2024/04/12

「アイアンクロー」を観る

今日は「アイアンクロー」を観てきた。プロレス黎明期、鉄の爪で名を馳せたフリッツ・フォン・エリックと4人の息子たちを追った実話ベースのドラマ。次男ケビンが放つ「呪われた一族」と言うセリフはかつてのプロレスファンなら知らぬ者はいない。プロレスへの愛情に反し、4兄弟は過酷な運命を辿っていく。

父の代名詞が映画のタイトル。実は彼ら兄弟を縛っていたのがアイアンクロー=父フリッツであった事を知らされる。兄弟で起きた事は兄弟で対処しろ、その一方で外堀を埋めるようにプロレス界に引き込むフリッツ。そんな父の言葉に「Yes sir」とただ答えるだけ。プロレス以外に退路は与えられないのだ。

このドラマに惹き込まれるのは僅かに感じる愛情に圧倒的な父、フリッツを演じるホルト・マッキャラニーの存在感。その対極に兄弟を支える次男ケビンを演じたザック・エフロンの悲哀。ビルドアップした肉体の説得力も凄く、ヤングスターの頃の面影は皆無。彼ら兄弟の愛情が深い程、それぞれのエピソードが心に刺さる。

しかも子供の頃、プロレス中継が楽しみだった世代には堪らない試合再現。ブルーザー・ブロディにハーリー・レイス、トドメはリック・フレアーと程よく似た配役。ちなみに長髪だったケリーの出た全日本プロレスのテレビ中継をおぼろげに覚えているんだよなぁ。実況は倉持隆夫アナでね、たぶん。

プロレス(引退後はマネージャー的役回り)に厳しい父、強い信仰心の母。この兄弟、家族の始まりは誰がみても幸せで一杯だったのに、運命と片付けるには悲し過ぎる。ただ一人ケビンがプロレス界を離れて映画は終わる。彼が家族同士でフットボールをパス回しする姿はある種の結論なのだと思う。

240412_01

| | コメント (0)

2024/04/06

午前10時の映画祭14「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」を観る

今日は盟友N氏と午前10時の映画祭14「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」を観てきた。1981年公開のアメリカ映画。原案ジョージ・ルーカス、主演ハリソン・フォード、監督スティーブン・スピルバーグによるご存知インディ・ジョーンズシリーズ第一弾。

公開当時は映画館で観る事無く、のちにレーザーディスクでヘビロした作品。活劇の面白さが詰まった傑作。それは40年以上経った今も変わらない。今回は4K上映にIMAX程でないが、巨大スクリーン一杯のスコープサイズで展開される。こんな劇場で観られて感謝、感激、感動しかない。

とても驚いたのがリマスターされたであろう音響。
特徴的なインディのパンチ音と銃撃音はヒーロー然として心地いい。レーザーディスク時代に聴き込んだサラウンドもさらに効果的な印象を受けた。冒頭からホビト族に追われる件まで一気に物語へ引き込まれる。

シリーズを通してインディの宿敵ともなるナチスとのアーク《聖櫃》を巡る攻防。当時ヒット作連発、向かう所敵なしのスピルバーグの演出が素晴らしい。全てのプロットが秀逸。カイロに入っての街中での追いかけっこ、発掘後のトラックチェイス、また少しドライでコミカルなマリオンとインディの恋愛模様も。

キャストはハリソン・フォードを含め皆若く、そんなこの作品の良さはアクションシーンにあり。CG全盛の今と真逆を行き、本当に手に汗握る活劇。もちろん午前10時の映画祭14では「魔宮の伝説」「最後の聖戦」が控える。でも気を付けてくださいよ。インディ・シリーズは一週間ずつの上映ですからね。

240406_01

| | コメント (0)

2024/03/31

「落下の解剖学」を観る

今日は「落下の解剖学」を観てきた。昨年のカンヌ映画祭でパルムドールを、今年の米アカデミー賞で脚本賞を受賞した法廷スリラー。山小屋に住む夫の転落死から小説家である妻サンドラに容疑が掛かる。そして状況を知るのは視覚障害を持つ息子のダニエルだけ。法廷は容赦なくそんな二人を晒していく。

事前、2時間ほどの上映時間と勘違いしていたが、きっちり2時間半以上の作品。冒頭から50centのP.I.M.P.がやかましい。まず観る側が妻サンドラに疑いを持つのは当然。だがこの作品の面白いのは犯人捜しだけでは無い事。途中から彼女の立場を危うくする事態が明かされていく。夫婦とは何か。夫婦間での痛みの共有、偽りの共感等はとても他人事に思えず、時間を忘れ物語に引きこまれていった。

舞台であるフランス語が大半ながら、ドイツ人であるサンドラが共用語として夫と英語で会話する。それも二人の間の特殊性。あえて彼女は法廷でも英語で話す。英語とフランス語で交わされるやり取りも絶妙。しかも不利な立場に陥りつつ、けっして引かないサンドラを演じるザンドラ・ヒュラーの見事な演技。ある種女性の持つ怖さを体現している。

もう一つ物語に寄与しているのが息子のダニエル。この作品はあくまで家族の物語。夫婦に亀裂が起きた理由の一つはダニエルの事故だし、カオスと化した法廷で何が正しいのか見つめ直すきっかけも彼。父親とのやり取りを克明に再現していく。そんな中である事実を示すダニエルの愛犬がなかなかの名演。

また法廷劇として面白くしているのが、検事役のアントワーヌ・レナルツ。法廷に女子供は関係なし(判事がダニエルに配慮する場面はあったけど)。ただそれは監督・脚本が女性であるジュスティーヌ・トリエである事が大きいのかも。作り手が同性だからこそ劇中とことんサンドラを追い詰める。そんな「落下の解剖学」は法廷劇の傑作だ。

 240331_01

 

| | コメント (0)

2024/03/30

「オッペンハイマー」【IMAXレーザー字幕版】を観る

今日は盟友N氏と「オッペンハイマー」【IMAXレーザー字幕版】を観てきた。クリストファー・ノーラン監督最新作であり、今年の米アカデミー賞を総なめにした作品賞受賞作品である。原爆の父と呼ばれるJ・ロバート・オッペンハイマーの生涯を追った伝記映画。

上映は3時間、とにかく情報量の多さは随一。昨年放送NHKBS「ザ・プロファイラー」で彼の事を採り上げられて下地はあったものの、字幕を追うハンデ、ハイテンポな演出、異なる時間軸と相まって、脳味噌がオーバーフローする程に理解が追いつかないシーンもあった。

ただこの作品の魅力は映像の力。その語り口にオリバー・ストーンの「JFK」を思い出した。その全ては解らないまでも徐々に圧倒的ストーリーテリングに引き込まれていく。カラー、モノクロを使い分けてアインシュタインに諭された「新世界」前後の物語を軸に、もう一つ狡猾なストローズとの抗争が描かれる。

この映画は実話「太陽を盗んだ男」しかし原爆を作る過程、リアルさは日本の「太陽を盗んだ男」が上。元々オッペンハイマーは開発統括の立場。本作では原爆が作られる過程、戦況、人間関係、共産主義者と接触の多かったオッペンハイマーの顛末が生々しい。兵器開発から立場を翻した後の境遇の変化にも驚かされる。

なお本作の広島、長崎の描き方はあくまで開発者目線。ドイツ降伏の後、ポツダム会談に追われる原爆開発。そんな中で行われた試験のリアリティ、閃光と轟音の凄みにIMAXと相乗効果にさすがノーラン作品と思わされる。だが研究所の中で称賛され、壇上に立つオッペンハイマーの感じた幻覚、ある種の違和感にその恐ろしさは充分伝わってきた。

なお事前、中学生の子供を連れて行こうと思っていたが、それは止めてよかった。すなわちそういうシーンがあるという事(グロの方ではありません)なのでご注意を。

240330_01

| | コメント (0)

2024/03/24

「マーベルズ」を観る

今月からWOWOWのプレゼントでディズニープラス3ヶ月無料。そこで劇場はパスしたMCU最新作「マーベルズ」を観る事にした。キャプテン・マーベル、キャプテン・ランボー、そしてミズ・マーベルによる新チームの活躍を描いていく。

「キャプテン・マーベル」の続編であり、世界観はテレビシリーズ「ミズ・マーベル」の影響が強い。カマラの精神年齢に引っ張られているというか、日本でいう戦隊ヒーロー番組まで観客レベルを下げている。だから観ていて気恥ずかしくなる位に物語はバカバカしい。とても大人の鑑賞に耐えない。

徹底したコメディならまだしも内容は微妙。ある惑星が窮地に追い込まれたエピソードが織り込まれるが、物語の大半が能天気に展開していく。その救済策にミズ・マーベルのバングルが関係するが、大義や理屈は存在しない。子供が観て何となく楽しめればいいという出来。

それでもVFXだけは凄いんだよなぁ。ハリウッド大作だから戦隊ヒーロー番組のような手抜きは一切無い。セットもモブシーンも力が入っている。でも本来力の入りどころたる物語がスッカスカだから観る気は失せちゃう。「梨泰院クラス」のパク・ソジュンも登場するが、突然のミュージカルシーンに絶句する。

キャプテン・マーベル自身がパワーインフレ状態のヒーローだから、頭を使うような物語を必要としないのかも。ただマーベルお馴染み、エンドロールでの他作との繋がるシーンには唸らせられた。いよいよあの超能力チームと繋がる日が来るとは。それだけは楽しみにしたい。

240324_01

| | コメント (0)

2024/03/23

「M3GAN ミーガン」を観る

今日はAmazonプライムビデオで「M3GAN ミーガン」を観た。2022年公開のアメリカ映画(日本公開は2023年)。事故で両親を失い叔母のジェマの下へ引き取られる少女ケイディ。そんなケイディの世話に苦労するジェマは会社で開発していた玩具人形(M3GAN)を与えるのだが...

「ソウ」のジェームズ・ワンによるプロデュース。「ターミネーター」「チャイルドプレイ」の系譜となるホラー作品。そもそも劇場予告編で気になっていた作品だが、昨年末ラジオ「ビバリー昼ズ」にみうらじゅん氏がゲスト出演した際、その年気になったベスト3に挙げられていたのが本作だった。噂に違わず面白い。

次々に不慮の死が続き、最終的に主人公VSミーガンがクライマックスとなるのだが、オカルトに走らずにAIの深化を上手く物語に繋げて最後まで飽きさせない(かといってそこまで知的さは無いけど)。ミーガンの可愛さ半分怖さ溢れる表情、キモ可愛い動作(劇中のダンスとか)もなかなか心憎い。

系譜となる作品に限らず様々なオマージュも感じられる(例えば「エイリアン2」とかね)。続編を匂わせるラストはこの作品に対する自信の裏付け。傍若無人の活躍ミーガン役のスタントアクト、エイミー・ドナルドの背が伸びないうちに撮るのかな。いや、もう撮ってた(2025年公開らしい)。舞台裏の動画を含めて楽しませてもらったよ。

240323_01

| | コメント (0)

2024/03/20

「デューン 砂の惑星 PART2」を観る

今日は休みになったので「デューン 砂の惑星 PART2」を観てきた。前作からのキャスト、スタッフが継続、監督はもちろんドゥニ・ヴィルヌーヴ。166分の上映時間、最初から最後までありとあらゆる圧で攻めた作品。特にハンス・ジマーの劇伴(IMAXで観なかったけど)はSEと相まって体にビンビン響いてくる。

フレメン側で救世主と崇められていくポールの成長ぶりが見どころのPART2(正確にはPART TWO)。前作からのアトレイデスVSハルコネン家の対決を軸に、そこに控える皇帝、さらに糸をひく教母らの狙いが次々と明かされていく。そしてポールと対峙するのはハルコネン家のフェイド=ラウサ。1984年版でスティングが演じたキャラだが、その風貌と凄みに圧倒される。

全編にユーモアは皆無。だからこそ物語とポールの存在感が際立つ。正統派SFゆえにとにかく真面目、全編で観る側に息苦しさ感じる程。そんな中、ポールとチャニの関係に進展が見えてくるが、フレメンにアトレイデス家、惑星アラキスの運命を背負う身となってポールは苦渋の決断を迫られる事になる。

テレビサイズでは魅力半減間違い無し。スクリーンでしか伝わらないクライマックスでの総力戦は圧巻。ただ前作同様、空中戦にスターウォーズのようなビークルのカッコ良さは無い。一方この作品らしい巨大な砂虫を操ったスピード感と迫力ある攻撃。ただネットニュースで見た通り、あの速度で直進する(物理的に可能?)姿がやけに気になってしまったけど。

当然、前作鑑賞は必須。さらに新キャラが多数登場し華(フローレンス・ピューにレア・セドゥら)を添える。クリストファー・ウォーケンもいいが、やはりシャーロット・ランプリングの存在、ベールの奥の表情が怖い。そして対極的に立つレベッカ・ファーガソンはこれまでと別人、まるであの琵琶法師のように。本作の女性キャラはある意味皆怖い。

今回の結末にスケールの大きさ、ゼンデイヤ演じるチャニの表情を受け、どのように完結篇が描かれていくのか楽しみ。先(スピンオフ作の後に完結編との事)は長いが、最後まで見届けたいなぁ。

240320_01

| | コメント (0)

2024/03/17

「青春ジャック 止められるか、俺たちを2」を観る&舞台挨拶@シネプラザサントムーン

きょうは「青春ジャック 止められるか、俺たちを2」を観てきた。白石和彌監督の前作を受けた続編であり、若松孝二監督と名古屋映画ファンの聖地シネマスコーレと本作の井上淳一監督自身の青春がクロスオーバーした快作。主演は前作同様、若松監督を井浦新が演じる。そして我が映画鑑賞主戦場の一つ、シネプラザサントムーンで作品上映と舞台挨拶が行われた。

前作と地続きの世界観(前作、本作とも井上監督による脚本)に強烈な若松監督の存在感。前作にあったアクの強さは若松監督に任せ、井上たちが映画に取り組む姿と現場の厳しさの対比。劇中の井上、そして金本がもがく姿さえ清々しい。もう一つ物語の軸がシネマスコーレの誕生と紆余曲折。支配人となる木全を演じる東出昌大もいい味を出している。

舞台の80年代とその文化、映画が懐かしい。間違いなくその空気を満喫した。
例えばビクターのセパレート式ビデオデッキとカメラの組み合わせ。そして「不適切にもほどがある」を地でいくような当時のビデオ販促事情とか。そのタイトル、今の若い子達には判るまい。あと目に入る車両は当時のものに拘り、スズキマイティボーイの正面が映った時には嬉しかった。

前作の全共闘世代から時代は受験戦争へ、そんな変化も受け取れる。あえてあの人が今のまま本人役で登場、そんな河合塾絡みのエピソードも面白い。とにかく映画が好きならこの作品を観る資格があるし。いずれ聖地巡礼、シネマスコーレへ行ってみたいなぁ。

舞台挨拶は井上淳一監督、井浦新、芋生悠、杉田雷麟の4方が登壇。質疑からティーチインスタイルで40分近く行われた。こういうのってなかなか生で観られないもの。役への取り組みや本編エピソードに関して披露された。井浦さんの語る若松監督像が興味深い。下唇をね。映画の中の井浦さんの存在感は凄かった。

その後はサイン会。そんな気がして上映前にパンフを買っておいたけど、俺やっぱいい勘してる。先日「ビバリー昼ズを聴きましたよ」と杉田雷麟くんに声を掛けたところ、「大丈夫でした?」と返された。ラジオから映画の魅力は伝わっていたよ。でもまさかここで舞台挨拶があるとは。

ティーチインの中で井上監督が話していたのだけれど、前作実現しなかったサントムーンでの舞台挨拶に遡るらしい。しかも直後のコロナ禍を経て様々な形での劇場支援、その中でサントムーンとの関係が生まれたそう。今回、静岡県横断で3館の舞台挨拶が実現したようだ。是非、監督次回作でも舞台挨拶があるといいなぁ。

240317_02
240317_01

| | コメント (0)

2024/03/14

「第96回アカデミー賞授賞式」を観る

240314_01

WOWOWで11日夜放送された「第96回アカデミー賞授賞式」ノーカット版を観た。毎年恒例、映画界の祭典米国アカデミー賞。3時間超の長丁場をその当日から数日掛けて観るのも恒例。既に結果を知っていても見入ってしまう。

昨年同様、司会はジミー・キンメル。中間選挙を控えハリウッドはリベラル強しとトランプを皮肉る。それだけでなく長編ドキュメンタリー賞「実録マリウポリの20日間」での重みある受賞コメント、その他パレスチナ問題を意識した発言があったり。いつもそこに一線を引く日本との違いから少し羨ましく思う。

舞台はいつもと同じドルビーシアターながら、例年に比べてあっと言う間に終わりコンパクトな印象に感じた(実際短かったし)。演出上の見どころは俳優賞のプレゼンターに過去の受賞者を登場させた事。各賞で5人、そのうち直接のプレゼンターが前年の受賞者というわけ。オスカー受賞者が各候補者を労いつつ、褒め称える演出。

友人や先輩から声を掛けられると感極まる候補者、さらに受賞者発表。そして界隈を騒がさせた事件が起きてしまう。その詳細はネットニュースにもあるが、それを意識して観てしまうと不思議とそう見えてくる。結果から言うと、例年通りに前年の受賞者が贈呈するスタイルが良かったのかも。

ただ放送最後の映像で流れたバックステージ風景(助演男優賞での集合写真)に「誤解だったのでは?」と少しだけ感じたけれど。

作品賞を始め今年のアカデミー賞を席巻したのは「オッペンハイマー」。色々な意味を込めてとにかく観たい。その同じ年、同じ核を軸にした「ゴジラ-1.0」の視覚効果賞受賞は知っていても鳥肌ものだった。山崎貴監督の言う「オッペンハイマー」へのアンサー作品にも期待したい。

「君たちはどう生きるか」は他のノミネートに比べ、テーマだけでなく宮崎アニメ特有の演出と画力が勝ったものだと思う。あとバットマン=マイケル・キートンVSシュワとダニー・デビートのヴィラン二人の対決シーンは俺的に大きなみどころになったよ。(おしまい)

240314_02


| | コメント (0)

2024/03/10

「アメリカン・フィクション」を観る

今日はAmazonプライムビデオで「アメリカン・フィクション」を観た。明日発表、今年のアカデミー賞作品賞、主演男優賞、助演男優賞にノミネートされた作品。日本未公開だが、配給元のMGMがAmazon傘下となったために観る事ができた。そもそもアカデミー賞候補だからといって日本で観られるわけではないが、その点では少し嬉しい。冒頭のアメリカンジョークについていけなかったが、少しずつこの作品の毒がクセになっていった。

主演は大好きな俳優のジェフリー・ライト。007のCIAフリックス・ライターから「ウエストワールド」のアンドロイドまで演じてきているが、今回はコメディー。如何にも真面目な風貌の彼が演じるのは実力はあるも売れない小説家。少なからずファンはいる反面、本人の認識とは別に黒人文学に分別されたり、燻っている最中だった。だが家族の死別の後に手掛けた作品が大きな反響を受ける事になる....

物語は出版界や映画界への皮肉を軸に現代アメリカ社会を映しつつ、家族や人間関係を描いていく。マーケティング至上主義、その内情と葛藤する主人公の姿はまさにコメディー。そんな立場にジェフリー・ライトはよく似合う。主人公の名前はセロニアス、ミドルネームはモンク。知る人ぞ知るジャズ・ピアニスト奏者セロニアス・モンクを模したものだが、かといって彼の演奏が映画の中で流れるわけではない。

一方で家族関係は複雑。兄妹(その兄はいわく付き)は医者だし、唯一仲の良かった父(故人)は他の家族と袂を分かつ。そしてモンクの母親の姿は現代社会の鏡。この作品全般毒の効いたコメディーだが、母親の描写だけはシリアスで少しだけ温かい。激しいサイレンで駆けつけた救急車を見て血相を変えるセロニアスの件、その顛末にはとても笑ってしまったが。

結末、実は何を観させられていたか。「アメリカン・フィクション」というタイトルはそれを物語っているのでは?映画が描くものとは?ストーリーテリングの中でまんまと嵌められてしまった気がする。この作品なら劇場で観たかったなぁ。

240310_01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧