2014/11/30

2014ジャパンカップを観る

14113001

 今日は東京競馬場でジャパンカップを生観戦した。朝家を出て10時半に着き、席を取ってくれた先鋒隊と合流。前の晩から滞在し、エンジンの掛かり具合が伝わってくる。ジャパンカップのオフィシャルパートナーがロンジンになり、ゴールを含め国際競走らしい装い。到着も後追いのためテンションは上がらず7レースまでは見。遅れて8レースから馬券を買うことにした。

 8レースの本命はハコダテナイト。1000万条件では抜けた存在だが、休み明けと僅かながら連対馬体重を超える点が気になった。とはいえ、ここは来ての初勝負ゆえそのまま馬券を買う。ハコダテから馬連、馬単を勝負。しかしレースは直線、伸びあねぐハコダテに沈没。友達に馬体重以外は死角無しと言い切ったが、その馬体重こそが仇となった。

 9レースのキャピタルSは2頭軸で攻める、4番のシェルビー、16番のエールブリーズから。その作戦は正しかったものの、2着にロサギガンティアが入ってマイナス収支。せめて3連複でも買っておけば良かった...

 10レースは外枠の岩田のサフランディライトから馬連、馬単勝負。だが条件クラスで東京芝2000メートルの外枠とくれば相当抜けていないと勝てない。結局、蛯名のフレージャパンが突き抜けて1着。ちなみに蛯名はこの勝利で通算2300勝との事。おめでとうございます。

14113002

 本番のジャパンカップはどう考えてもスローペースしか思い当たらず、ジェンティルドンナとワンアンドオンリーからの馬連、馬単で勝負した。ただジェンティルの馬単は配当を考え2着付け。しかしそんなペース判断が覆されるとは露と思わなかった。

 サトノシュレンの逃げは予想通り。だがその予想は覆されたのが、1000メートルを過ぎてからのラップだった。11秒台の連続、息の抜き場がない。そんな中、4番手で折り合っていたスミヨンとエピファネイアが、そのまま直線で後続を突き放して優勝。菊花賞馬らしく肉を切って骨を断つようなスタミナ勝負。勝ちタイムは2分23秒1。2着にレーティング世界一のジャスタウェイ。ほとんどの馬は35秒台の上がりが精一杯だった(最速はスピルバーグの34.8秒)。今年、ダービーや天皇賞・秋はスローの瞬発力勝負ばかり。昨年のジャパンカップもそうだった。それゆえ似たメンバーではスロー必至と思ったのが運の尽き。普通なら見逃さないエピファ-ジャスタと人気馬の縦目を喰らった。

 それにしてもジャパンカップ。世界のチャンピオンディスタンスを競うレースながら、段々とその重みを失った。賞金の増額は一部生産者を喜ばせているだけで、今年も外国馬3頭のみの参戦で掲示板にすら載らなかった。今や日本のトップホースは凱旋門賞を目指す時代。しかもシーズン末期の世界競馬はジャパンカップをスキップし、香港国際競走を目指す。本当はジャパンカップダートより、ジャパンカップこそチャンピオンズカップと改名すべきだっただろう。いやジャパニーズカップのほうが今のJCにはお似合いだと思う。

 来年以降、ジャパンカップを観に行くことはないだろう。片道3時間の道中。遠征に費やすエネルギーと対価を考えれば自宅観戦が望ましい。それが今のJCに想う素直な気持ちなのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/06

「誰も書かなかった 武豊 決断」を読む

140506

 島田明宏著「誰も書かなかった 武豊 決断」を読んだ。天皇賞・春で一番人気に支持されたキズナ、武豊のコンビであったが、追い込んで4着と惜敗。ただここ数年、競馬界で逆境に立たされた武豊が、復活のキッカケを生んだのがキズナとの出会いと言っていい。鮮烈なデビューからスペシャルウイークでの初ダービー制覇、自身が重圧に耐えて騎乗したディープインパクト、そして今までの姿を武の「心友」である著者の目を通して振り返る。まるで武豊の道程を間近で見る思いがする作品だ。

 国内での実績はこれまで伝聞されたものも多いが、そこに裏打ちされた勝負師、武豊の姿がこの本に著されている。常にプロフェッショナルである武の本音が著者の目を通して感じられた。平成三強(イナリワン、スーパークリーク、オグリキャップ)の全て、伝説の桜花賞出遅れ、サイレンススズカの死、そしてディープインパクトの衝撃等、読みどころは多い。中でもダービーを勝つまでの試行錯誤は5勝という形で今も続いているが、そこに至った意識こそが成せる業なのだろう。これからも若駒から彼が騎乗、ダービーに参戦した馬に注目せざる得ない。

 本作で特に興味深かったのは海外での騎乗の事だ。海外GI制覇ばかりに目が行き、アメリカ、フランスと長期滞在での出来事はこれまであまり伝わって来なかった気がする。思うように進まなかったアメリカでの最初の武者修行からのちにフランス、ハモンド調教師からのオファーに至るまで確実に実績を積み、世界的な評価に至っている騎手は日本で今や武豊以外にいない。それだけにフランスで本格参戦した最初の年に途中ケガで帰国を余儀なくされた点が残念でならない。

 その後、ご存知有力個人馬主との確執、2010年の落馬以降での騎乗馬の激減に至る。今の社台グループとの関係は著者の言葉は少ないが、生産界と騎手の最強コンビこそが世界で戦うべきと言っているし、ボクもそう思う。短期で効果を上げる外国人騎手起用にばかり向かうだけが日本競馬の未来ではない。そしてこれまで武豊が築いた人の繋がり、実績こそがキズナでの復活、GI100勝目を後押ししたのだ。とにかくこの本では実に一つ一つのエピソードが細かく描写されている。読み始めるとあっという間。春のGI真っ只中、是非この本でこれまでの武豊、彼の競馬の旅を追体験してみてはどうだろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/27

岩田騎手の騎乗について

140427

 4月27日第2回東京競馬2日目第10レースの直線、勝負どころで岩田騎手騎乗のリラコサージュが大きく斜行し、その煽りを受けたジャングルハヤテ騎乗の後藤騎手がバランスを崩して落馬、その後のレースの騎乗を取り止めた(頚椎骨折と診断)。両者は2年前のNHKマイルカップでも同じような状況で加害馬、被害馬の騎乗者となっているため、競馬ファンの間では「またか…」の声が強く上がっている。長期戦線離脱、辛抱強く待ちやっとの思いで昨秋復帰、だが再びどん底に落とされた後藤騎手の心中を察すると非常につらい。病床での歯がゆさは僅かだが体験したからこそ解る。

 これまで岩田騎手の騎乗でラフプレイとされるもので挙がるのが、昨年の安田記念だろう。短距離絶対王者のロードカナロアが差し切り必至、浜中騎手騎乗で追い込んできたショウナンマイティに接触し、結果これを2着に退けた。タラレバを言えば、勝ち負け、逆転があったかもしれない。また一昨年、あの最強馬オルフェーヴルとの叩き合いを制した、ジェンティルドンナでのジャパンカップも相当なラフプレイだった。当時大手馬主たちはインターフェアと擁護したが、彼らの言う「欧米並の騎乗」という考え方(彼らに配慮したJRAの迎合も含めて)は日本競馬の正しく進化した姿なのだろうか。これまでJRAは時に厳しく、また甘く一年を通して安定した裁決ができた試しがない。

 落馬とは不可避な事故だ。特に競走馬(加害馬、被害馬によらず)の骨折、予後不良による原因の場合は仕方ない。その上トップジョッキーたちが言うように、プロである以上常にギリギリのところを突く判断、騎乗が求められる。だが競馬における馬群とその流れを考えた時、周り(安全、公平性)への配慮が必要となる。それもプロのすべき事。だが岩田騎手の場合、常に負けん気の強さ、勝利への貪欲さが上回るのだろう。今回のパトロールビデオを見ても、行ってから気が付くほど事前の目配りができていない。先の一昨年の騎乗停止後、ダービージョッキーとなり男泣きした際の美談も、その後与えられた名誉に値した騎乗を続いているかは疑問。トップジョッキーなら謝罪やうわべの言葉より態度、騎乗でその威厳を示して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/23

オルフェーヴル三冠達成おめでとう!

 オルフェーヴルの菊花賞、貫禄の三冠達成だった。前走増えた馬体重がさらに増えるも、パドックでは太め感なし。光る栗毛と相まって筋肉が躍動していた。馬券は当然のオルフェ1着固定、ウインバリアシオンの2、3着マルチに何頭かヒモへ流した。Wバリアシオンが2着、トーセンラーが3着、三連単2,290円。儲けはそこそこだったが、春夏の惨敗ぶりを振り返ると、2週連続GI的中は嬉しい。

 強い馬が強い競馬で勝つ事、それが競馬の醍醐味である。馬群中段でレースを進めたオルフェに対し、最後方待機のWバリアシオンと対照的な競馬。今日のオルフェーヴルは明らかな横綱相撲。Wバリアシオンは奇策、いやオルフェを負かすための競馬が、オルフェの強さを際立たせる事になった。勝ったオルフェがレコードに0.1秒差、2着に2馬身半の差からも、オルフェの自滅以外、逆転の目は無かっただろう。

 ナリタブライアン、ディープインパクトの三冠達成を直に京都で観に行ったボクにとって、今回行けなかったのは残念。しかし三冠の重みは無敗で達成したディープインパクト以降、三冠の価値は過去のものであり、古馬と戦って勝ち抜いてこそ肩を並べられる。だから今回は京都で観なくてもよかった。でも三冠達成の道程はそれ以上の結果を期待させるものだと思う。早ければJC、遅くとも年末の有馬記念には古馬との戦いとなろうが、とても楽しみだ。

 来週の天皇賞・秋は今後三冠馬との挑戦を受ける古馬勢の戦い。宝塚記念の再戦となる古馬の頂上決戦にブエナビスタの連覇が掛かる。本格化したアーネストリーに復活したローズキングダムの三つ巴。でももしJC以降、オルフェーヴルが参戦したら、オルフェからの馬券になるだろうな。もちろん来週もGIを当てたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/29

第78回日本ダービー、オルフェーヴル圧勝

110529

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/27

ヴィクトワールピサ、ドバイワールドカップを制す!

 痛恨の出遅れだ!でも気持ちのいい出遅れ(寝坊)だったと言ってもいい。目が覚めたのは午前三時半。何とドバイ、メイダン競馬場へ乗り込んだチームジャパンのヴィクトワールピサ(栗東・角居)がドバイワールドカップを制した。JRAのサイトはまだ静か。そこでDubai World Cupの公式サイトに動画があったので、そちらでレースをチェックしてみました。確かに勝ってましたよ。しかも日本馬がワンツーフィニッシュ!

 レースは藤田伸二のトランセンドが逃げる展開。ヴィクトワールピサもブエナビスタも後方に置かれて進む。流れは明らかにスロー。業を煮やした、いやペースを読み切った鞍上デムーロは中盤でヴィクトワールピサを二番手まで押し上げた。まずこの判断が素晴らしい。そして直線に入るとそのままトランセンドが逃げ込みを図る。そして粘る粘るトランセンド。番手のヴィクトワールピサが計ったようにトランセンドを差し切った。勝ちタイムは二分五秒九四。着差は半馬身だが完勝だった。

 もちろんデムーロの騎乗も素晴らしかったが、二〇〇〇メートルという距離も幸いしたのではないか。去年のダービー、凱旋門賞もジャパンカップも距離を言われた馬。同じく展開を味方にした有馬記念より、皐月賞のほうが強かったからだ。この後、ヴィクトワールはどんな路線を踏むのだろう。宝塚からキングジョージへ?同じステップを踏む外国馬が出てくるかもしれない(嘘!)。

 またニコニコ生放送でも言っていたが、新潟のローカル重賞レパードSを勝った馬が、ドバイWCの二着というのも興味深い。今すぐレパードSはG2に格上げだ(冗談)。それとジャパンカップダートは早く東京開催に戻して下さい。あんなコース、距離では海外から参戦してくれません。ドバイWC二着馬が胸を貸す事ができませぬ。いやトランセンドも海外転戦か?と競馬ファンは饒舌にならずにいられない、日本時間27日未明の出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/30

今年のダービー回顧

 豪華メンバー、二強、三強と呼ばれた今年の日本ダービー。しかし前日の土曜日、その一角であったダノンシャンティが骨折により取り消し。残る二強が日曜のレース直前まで一番人気を取り合うデッドヒート。前走皐月賞を抜群の瞬発力で抜けたヴィクトワールピサ、四戦負けなしでトライアルを鮮やかに圧勝したペルーサ。マッチレースになるであろう二頭の戦いをほとんどの競馬ファンが待つかのようなオッズの変化過程であった。

 だがそんな思惑は発走まもなく崩される。横山典弘のペルーサはいきなりの出遅れ、後方待機を余儀なくされる。一方のヴィクトワールピサはコースロスを嫌うかのように好位の内でじっと待機。そして両者のレースに対する歯車は狂い始める。その一端が中弛みになったラップタイムにある。途中グッと落ち着いてしまった事で完全な上がりの競馬になってしまった。当然、後方待機のペルーサは四コーナー途中から早めに動く事になり、ヴィクトワールピサも抜け出す好機を待つところだった。

 ところがペルーサのスタートロスを補える程、展開は許されず末脚は不発。また一方のヴィクトワールピサも勝負どころで被せられ、すぐに外へ出せずじまい。追い出せた時には先に抜け出した積極策の二頭、エイシンフラッシュとローズキングダムが真のデッドヒートを繰り広げていた。上がり三十二秒台の究極の上がり勝負。彼らを捉えられなかった人気の二頭、そこに成す術は無い。結果、昨年リーディングの内田博幸がダービージョッキーの座をもぎ取ったのだった。

 究極の上がりに勝ちタイムは平凡。ダービーは勝つべき、そんな背景のある馬に価値がある。果たして今年のダービー馬にそんな価値はあるだろうか。皐月賞三着、堅実さは認めても、エイシンフラッシュがこれからの日本競馬を引っ張っていく存在に思えない。出遅れのノリは論外、ヴィクトワールピサの岩田こそ、もっと積極的にレースを進めるべきではなかったろうか。去年は天気に泣かされたが、今年は騎乗ミスとも思しき、自分自身を悔いる事になってしまった。とにかく今年のダービー程、いろんな意味で記憶に残らない、いや残したくない年はないだろう。

100530

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/29

ジャパンカップ、トップジョッキーの明暗

 今年のジャパンカップは様々なドラマの明暗に溢れたものだった。中でも大きかったのは戦前におけるウオッカの鞍上交替だろう。秋の天皇賞(3着)の結果を受け、オーナーサイドの意向で主戦の武豊から、クリストフ・ルメールへスイッチ。お手馬がかち合う一般的な乗り替わりと違う。かつてのアドマイヤムーン事件程のゴタゴタではないだろうが、たとえ武豊であっても降ろされてしまうのは、これまで競馬をみて来た者にとって衝撃的な出来事だ。

 確かに昨年以降、武豊のGI成績はかつてと比較し、目立ったものでは無くなりつつあったが、ウオッカとのコンビはそれを忘れさせるだけの結果を残してきた。だがウオッカ抜きで結果を残す事はできるのだろうか。そんな中、巡ってきたリーチザクラウンへの騎乗。しかしリーチとの折り合い、オーバーペースを踏んで7着に惨敗。入着すら結果に残す事はできなかった。

 ダービー馬とはいえ、近好走がマイルに集中しているウオッカ。そんなウオッカをルメールはどのようにエスコートするか。前半、先行しスタミナ的に厳しい位置で競馬を進めたが、最後はきっちり弾け、ここ秋二戦のうっ憤を晴らすかの勝利。しかもウオッカ・マイラー説を覆すような勝ちタイムである。結果として、鞍上の違いが勝ちを導いたとしか考えられない。ルメールにあって、武豊に足らないものとは。一体どうしたんだ、武豊?

 大外から猛然と追い込んだ、二着のオウケンブルースリは2cmに泣いた。しかし大一番で結果を残す事、さすが東西リーディングトップの内田博幸の成せる業である。現在、武豊に対し10勝以上も引き離し、万全の体制。一方、ウオッカはレース後、鼻出血を発症。年内の出走は断たれたが、中山が不向きな彼女にとって僅かな暗である。むしろ引退の花道には絶好の機会のようにも思えるのだが。

091129


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/30

今日は一日、リターンズ。

 身近な富士での開催とあって久しぶりにF1中継を観た。まさにF1が富士の裾野にリターンズ。だが前日からの雨も本戦で止む事は無かった。国際映像に絶好の富士山も雨に濡れ、霧に包まれる。それゆえクラッシュとリタイアが多かったのは残念。30年前の富士も雨だったというが、三開催中二開催が雨となると「雨の富士」という代名詞も付きそう。そんな中、セーフティーカー(ベンツじゃん。妻の報告は誤報)が終始先導するレースに物足りなさを感じつつも、終盤に至る二着以下のバトルは見応えがあった。そんなバトルがドライバー達のフラストレーションを映すようでもあった気がする。

 そんな何度もセーフティーカーが入る展開ゆえ、F1中継は放送時間が約20分延長された。その煽りを受けたのは競馬GIスプリンターステークス。フジテレビ「スーパー競馬」は当初の予定から短縮版ながら、放送延長でさらに短くなってしまった。放送開始5分後、本馬場入場無くいきなりゲートイン。電撃の6ハロンは不良馬場の中、1分9秒4で決着した。勝ったのは3才牝馬アストンマーチャン。乗り替わった中舘英二は久々のGI勝利にリターンズ。ローカルではおなじみ、彼らしい逃げとスピードが身上のマーチャンが見事ハマり、一番人気サンアディユ以下、後続馬の追撃を見事封じた。牡馬牝馬混合GIで牝馬が1、2着というのも珍しい。

 F1、競馬共に地上デジタル放送で視聴した。デジタルハイビジョン時代ながら、雨にかげったF1マシンとサラブレッドを映す映像はやや解像度が乏しかった。ハイビジョンも天気には勝てない。しかし音声は隔世の感があった。ナローなステレオからデジタルへ。F1サウンドも競馬場の歓声も部屋に轟いた一日。それだけでなく、実は懸案だった不調のアンプが、オーバーホールを経て本調子を取り戻したからだ。左チャンネルとマスターボリュームの不調で修理を依頼したところ、メーカーのサービスはクリーニングで充分と全て無料で対応してくれた。スポーツ観戦後、そのアンプと凱旋門を通して、WOWOWで録ったばかりの「スーパーマン・リターンズ」を再生すると、その地響きとサラウンドに唖然。18年選手のアンプKA-5010も見事リターンズした。ケンウッドさん、あなた方の仕事と心意気に感動。本当にありがとう!

090930_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/26

妻、FISCOでスパイになる

0709261

 仕事が帰ると、妻がおもむろにケータイの画面を見せてきた。そこに写っていたのは富士スピードウェイ。富士霊園の帰り、F1が開催される直前の富士スピードウェイをスパイ、いや写真に撮ってきたのだった。

 妻曰くFISCO(富士スピードウェイ)内は当然のように入場禁止。その入口で待っていると、警備員を顔パスで通り抜けていくスープラらしき車があったそうな。見た目はワンメイク仕様、どうやらF1のセーフティーカーらしい。妻は「F1の放送で見れば、判断がつくよ」と興奮気味。しかし如何せん、遠めに撮影したセーフティーカーはまるでマガジンXの如く、何が写っているか判り難い...無念。

0709262
 しかしもう一枚は完璧。場内オフィシャルスタッフ向けの案内板である。上からチームスタッフ、???Club(スタッフ向けカフェ?)、国際メディア(プレスルーム)、サポートイベント、チームデリバリーエリアの順。その上に輝くはF1のロゴ。「Fと1の間、黒字で1がトリックアートのように浮かび上がる」とは妻の弁。確かにそう見える。このロゴは所かしこに見られたという。

 ちなみにFISCOの入口周辺にはカメラ片手の人が少なくなかったという。先乗りしたファンたちだろう。ただ今日の時点では大きな動きは無かったようだ。FISCO周辺に規制が掛かる金曜からが本番。ただそんな中、貴重なスクープ写真(?)を撮った妻はスパイの素質があるのかも...ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)