2017/06/25

「ハクソー・リッジ」を観る

今日はメル・ギブソン監督作品「ハクソー・リッジ」を観てきた。やはりメル・ギブソンといえば「リーサル・ウェポン」シリーズとなるが、監督作ではオスカーを獲った「ブレイブハート」のようなテーマが重い作品を手掛けている。

第二次大戦中、デズモンドは出征する友人たちを黙ってみておられず、自ら兵役を選んだ。だが良心的兵役拒否者(CO)であるために衛生兵として戦地へ向おうとする。しかし訓練する上官たちは決して彼の事をよく思わなかった。そして軍事裁判ののち、デズモンドは出兵。沖縄で日本軍と対峙するのだった。

戦地で銃を持たず、衛生兵として戦ったデズモンド・ドス氏を描いた実話。ただ戦ったのではない。また敵に刃を向ける事もない。彼は信念の下、激戦の中で多くの負傷した兵士を手当の末に助け出すのだ。戦争映画として異色である。

監督の言う建前は、デズモンドが宗教上の理由で銃を持たないようであるが、実は途中挿入される父とのエピソードにこそ真実、監督の本音が隠されている。狂気の戦場下でまともな判断ができないのも真実。戦場秘話というオブラートを被せて(冷静になった時に)、人は銃を向けられるのかと問う。

デズモンドを演じたアンドリュー・ガーフィールド。本作や「沈黙 -サイレンス-」といい、決してメジャー会社製作でない映画への出演は、彼の姿勢を映すものだろう。これからも注目したい。

またキャスティングもいい。サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン、そしてエージェント・スミスことヒューゴ・ウィーヴィング。また部隊の面々の存在感も見逃せない。

アメリカ人から見る沖縄戦であるため、少なからず日本兵の描かれ方に物足りなさがある。そうであっても本作の戦場の凄まじさに目を覆う。そして今想う事。道理が通らない世界。それでもデズモンドの父のように身を以て子を守り、正しい事を訴えていたい。

170625

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/23

「22年目の告白-私が殺人犯です-」を観る

今日は藤原竜也、伊藤英明共演の「22年目の告白-私が殺人犯です-」を仕事帰り、レイトショーで観てきた。韓国映画のリメイクだが、オリジナルは未見。何処までオリジナルが踏襲されているかは判らない。

1995年、東京で4件の連続殺人事件が発生。その事件を追っていた牧村刑事は、先輩刑事と共に第5の事件に巻き込まれてしまう。そして22年。時効が成立した連続殺人事件に対し、その犯人と名乗る男、曾根崎が現れた。そしてその告白本と共に世間を席巻。だが牧村を始め、5つの事件の被害者たちは怒りをあらわにするも、曽根崎の前では何もできなかった…

キモとなる物語の構図はネタバレになるために触れない。とにかくキャスティングが素晴らしい。ヒーロー、ヒール共に演じられる藤原竜也を配役し、前半の劇場型(激情型)演出と後半における心情的な演じ分けに唸らされる。特に前半は藤原の独壇場だ。

その上で敵対する牧村を演じる伊藤英明も負けていない。22年の苦悩を若手時代から現在までを絶妙に演じる。観客は牧村に感情移入し、かつ惹きつけられる。これまで熱血系のキャラクターを演じてきた面目躍如。そして物語は第3幕以降、大きな転換を迎える。

本作は22年の月日をテンポ良く見せつつ、5つの事件の被害者たちの立場を無駄なく織り込み、物語は終局を迎える。劇場型のようで実は登場人物が整理されており、また伏線の回収も巧い。ただ本作は題材が殺人なのでそれらしい辛い描写も多く、誰もに薦められないのが残念。しかしながらサスペンスとして一級品であり、それ系が好きな人にオススメしたい。

170623


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/16

「わたしは、ダニエル・ブレイク」を観る

今日は仕事帰りに「わたしは、ダニエル・ブレイク」を観てきた。007:ジェームズ・ボンド=ダニエル・クレイグではないおじさんが主人公。社会派ケン・ローチ監督による昨年のカンヌ映画祭、パルムドールを受賞した作品である。

心臓に病を持ち仕事に就く事が出来ないダニエル。国へ援助を求めるも、システム化された手続きの前に為す術も無かった。そんな中、同じく援助を求めるシングルマザーのケイティーと出会う。意気投合した彼らは交流を深めていくが、その一方で生活は行き詰まるばかりだった。そして二人に起こる出来事とは...

英国版「グラン・トリノ」と言うべき、頑固親父の戦う姿。ただイーストウッドのような格好良さでなく、笑いとユーモアで魅せる。子供達とのコミュニケーションが木工というのも、大工で身を立てたダニエルらしい。

そんな彼もシステムの前では情報弱者であり、パソコンの操作もおぼつかない。役人の対応はシステマティックで先のダニエルの姿と対照的。ただ中には彼への理解者も現れるが、システム=上司に飲み込まれている。何とも言えない歯がゆさにダニエルの叫びが心に響く。国民のためと国の生むシステムは何とも偽善である。

社会構造の生むジレンマに怒りを覚えつつ、我が国に置き換えてみてもその憤りは変わらないだろう。支える大半の国民は格差ばかりで恩恵を受ける事は少ない。権力を盾に忖度と詭弁を放つ宰相がいる限り。

閑話休題。そうした権力の上の人間は映画の中に現れないが、本作はそうした彼らへ(を)訴えている事に等しい。微笑ましい日常のエピソードの一方で追い詰められていくダニエル。そしてエンディングに訪れる出来事。その余韻に考えさせられる一編であった。

170617

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/03

「LOGAN/ローガン」を観る

ヒュー・ジャックマン主演によるウルヴァリン最終作「LOGAN/ローガン」を観てきた。

マーベル・シネマティック・ユニバースでスピンオフの先駆けとなったウルヴァリン単独作。前二作同様に「X-MEN」シリーズとの接点を持ちながら、独自の世界観で描かれている。ある意味、「X-MEN」のパラレルワールドと考える事もできる。

不死身の体に陰りが見えたローガン、老いのために超能力が制御できなくなったチャールズ。そんな二人の前に謎の少女が現れる。本作は彼らを執拗に追う者からの逃走劇であり、三人によるロードムービー。

時代は2024年、ミュータントは衰退。ローガンは運転手兼用心棒稼業で暮らす。帰宅した彼はチャールズを看る日々。そんな設定だけでこれまでと一線を画す事が判る。物語も然り、残酷描写も多い。これまでのシリーズ、ウルヴァリンの一刀両断さえ、ライトな表現だったと気づく。リアル描写だからこそ、生死を分かつ姿が際立つ事になる。

そんな本作でウルヴァリン/ローガンの物語は終局へ向かう。その手法は劇中で示されたようにズバリ西部劇だ。ロードムービーである事に加え、ローガンの悲壮感とマッチする。アバンタイトルも含めて往年のアクション映画を思わせる。ヒュー・ジャックマン自身、若きイーストウッドに似た風貌を持つために違和感はない。やがて少女との関係にローガンにある感情が芽生える。

惜しまれるのは、観ていて導入部、前半がタルかった感じがした事。だがローラが登場し、キレッキレのアクションを魅せると目が覚めた。やがてローラとローガンの出生が重なり、二人の関係性が深まっていく。その時ローガンは単なるヒーローではない。他作に比して人間的だ。その姿こそ監督が描きたかった点ではないか。

もう一つ残念な点はヒューがローガン/ウルヴァリン役を降りる事。2000年からはや17年。全シリーズを通して同一キャラを演じたのは彼だけだ。ブライアン・シンガー監督と共にウルヴァリン像を作り上げた功績は大きい。本シリーズのファンとして、その集大成たる本作を味わう事ができた。

170603



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/21

「エクス・マキナ」を観る

Amazonプライムビデオで「エクス・マキナ」を観た。昨日の「メッセージ」と同じく、去年から非常に気になっていた作品。まずポスターワークに一目惚れ。だが小品ゆえに近場の映画館では上映されなかった。ちなみに本作は昨年のアカデミー賞で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を抑え、最優秀視覚効果賞を受賞している。

IT企業に働くケイレブは社内抽選に当たり、社長ネイサンの自宅に招待された。ネイサンは大統領でも会えないほどの著名人。そんな彼がケイレブを迎えたのには理由があった。それこそAI知能へのテストを行う事。疑問を持ちつつテストに同意するケイレブの前に現れたのは、女性型ロボットのエヴァ(AVA)だった。

「メッセージ」と同様、大人向けの静かなるSF作品。日本なら「世にも奇妙な物語」にありそうな話。全編ほぼ会話劇であり、時に哲学的。一見、退屈に思えるかもしれない。だが戸惑うケイレブ、ネイサンの思惑、進化するエヴァとの探り合い等に考えを巡らせつつ、オスカー級のビジュアルに圧倒され、間も無くそんな事は気にならなくなる。

キモとなるビジュアル。日本ではリメイク版「キカイダー」が未だメタルスーツを推し出す中、こちらは現実の中に溶け込むCGスーツ。 ヒロインたるエヴァはアリシア・ヴィキャンデルの美しさと相まって、ケイレブ同様に我々も惹き込まれる。その時点で本作は大成功、後半に至るシークエンスに嵌められていく。

本作は「ウエスト・ワールド」「アイ,ロボット」と並ぶAIの進化と未来への警鐘を描くと共に、「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」のような未来的哲学も感じる。福音か、終末論か。終劇に至るプロットはその行く末に思わず夢想してしまう。それがSF作品の醍醐味であり、本作は興味深い一本となった。

170521

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/20

「メッセージ」を観る

今日は前から気になっていた「メッセージ」を観た。最近、母船デザインの元ネタが"ばかうけ”で有名となった作品でもある(監督を巻き込み作られた嘘ネタ)。今年秋公開の「ブレードランナー」続編を監督するドゥニ・ヴィルヌーヴが手掛けた初SF作。観終わるとその体を表す原作タイトル名ではストレート過ぎ、原題は意味深過ぎ、邦題がその中間でオーソドックスな印象。

ある日、全世界の都市に12隻の巨大な宇宙船が降り立った。コンタクトを試みる人類。米国はモンタナに飛来した宇宙船に対し、言語学者のルイーズ、数学者のイアンを向かわせる。そして彼らの前に現れたのは2頭の未知生物だった。

本作は観る人を選ぶ。ひと捻りあるSF好きならマッチすると思う。ただ「インデペンデンス・デイ」のような大味なSF好きには向かない。

前半1時間は人類の困惑と共に淡々と物語が進んでいく。これまで「未知との遭遇」に始まって「コンタクト」「アビス」「インターステラー」等、宇宙や未知生物との関わりを描いたものがあるが、本作はその中でもエンターテイメント性が極力排除された感がある。異文化との接触を未知生物、国際間という二つの側面から描いているのも面白い。

ただその一方で、パーソナルな部分への切り込みは本作が最も強いかもしれない。またそれがクライマックスでのキモとなっている。その展開が如何にもSF的で、挿入されるルイーズのエピソードの数々が、パズルのピースがピタッとハマるが如く納得させられる。ただあくまでSF的な発想であり、それについて来れるかもカギだろう。人によっては「???」って事もありうる。

個人的には本作を観て良かった。ルイーズの運命に我が人生の見方を考えさせられ、SFの奥深さを感じさせる作品である。

170520

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/13

「湯けむりスナイパー」を観る

ファミリー劇場で録ってあった「湯けむりスナイパー」を観た。ずっと気になっていたドラマ。2009年制作、テレビ東京系ドラマ24枠初期の作品であり、のちに「モテキ」を撮る大根仁の作品でもある。「バイプレイヤーズ」のコワモテ遠藤憲一が本作で初主演。

殺し屋の源は穏やかな余生を過ごすため、山里にある温泉宿の仲居として働く事になる。旅館の人々、宿泊客との交流の中、新たな人生を送る源。だが彼の居た組織は黙っていなかった。

作風は大根仁が再度ドラマ24枠で製作した同じ原作者の「リバースエッジ 大川端探偵社」と同様、徹底してハードボイルド。ただこちらはフィルムタッチでなく、明るめのビデオ撮りのためにマイルド感が漂う。とはいえ、男臭いセリフに反しストリップ、温泉入浴にお色気シーンと男子には深夜番組特有の楽しさが溢れている。だから子供の寝ている時間にしか観れないのだが。

遠藤憲一演じる源さんの旅館での不器用さに反したプロフェッショナルな目線、目の保養を含めたカトリーヌ山岸、そのもう一つの姿である山岸トモヨ、旅館の番頭に女将、仲居の由美ちゃんなど等、影ある人生とささやかな幸せ。旅館に集う人々の人間模様が絡み合う。

個人的に気に入ったのは、子供の頃から他人の気がしない番頭を演じるでんでん(「お笑いスタ誕」出身)の名バイプレイヤーぶり、Qを演じる(暗闇司令以来の)長門裕之の存在感、さらに志賀廣太郎は「三匹のおっさん」と違った顔を魅せてくれた事。いいドラマは配役に細かい配慮があるものだ。

毎回正味30分のドラマながら内容が濃かった。そして何より演出・大根仁の世界観の作り方が上手い。クレージーケンバンドが主題歌を含めて音楽を手掛けるが、これがベストマッチ。大根仁は音楽を撮れる数少ない名演出家でもある。

「湯けむりスナイパー」は殺し屋と温泉旅館という一見ミスマッチな設定をハードボイルドでまとめた傑作だ。スペシャル版ドラマの放送があったというが、こちらも是非観てみたい。
「ウィッス!」

170513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/06

WOWOW「リーサル・ウェポン Season1」第1話を観る

WOWOWで録ってあった「リーサル・ウェポン Season1」第1話を観た。メル・ギブソン主演の大ヒットアクションシリーズ「リーサル・ウェポン」のドラマ版。原案、第1作脚本のシェーン・ブラックもドラマ版の脚本に名を連ねる。オープニングタイトル、スタッフ名のフォントもオリジナルを踏襲、ファン心を刺激する。 ただドラマ版の製作総指揮がマックGと判るのにさほど時間は掛からなかった。

マックGというと、ド派手アクションと懐かしドラマをミックスするフィルムメーカー。かつて映画版「チャーリーズ・エンジェル」2作をヒットに導いたが、その中身はプアだった。また「ターミネーター4」もあまりに正攻法で撮ったため、普通のSFアクション映画に終わってしまった。この人の手腕は未だ推し測り難い。

第1話だけで恐縮だが、結論を言うと映画版のカタルシスはない。演者が違う事、テレビドラマゆえの希釈さはやむを得ない。アクションもそれなりにアップデート。シェーン・ブラックの脚本ゆえ、短時間の第1話ながらリッグスのキレぶり、家庭第一のマータフと一様の韻は踏んでいる。

ただそれよりも許せない事。このドラマ版は「リーサル・ウェポン」の魅力を読み違えている点が一つ、それは音楽だ。リッグス、マータフの個性、友情はブルースなんだよ。「リーサル・ウェポン」を今風の軽いビートで語って欲しくない。まるで気の抜けた炭酸ジュースのようだ。

映画版の音楽は最強コラボだった。あのエリック・クラプトンに名サックス奏者のデイヴィッド・サンボーン、そして90年代アクション映画に欠かせなかったマイケル・ケイメン(故人)の3人によるもの。リッグスとマータフの軽妙な掛け合いにクラプトンとサンボーンの巧みな演奏が絡み、壮絶アクションをケイメンのスコアが支える。このコラボを実現したのは、映画版の監督リチャード・ドナーのセンスもあると思う。そんなセンスがこのドラマ版には皆無。やはり劣化コピーを繰り返すマックGなのだなぁと。

ただ第1話で見限るか、もう1話位様子を見たい。ただシーズンを通して音楽の嗜好が変わる事は無さそう。今のところ録り残す事はあるまい。

日本語吹替版として面白い試みは、映画版でリッグスの声を充てていた磯部勉氏が、このドラマ版でマータフを演じる事。吹替ファンとしてこの点が少し妙味に感じた事は触れておきたい。

170506


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/23

「高い城の男 シーズン2(吹替版)」を観る

先週に引き続き「高い城の男 シーズン2」を吹替版で一気に観た。世界観を引き継いでシーズン2の内容は原作にないオリジナル。物語はアメリカを二分する日本とドイツの水面下の争いが主軸となる。

シーズン1は物語が淡々と進んで行ったが、シーズン2はその駆け引きが実に面白い。二国間だけでなく、レジスタンス、そして後に控える「高い城の男」。しかも原作のような戦後ifで無く、戦後SFである事に気付く。フィリップ・K・ディック原作であるから、その位の飛躍はあっていいし、そうで無いと彼らの言動に説得力が出ない。個人的に許容範囲だ。

登場人物だけでなく、映像の力を知っているヒトラーだからこそ恐れる「高い城の男」の持つフィルム。さらにタガミ大臣の”見る時代”は一つの可能性であり、我々の住む現世もその一つ。そう考えると、直近の世界情勢のタラレバがあるとすれば、どんな世界が待っているだろうと思う。

本作の世界描写は本当によくできている。ただVFXに舌を巻くも、挿入される現実のフィルムに本物の持つ恐ろしさを強くする。その上で登場人物たちが魅力的に描かれた群像劇だ。一見ヒールと思われるスミス大将やキド警部でさえ、同情してしまう程。そして単なるナチスの工作員と思われたジョーに意外な事実が突きつけられる。

物語は終局まで突っ走る。特に最終2エピソードのテンションが凄い。シーズン1に魅了された人なら、間違いなくシーズン2は面白いだろう。全10エピソードを速攻で見終えた事がその証明であるから。

17042302


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/16

「高い城の男 シーズン1(吹替版)」を観る

Amazonプライムのコンテンツ、「高い城の男 シーズン1(吹替版)」を観た。原作は既読。フィリップ・K・ディック原作の戦後if。第二次大戦を枢軸国である日本とドイツが勝ち、両国に二分された1960年代のアメリカが舞台。ある出来事からレジスタンスに加わるジュリアナ、その恋人フランク、日本の貿易大臣タガミ、ナチス親衛隊大将のジョンらによる物語。

原作はあくまでオムニバスであり、登場人物たちは他のエピソードで一切絡まない。しかしこのドラマでは徐々に絡み合い、最後大きなうねりとなる。また「高い城の男」「イナゴ身重く横たわる」は原作とは異なる形で登場する。

そもそもディックの映像化の場合、全てが原作通りとはいかない。ディックの持ち味は、その世界でのパーソナルな部分の描き方にあるからだ。シーズン1、全10話もそうしたアプローチが垣間見え、ドラマとしてはゆっくり、淡々と進んでいく。ただこのドラマの見どころは、原作では読者の想像力に任せたifの世界が映像化された事だろう。

サンフランシスコは日本語、日本文化に溢れた街並み、「JAP」と裏で陰口を叩く人々。街ではスバル360やトヨタカローラが走る。あるエピソードで劇中曲として「上を向いて歩こう」が流れるのだが、果たしてその世情でこの歌が生まれただろうか。一方、ドイツに統治されたニューヨークは整列然とした街にナチス将校たちが現れる。 その上で原作は1エピソードに過ぎなかった日本とドイツの攻防が、このドラマで大きな軸となっていく。

この物語に難があるとすれば、ヒロインに感情移入ができない事だろう。何しろ恋人の家族を巻き込むだけでなく、彼女の後に血が流れない事はない。それがこの物語が描く時代なのか。日本人としてみれば、タガミやキド警部の想いのほうが近い。最終話、タガミの見た世界、そしてドイツのラスボスが恐れた世界が興味深い。繋がるシーズン2はどのように描かれるか楽しみだ。

17041602


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧