作った。内容はどうあれ、そのすべてにシステムの抜け道が見えてきた。確かに国、民間との役割を見直すいい機会なのだが、その代償はあまりに大き過ぎた。好景気の兆しは財布のヒモを緩ませる一方、時に身の引き締まる一年だったと思う。こんな年、どうみても「愛」じゃないでしょう。

 さてそんな一年を過ごし、買ったものを挙げていくと、かなり自分への投資に代替するものばかりだった。車、パソコン、ケータイ、携帯デジタルオーディオプレーヤーなど等。その中に新三種の神器の薄型テレビは含まれていないが、地上デジタル放送が広範囲となった2005年ゆえ、いずれ買う事になりそう。コンテンツの録画方法だけが宙に浮いているが、話し合いでなく時間が解決する方向で進んでいる。だが如何に情報を選別し、その中から有益なものを得るかがカギとなっていく。それゆえに街のお店で買い物をする事は限りなく少なくなった2005年。筆者が興味を持ったモノたちとは...?

[各リンク先]
遊舟ダイナミック大賞
遊舟特別賞
遊舟映画賞
遊舟DVD賞
遊舟音楽賞
遊舟競馬賞
遊舟テレビ賞

講評.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/10/12

「ガイアの夜明け」[駅を創る~変貌する巨大鉄道会社~]を観る

 昨夜の『ガイアの夜明け』はJR東日本のビジネスを追った内容だった。JR東日本は国鉄分割民営化以降、業務の模索(何とスッポンの養殖まで)が図られてきたが、現在では鉄道事業は七割に減るその一方で、駅ビルや電子マネーの事業規模が三割に達するようになったという。今回の番組はJR東日本の新たな二本の矢、駅ビル事業と電子マネー事情に迫っていた。そして今回の番組を観ていると、JR東日本がJRグループ各社の中でも最も勢いを感じたのはいうまでもない。至せり尽くせり、全てに行き届いたサービス等、その対応は目を見張った。

 JR東日本の面白いところは、自ら東日本の中で競合させている点だろう。品川駅だけでもアトレ、ルミネ、エキュートの三社のショッピングモールが同じJR東日本系なのである(品川駅にはこの他、京急系のウイング高輪があり)。中でも最も新しいのがエキュートで、『駅ナカ』という改札の中にテナントを設けるという新しいジャンルを開拓した。番組ではそのエキュート品川の開店までの背景を追い、とても興味深かった。舞台は駅なのだが、もうそこに鉄道会社という頑な姿勢は見えてこない。

 そんな中、エキュートに出展するある有名パティシエのお店で、『駅ナカ』の目玉となるロールケーキが売られる事になった。ロールケーキの箱には電車が描かれ、如何にも『駅ナカ』発という点が表現されていた。しかしだ。そのパティシエいわく、「理想は新幹線の絵なんだよね」と愚痴をこぼす。そう品川に乗り入れる東海道新幹線はJR東日本だけでなく、東海、西日本と又に掛ける路線。東日本だけの判断だけでは許諾されないらしいのだ。その上、パティシエは冒頭、「東海と仲悪いの」と切り出していた。実はJRグループ、問題の根幹はそこにある。

 JR東日本のもう一つの矢、乗車券カードSuicaから電子マネーへの展開。駅という袋小路にJR東日本が新たな市場を見い出した好例。電子マネー自体は先人にビットワレットのEdyがあるが、これに競合する形で普及してきた。そして今やSuicaは駅を飛び出そうとしている。だがそんな矢先、歯がゆさを覚えるのは電子マネーに積極的なのが、JR東日本(Suica)、西日本(ICOCA)に限られる事だ。東日本と西日本の間の路線を結ぶJR東海の姿がそこに無い。そして先のパティシエの言葉はここにも当てはまる。やっぱ「東海と仲悪いの」?...だ。

 以下は番組外の話。電子マネーの利便性は浸透しつつある。しかしグループ間の連携がとれないため、肝心なところで問題を露呈する。例えば筆者がSuicaで小田原駅から乗り入れたとしよう。しかし下り線、沼津では決済ができない。それは沼津がJR東海だからだ。少なくとも自動改札ではSuicaに対応していない。東海から東日本に乗り入れる際も同じ。一応JR東海にも電子マネー採用の話はあるが、まだ出だしで具体化に至っていない。確かにJR東日本は首都圏を抱えるゆえ、早急な変化を要求されるのだろう。しかしJR東海は東海道新幹線というドル箱にあぐらをかき、しかも新幹線開発でイニシャチブをとっているゆえ、いまだに鉄道会社という殻の中にいる。今回の「ガイアの夜明け」ではわずかだが、そんな一端を見せられた気がする。

051012-1
051012-2

| | コメント (6) | トラックバック (6)