2018/11/09

「ボヘミアン・ラプソディ」を観る

今夜は「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきた。イギリスのロックバンド「クイーン」、そしてそのメインボーカル、フレディ・マーキュリーの人生を描く。テレビドラマ「ミスター・ロボット」のラミ・マレック主演、「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガー監督作品。

1970年ロンドン。ブライアン、ロジャーのバンドの演奏を見るフレディ。偶然ボーカルが脱退した彼らにフレディはその声を聴かせた。惹かれるようにバンド活動を始めた3人はフレディの発案でアルバム制作に取り掛かった。そしてメジャーレーベルEMIと契約、ロックバンド「クイーン」としてスターダムを駆け上がっていく。

言わずと知れたフレディ、クイーンの物語。80年代の洋楽で育った身として、描かれる音楽シーンが自分の音楽史とオーバーラップする。クライマックスまで扱う楽曲のエピソードは数曲に絞って印象的。一方ソロ楽曲は亀裂を生むキッカケとしてあっさり。ストーリーラインはクイーンとフレディの音楽活動と人生を辿る。

もちろん性的マイノリティーであるフレディのエピソードは、最初は暗示的に、やがて具体的に描かれる。ただ単に作品のテーマは彼らの軌跡だけでなく、彼らの求めた”家族”を描く事だろう。フレディは一旦失った家族=クイーン、盟友たちとの関係を修復するところで物語は結ばれる。その想い、そしてフレディの背負う運命は、クイーンとしてライブ・エイドでのパフォーマンスに結実していく。

最初は違和感のあったラミ・マレックのフレディも、80年代での彼は本物と見間違うほど。ウェンブリースタジアムでの4曲、20分のパフォーマンスは当時を彷彿とさせる。作品の構成上、ここでの楽曲を温存させてきたからこそ、観客は引き出される感情もある。ブライアン・シンガーの描く音楽と物語のバランスは浅過ぎず、深過ぎずに絶妙。名曲の数々に聴き惚れ、長時間を忘れる作品であった。

181109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/29

「高い城の男 シーズン3(吹替版)」を観る

配信になったばかりのリドリー・スコット制作総指揮、Amazon studioの「高い城の男 シーズン3(吹替版)」をAmazonプライムで観た。ご存知フィリップ・K・ディック原作。このシリーズはその枠を超え、シーズン2から完全オリジナルとなった戦後ifである。

枢軸国が勝利した第二次大戦後、一触即発の事態を回避したナチスと日本。だがナチスは石油禁輸し、日本を苦しめる。さらにナチスは本国の権力争いの最中、アメリカ人をナチス国民化するイヤーワン、もう一つある目的のためにニーベンベルトを計画していた。田上はジュリアナからニーベンベルト計画を聞かされ、阻止のために彼女を解放。ジュリアナらは計画のカギとなるワッカワナ鉱山へ向かうのだった。

シーズン3も面白い。だが1、2に比べるとやや盛り上がりに欠ける感が強い。理由は二つ。

(1) シーズン2で田上が見て来た世界が本シリーズで明確化されてしまった。
(2) 前シーズンに比べ緊迫感ある展開が無かった。

(1)での明確化こそ、シーズン3の本筋なのだが、それこそ超科学。ただナチスはUFOを開発していた(By ディスカバリーチャンネルの受け売り)程だから、その先に可能性はあるようで無いようで。それに本シーズン第2話であるキーパーソンの末路の表現が何とも。これ以上はネタバレになるために書けないけど。

(2)として内面の葛藤が挙げられる。つらさの一端だろうが、特にスミス夫妻は長男の件から関係がおかしくなる。その一方でLGBTを扱う等、我々の現代社会を反映したという事か。ただ残念ながら物語のダイナミズムに寄与したと言い難い。

ただ相変わらず本作最大の魅力である戦後if、歴史ifを表現する圧倒的なビジュアルは説得力があり、次シーズンも期待させる。街を走る日本製オールドカーに見惚れてしまった。

キャラクターでは木戸警部が気になる。かつての日系人収容所に立ち、敬意と理解を持ちつつ、職務を執行する。その姿に心を動かされた。

考え方によってはシーズン3は嵐の前の静けさと取る事ができる。きっとシーズン4はその期待に応えてくれるだろう。ただ一抹の不安があるとすれば、制作総指揮リドリー・スコットが「エイリアン」シリーズで風呂敷を畳めなくなった、同じ轍を踏まなければ良いのだが。

181029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/28

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」を観る

今日は「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」を観てきた。「ブエナビスタ」といっても競走馬ではない。前作の公開が2000年。ミュージシャン、プロデューサーでもあるライ・クーダーがキューバのミュージシャンを集め、アルバムを制作し全世界でヒット。そして彼の盟友でもあるヴィム・ヴェンダース監督がドキュメンタリー映画を撮り、こちらもミニシアター系でヒットした事が思い出される。

本作は当時触れられていなかったメンバーの半生、前作ドキュメンタリーの更なるバックステージ、2016年アメリカ-キューバ国交正常化へと進んでいく現在の彼らの姿を追う。副題の「アディオス」はさよならを意味するが、推して知るべし。グループ結成当時でメンバーのほとんどが70~80代、コンパイ・セグンドに至っては90才とある種の別れを感じてしまう。

ただ陽気なキューバ音楽。歌詞は奴隷時代、貧困を暗喩するものばかりだが、前述のコンパイにイブライム・フェレール、女性ボーカルのオマーラ・ポルトゥオンドと明るく、美しく歌い上げる。2000年当時、何度もアルバムを聴き、前作ももちろん観ている。今回、本作で久しぶりに彼らの音楽を触れたが、不変で熱く、感慨深く、そして美しい。

しかもその不変さはその後に至っても変わらず。音楽を演じる、歌う事の楽しみこそが彼らの持ち味。靴磨きから召集を受けたイブライムのエピソードが可笑しくも悲しい。前作制作時の未公開映像、ギターチューニングで気を吐くコンパイに頭を抱えるライ・クーダー。もちろん前作でのイブライム、オマーラが見つめ合うデュエットと、年齢を経て開花した彼らの魅力を伝える。

監督交代、ヴィム・ヴェンダースは製作総指揮に回っているが、本作が音楽の旅である点も変わらない。終幕前やや凡長に、政治色が出てしまったのはホワイトハウス絡みのエピソードがあったせい。ただ彼ら曰くそこで音楽を演奏するだけ。むしろ正常化前、グラミーを授賞式で直接受けられなかったイブライムらと隔世の感がある。前作以上にキューバ音楽の魅力とその歴史を知る上で欠かせない一編。帰りの車中、再度彼らのアルバムを聴いたのだった。

181028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/26

「search/サーチ」を観る

今夜は「search/サーチ」を観てきた。ロバート・レッドフォード主宰サンダンス映画祭で観客賞を受賞。物語はパソコン画面のみで展開されるサスペンス。リブート版「スター・トレック」のスールーことジョン・チョー主演。SNS時代、我々がどれほど依存しているか思い知らされる一編。

デビッドは2年前に妻パムと死別、娘のマーゴットと暮らしていた。ある日、マーゴットと口喧嘩してしまう。翌朝、帰宅しない娘から深夜の不在着信に気づくデビッド。友人関係を探るも行方は知れず、警察に相談する。そして八方塞がりの中、デビッドはマーゴットのノートパソコンに手を伸ばした。

この映画は「ハードコア」を観た時に近い新感覚。かつてパソコン画面導入は断片的なら「ユー・ガット・メール」で観た事がある手法だが、終始徹する点で新しい。カメラ撮影でいうカットの繋がりは緻密に計算され、流れるように進んでいく。

この作品のテーマは人と人のコミュニケーション。今や手法は様々となったが、見た目程に密になったとは言い難い。家族の心でさえ、解っているようで解っていない。だからこそデビッドは時に翻弄されミスリードもする。これは我々への警鐘でもあるだろう。最後、力となるのは家族への思い。デビッドの執念は事件の真相に近づいていく。

Mac、iPhone、FaceTimeにiMessageとApple(が大半)だけでなく、GoogleにYoutube、Facebookと見慣れた画面がシームレスに彩り、一方でWindowsはXPのみと隔世の感を受ける。これらツール、デビッドの使いこなしぶりも見所だ。ガジェット好きも楽しめるだろう。

サスペンスとしてもなかなかの出来。二転三転する物語の出口とは?一見テレビサイズ向きと思いきや、スクリーン向きと気づく。例えば作中、所々に伏線が散りばめられているのだが、如何に情報を見逃しているかと後に思い知らされるのだ。オススメの佳作!

181026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/16

「イコライザー2」を観る

今夜は仕事帰りにデンゼル・ワシントン主演の「イコライザー2」を観てきた。元CIA工作員マッコールが悪を討つシリーズ第2弾。通称「EQ2」と一昔前ならグラフィックイコライザーみたいなタイトル。SUUNTOの腕時計に一撃必殺必中、マッコール無双。前作鑑賞抜きでも楽しめる。前半は人情話を散りばめて悪党退治。後半は恩人殺しのラスボスにマッコールが迫っていく。

タクシー運転手として働くマッコール。だが悪を見つけた瞬間、その芽を潰していく。そんな中、CIAの同僚スーザンが出張先のベルギー、ブリュッセルで強盗に襲われ命を落とした。恩人と復讐のため、マッコールは捜査を開始する。

本作はアメリカ版必殺仕事人と喩えられるが、それよりも「北斗の拳」のケンシロウに近い。街の人々との関わり。マッコールは書籍を愛し、時に僧侶のように諭し、苦悩すら見せず、静かに、動きは素早くムダがない。この作品の流儀としてマッコールは血まみれになる事なく、次々と悪を倒していく。

前半の人情話はタクシーが起点。前作と異なり、デンゼル版「タクシードライバーの推理日誌」でもある。中盤には短いながらカーアクションもあり、テンポよく飽きさせない。しかもボンドやジャック・バウアーと異なり、サポートなく唯一人でハッキング、端末類を使いこなす。全てに精通、無双たる所以。こんな元エージェントに勝てる奴はいない。

ブルース・ウィリス版「デス・ウィッシュ」の予告を観た後のせいか、70年代、80年代のアクション映画を思い出させるが、デンゼルの盟友アントワーン・フークア監督はスタイリッシュにそつなく魅せる。前作と微妙に方向性を変えつつも、マッコールは変わらない。唯一無二、デンゼル・ワシントンの存在感に第3弾を期待させる。アクション映画ファンなら楽しめる一作だろう。

181016_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/18

「アントマン&ワスプ」を観る

今夜は仕事を終えてから「アントマン&ワスプ」を観てきた。「インフィニティ・ウォー」後のMCU最新公開作。アントマンが相棒ワスプと共にマクロからミクロ、そして量子レベルにまで駆け巡るSFアドベンチャー。

ソコヴィア協定に反発したアントマンことスコットは2年の自宅軟禁下にいた。その終わりが近づこうとした頃、ある夢にうなされる。それこそ量子界に置き去りにされ、死んだと思われたホープの母ジャネットとのコンタクトだった。時同じくジャネットの夫ハンクは量子トンネルの製作に成功。スコットを基点としたジャネット救出を計画する。だがそこに量子トンネルを狙う者がいた。

前作はスコットと娘キャシー、ハンクとホープの二つの親子を軸に展開した物語。今回はジャネット救出に奔走するホープとハンク親子、さらにハンクの過去が描かれる。彼らを襲うゴーストとの接点、軟禁下を装うスコットの奮闘。スコットの親友ルイスがコメディパートで笑わせる。

毒の少ない悪役、本作はMCUの中で最もディズニー的、子供も安心して観られるファミリー映画だ。ただ前作を観ていないと判らない設定、背景も多いので注意。

戦いっぷりはほぼミクロに徹した前作の方が好き。「シビル・ウォー」で巨大化を果たしたアントマン。テンポよくスムーズなサイジング。加えて本作のトリッキーなカーアクションがいい。こういう演出はテレビサイズよりも劇場向き。それだけでグイグイ引きこまれる。エンドロールのミニチュア、小ネタも可笑しかった。

ちなみにキャストの一人にローレンス・フィッシュバーン。ライアン・レイノルズ共に数少ないマーベル、DCの両映画に出演を果たしている。

ラストシーンに「インフィニティ・ウォー」との接点が現れる。次作「アベンジャーズ」完結編での活躍を期待しながらも、彼の行く末が気になるエンディング。MCUらしく手堅い出来、及第点以上に楽しめる作品だ。

20180917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/15

久しぶりに「その男、凶暴につき」を観る

仕事前、朝から「その男、凶暴につき」を観た。言わずと知れた北野映画第一作。何度も観た作品。初見は劇場だったか、DVDだったかは覚えていない。何しろ突然、この一週間「その男、凶暴につき」のメインテーマとグノシェンヌが常に脳内再生、頭を離れなかったからだ。仕事の行き帰りでサントラを聴き込む。そして早朝、観たい欲求に駆られ、録画ブルーレイを取り出した。

脚本は野沢尚によるもの。だが最近YouTubeで森プロデューサーの回顧インタビューを見て知ったのだが、たけしが監督受諾の条件で大幅に変えてしまったらしい。野沢氏がスタッフロールから外して欲しいと言うほど。だから改めて観ると、セリフがキタノ節になっているのが判る。秋山見学者とのやり取りなんてたけしのコント。一方でオリジナル脚本が何処まで活かされているかは判らない。

この作品で秀でているのは日常の狂気、その描き方だ。30年近く前の作品なのに違和感が無い。例えば夜の街、我妻を襲う流れ弾が女性の脳天を突き抜ける。凍てつく瞬間を割く絶叫。突然の出来事を見事に捉えたシーンだ。それに限らず、一つ一つの暴力シーンで観る者に痛みを伴う。今や何事もコンプライアンス。この作品がテレビ放送されなくなったのも頷ける。

本作で40代前半と思われるたけし。脂ののった時期、洗練されたいい男だ。あの事故前(サングラスで)表情を隠す事も無い。セリフはキタノ節、足りない事はあっても無駄なセリフはない。だから想像力をかきたてる。我妻が金を借りた後輩刑事が逃亡犯に殴打されるまでの描写。これだけで後輩刑事の人となりが見えてくる。しかもその行く末は追わない。そしてあのカーチェイスに繋がる。

カーチェイスの顛末は明らかにたけしが考えたものだろうな。これも巧いんだ。我妻のラストシーン、消灯を含め、画作り、構成が巧いんだよ。たとえところどころ気になる点があっても、その後の北野映画にはない粗削りなところ、それすらこの作品の魅力になってしまう。

白竜、寺島進、平泉成、遠藤憲一、それ以外のキャストの一人一人見どころがあり、作品を支える。寺島が製作当時、「この映画は凄い事になる」と感じ取ったのも結果、現実となった。

バブル期に素人映画監督が乱立、乱造。当時、その一作と思われていた。しかし生まれたのはこの傑作。深作欣二の降板でたけしが監督したのは天命だったのか。今も「その男、凶暴につき」は彼の作品の中でベスト3に入る。

今のたけしをみると、もう映画を撮らないだろうな。事務所のドタバタ、これまで森さんプロデュースあっての映画製作を思えば、そこから離れて絵画や小説のような別の創作に向かう。自らの小説を是枝裕和監督に撮って欲しいと言ったのもそうした経緯、本音かもしれない。もう十分、あえて新作の期待はしない。これだけの作品群を生んだたけしはやっぱり凄いよ。

180915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/09

「累 -かさね-」を観る

今日は仕事帰りに映画補給。芳根京子、土屋太鳳W主演の「累 -かさね-」を観てきた。番宣でのビジュアルと設定以外は知らず。エンドロールまでコミックが原作とも知らなかった。ここのところ若手女優主演となるとイケメン、壁ドンと食傷気味に雨後の筍ばかり。だが本作は違う。内面をも映した怖さ、ガップリ四つの演技のぶつかり合いを観る事ができた。

累(かさね)は舞台女優を母に持つも、顔のキズをコンプレックスに持ち、ずっとイジメを受けてきた人生。その母の一三回忌に演出家の羽生田が現れる。羽生田は自らの舞台に累を招き、主演女優のニナを会わせた。そして羽生田は累の素質を見抜き、ある計画を実行する。それこそ累の持つ秘密によるものであった。

心と体の入れ替わりといえば大林宣彦監督の「転校生」が浮かぶが、こちらは生々しく不気味。累の舞台に立つという秘めた欲望を満たし、さらに際限が無くなっていく。冒頭やや説明不足に物語は進むが、その理由は幼少期のエピソードに隠されていた。そして累とニナはクライマックスの劇中舞台劇サロメを迎える。

ファンタジックな設定ながら醒めずに観終えたのも、難しい役柄の中で主演二人の演技力による点が大きい。これまで観た事のない、彼女たちの過去作と比べて演技の振り幅も広い。真の彼女たちの姿が見えぬほど。またしたたかに彼女たちを引き込む浅野忠信の存在も光る。

物語の背景、構成の面白さも見どころ。一種のジャパニーズホラー。この設定、ハリウッドは見逃さないだろう。全てを語らず観客に委ねた結末は賛否あろうが、そこも日本映画らしい。最後の最後まで惹き込まれた作品だった。

180909


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/19

「レゴバットマン ザ・ムービー」(吹替版)を観る

今朝はだいぶ前にWOWOWで録ってあった「レゴバットマン ザ・ムービー」(吹替版)を子供と観た。子供向けと侮る無かれ。レゴの世界観さえ許容すれば、なかなかの内容。しかもバットマンを含めた優れたパロディー映画である。

ゴッサムシティを守るバットマン。宿敵ジョーカーは街を襲うも呆気なく捕まってしまう。だがそれはバットマンの心理をついた作戦を秘めていての事だった。

映画ファンならオープニングからニヤける演出。これまでの映画版、テレビ版のバットマンのセルフパロディーが楽しい。またバットマンを擁するDCコミックだけでなく、ハリポタ等ワーナー映画のキャラクターが出演、街に宇宙へと大活劇を繰り広げる。

オリジナルでは残虐なジョーカーも、レゴの世界では朗らかな悪党に変わる。バットマンとのやり取りも友情でないが、何とも言えない繋がりを感じる。それが物語の導引であり、子供たちの気持ちに何かを残すだろう。でも同じ視点でオリジナルの映画版を観る事はできないが。

吹替はダサカッコな山寺宏一のバットマンがいい。バットマン売りの孤独さもこの作品では自虐ネタに変わる。これって初見の子供には解らないかも。でもこれまでバットマンを観て来た身にはとても可笑しい。

また吹替版は単に子供向けに敷居を下げるだけでなく、文化的なローカライズも行なう。ロビンに小島よしおをキャスティングしている点もそうだ。原語では言っていないギャグだが、上手く昇華されている。これなら演技を含めてアリだ。おかげでうちの子供のウケも良かった。

映像はCG臭は皆無。ストップモーションでは?と思わせるくらい、レゴワールドに浸れる。ビークルは縦横無尽、バットマンのアジトもカッコいい。映画版のレゴはワーナーと単独契約かもしれないが、あわよくば映画版のレゴ・アベンジャーズも観てみたい。

180819

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/18

「悪魔のようなあいつ」を観る

18081801

TBSチャンネル2で録ってあった「悪魔のようなあいつ」を観た。1975年放送の全17回。原作に阿久悠が参加したマンガでそのドラマ化らしい。個人的には金曜ドラマで久世光彦プロデュース、長谷川和彦脚本、そして沢田研二主演という事で記憶される。ただドラマの本放送が自分の幼少期であり、その後の再放送も含め一度もまともに観る事はなかった。

このドラマは1968年に起きた三億円事件がモチーフになっている。事件の時効を待つ主人公可門良。綿密に決行された計画に警察はなす術がなかった。だが執拗に追い掛けていた白戸警部は事件の背景に良の姿を嗅ぎつける。

ドラマの世界観はまさに久世ワールド。水曜劇場で育った身には琴線に触れる演出。例えば音楽の使い方。本ドラマの主題歌はジュリーの「時の過ぎ行くままに」。要所、ラストと彼の歌を重ねる。中でも舞台となるバーではジュリーの弾き語りで聴かせる。加えてデイヴ平尾の歌う挿入歌とその後の水曜劇場での演出が垣間見える。

「時の過ぎ行くままに」は和製「while my guitar gently weeps」だとつくづく思う。似て非なる曲だが、泣きのメロディーにシンパシーを感じる。ちなみにドラマの音楽はジュリーの盟友でもある井上堯之バンド。この曲は大野克夫の手による。昭和の名作ドラマの熱さは彼らだからこそ。

閑話休題。物語はなかなか過激。今ならコンプライアンスで物語の魅力の10分の1も出ない。ジュリーを取り巻く女性たち、そしてベッドシーンも多い。男女が全裸で警察を茶化すくだりもある。だがジュリー、可門良に惹かれる女優陣も魅力的。若き篠ひろ子、大楠道代と肌を重ねる姿は妖艶。ジュリーの姿は美しく、反してタイトル通りに悪魔的である。デスマスク片手にタイトルロールでの微笑は象徴的だ。

配役はのちに関係性が明らかになる藤竜也、同じく兄貴分の荒木一郎、そして白戸を演じる若山富三郎と時に熱く昭和を感じるが、それが懐かしく心地いい。ゴジこと長谷川和彦の脚本は時に緻密、時に大胆に物語を進めていく。この後でジュリーとの再タッグ作「太陽を盗んだ男」(こちらも傑作)との共通性も多い。いや、実にジュリーは犯罪者が似合う。

結末は推して知るべし。だが知ったとして、魅力的な物語である事に変わりない。本作は三億円を巡るファンタジー、実際の三億円事件もファンタジーだったのかも、と思う。だからこそ昭和の都市伝説。そして不世出のスター、沢田研二を知る上で欠かせないドラマなのである。

18081802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧