2016/12/29

iPod touchで「ポケモンGO」を遊ぶ

16122901

 iPod touchで「ポケモンGO」を遊んでみた。多少下火にはなったが、それでも街中で遊ぶ人達が見受けられる。トレーナーの多くはスマホユーザー、残りはタブレット。Wi-FiオンリーのiPod touchは蚊帳の外と言っていい。それでも遊んでみたい欲求からトライしてみた。

 使用したのはiPod touchの6G。ただ5Gでもハード仕様はあまり変わっていないため、今回の例が当てはまるだろう。でもGPSのないiPod touchでそこそこ遊びこむためには条件がある。

(1) ポケモンGOは最新にアップデートしている事。
(2) 家の間近にポケストップがある事。Wi-Fiと重なる事が必須。
(3) 身近にルールが分かる人がいる事(子供)。

 実はポケモンGOが配布された頃、すぐにダウンロードしていたが、最初のチュートリアルでお情けで貰ったポケモンをゲット。その後やってはみても、周りにポケモンは現れなかった。社会的フィーバーに反し、「やっぱりiPod touchでは遊べないのか」思っていた。だが秋頃のアップデートだったか、Wi-Fiでもポケモンが現れるようになった。その時子供から「AR表示を止めるといいよ」と言われてそれから続けている。(3)のように、流行りモノに子供のアドバイスは欠かせない。

1612290216122903

 iPod touchでポケモンGOを続けられる大きな理由は(2)にある、間近にポケストップがある事だ。家にいるままでモンスターボールが得られるし、ポケモン集めと最低限の遊びはできる。集まるポケモンはコラッタとポッポ、コンパン、イーブイが多い。それでもサンタピカチュウは5匹取っている。レベルも気がつけばWi-Fiオンリーで22まで上げる事ができた。子供に言わせると「結構凄いね」との事、お世辞込みで。

 ジムでかつWi-Fiが繋がる環境であればバトルもできる。滅多にバトルできないので繋がると熱くなる。溜まったきずぐすりやげんきのかけらはその後に使う。ただWi-Fiゆえ、エラーで落ちる事もあるので注意。ちなみに住んでいる家は玄関に出ると、Wi-Fiでジムに繋がるという環境でもある(さすがに冬場はキツイ)。この辺もレアな環境と言えるだろう。

 結論:条件はあるが、iPod touchでもポケモンGOは遊ぶ事はできる。条件が限られるからこそ、四六時中やる事は出来ないので依存症まで至らない点もいい。ただレアポケモンを得る事はほぼほぼ不可能。それでもという方ならどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/28

「ダービースタリオンGOLD」を考える

141228

 ダービースタリオン久々の新作、3DS向けの「ダービースタリオンGOLD」を手に入れた。最後にプレイしたのはPSP版が最後。第一弾をやりたくてファミコンを買い、以後スーファミ版、Windows版と没頭。このゲームの配合、調教、レースという単純なルーチンワークは競馬ファンにとって麻薬。しかし最初のPS版を頂点にリリースのたび、劣化していったダビスタ(悪名高きDS版はパスしたので不明)。今作は果たして不安を晴らしてくれるのだろうか。

 プレイした印象はPSP版よりマシ。だがPS版(1st)には遥か及ばずといったところ。理由はダビスタのキモ、レースシーンにある。今作も逃げ、先行での前残りは厳しい。この点はPSP版以降、顕著だ。一方で差し指示で引っ掛かり、結果逃げ残るケースは散見される。現実の競馬でも指示通りはあくまで人の理想であり、実際はそういかないし、そんな事は競馬ファンの大多数がわかっている。だがダビスタはゲームだ。リアリティーの追求は歓迎しない。

 同様の問題がラストスパートでの壁による失速だ。これも実際の競馬である事だが、包まれたり、失速した馬が壁になり抜け出せなくなる。PSP版と同等か、かなりの確率で発生する。トップジョッキーに騎乗依頼しても回避できない。しかし現実の競馬なら直線、隙を狙う事も少なくない。それがジョッキーの技量と時の運。ただダビスタGOLDは時の運が圧倒的に勝負の鍵を占めている。

 ダビスタ劣化の始まりはレースシーンの3D化された頃と一致する。徐々に3D化され、先に挙げたリアリティーの追求が可能となり表現力は高まった。レースで起こる出来事は表現できる。時同じくダビスタの人気で開発者の薗部氏は馬主になった。ダビスタで起こる出来事は全て園部氏の経験なのだと思う。愛馬がスタート後に引っ掛かり、直線包まれた事もあったのだろう。初期のダビスタにあった直線ぶっちぎりなんて現実、ほとんど見られない。

 最初のダビスタはレースシーンから作られたという。競馬ファンはその作りに呼応するようにダビスタにのめり込んでいった。それはレースシーンにストレスが無かったからだ。今のダビスタは先のストレスだらけ。所詮はゲームなのにモチベーションが保たない。ブリーダーズカップが無くなった今、最強馬作りの意義も無くなった。スタートは良かったものの、こちらの気持ちが失速しそうなダビスタGOLDだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/15

グランツーリスモ6、実車だったらリコール必至!?

 昨年末、新車を買った。といってもゲームなのだが、ファンにとっては新車購入に相当するPS3グランツーリスモ6。課金問題、アップデート前提(スペックBを後回し)のリリースと物議を醸し、最初のアップデートでログインボーナスとして課金問題は回避。しかしネット接続、アップデートを前提とした作りに変わりはない。それもつい最近までは良かったのだが...。

 今朝、PS3に灯を入れ、グランツーリスモ6を立ち上げると1.03へのアップデートが促された。数秒後、アップデートを始めようとすると、突如画面が激しく点滅とブラックバックを繰り返す。間もなく「前回のご利用時に問題が発生したため、本機は正しく終了しませんでした」とシステムの修復が行われた。だが何度アップデートを繰り返しても先に進めない。そこでググるとアナウンスから2秒以内にアップデートを進めないとこうなるらしい。そんなのわかるか!

 アップデートを終えたものの更なるトラブル。国内Bクラスの5ミニッツレース2をプレイしたところ、ぶっちぎりで1位のゴールながら最終的な画面表示は4位。しかも6台中、ドライバーと車、走破タイムのダブる表記等、ハチャメチャな状態。しかも何度プレイしても、何度ぶっちぎっても周回遅れに陥り、1位は取れない。同じようにググると同じような人が結構いるようだ。もう時間の無駄、とりあえず今日は諦めた。

 発売当初、課金問題にお金がなかなか貯まらないという中、50億バグ(初回限定特典プレミアム車転売を使った)が発見、これに留まらずネットには課金対策情報が溢れた。それらに業を煮やした対策アップデートが先の不条理な周回遅れに絡む問題を生んでいるらしい。だがそれってどうだろう。課金バグ(50億バグ)より、まともに走れない車を放置するほうが問題だ。実車ならリコール必至。それ以外にも呆れる程のバグが多くある。いずれアップデートで解消される事を期待するが、今後もグランツーリスモ6は作り手の甘さが問われるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/04

週末にPS3とWiiを遊ぶ

 週末、暇をもらい、実家に帰ってきた。帰ると年末購入していたプレイステーション3の箱を開けていた。ずっと開けたいと思っていたが、HDDの換装がしたかったので、別途120GBのHDDを準備が間に合わなかったのだ。ネットの換装記事を見ながら、作業は10数分と呆気なかった。そして実家の自分の部屋、PS2が置かれている場所を片付けると、間もなく換装版PS3が鎮座した。

 電源を入れると、ひと通りの設定を終え、Playstation Storeのアカウントを取得。そして目的である「グランツーリスモHDコンセプト」をダウンロード。FTTH環境で30分程要し、インストールまで終了。スズキカプチーノを駆って、タイムトライアルが始まった。映し出すテレビはHD環境でないが、それでも描き込みの凄さは伝わってくる。質感はほぼ実写に近い。いや知らない人が見たら、テレビ映像か何かと見間違うだろう。そう思うとフルHD環境は必須といえる。一時間程プレイして、ランエボをゲットしたところで止めておいた。この映像は麻薬のような魔力がある。

 実家から我が家へ戻ると、カミさんがWiiをセットし始めていた。「遊ぶならセットしてね」と全権委任し、Amazonで初日予約ゲットしたWiiを、二ヶ月経って初めて開封。真面目に読むとあまりにお間抜けな、任天堂のマニュアルにカミさんは失笑。だが肝心のACアダプタを付けずに、電源を入れようとするカミさんに軽くツッコミ。無線LANの設定等、 細かなところはボクが簡単に済ませ、いよいよWii体験を始めたのだった。

ユーザーフレンドリーなWiiリモコンを誇らしげに持つカミさん。カミさんのやりたかったのは断然似顔絵チャンネル。CMの『さんちゃん』作りに入った。Webのさんちゃんを参考に完成。夕食後、カミさん自身、そしてボクの似顔絵が加わったのは言うまでもない。さらに驚いたのは写真チャンネルである。カミさんのデジカメからSDカードを借り、スライドショーをスタート。結婚前の写真がまるでドラマのように展開していく。写真の演出がドラマチックとあって、それは当然なのだが、メニューからスライドショーへ至るアクセスが速い。

 どんなユーザーでも、PS3とWiiを同じ日に開封、体験した人はいないだろう。大抵はそれぞれの発売日前後に始めているはずだからね。そして今日の新鮮な体験を踏まえると、どちらも良いゲーム機だ。PS3はPS2よりも使いやすく、しかも凄い映像体験ができる。できればHD環境だが、個人的には今、ソフトを持っていないので全ての互換は無くとも、PS2の代替でもいい。Wiiはウチのカミさんの絶好の反応を見ても、明らかに敷居が低く、しかもソフトを買わずとも、その日から楽しめる。似顔絵チャンネルは内蔵されたキラーソフトだ。PS3もGT3HDコンセプトが無料ダウンロード体験できるが、当初は考えられていなかったし、そこに辿りつくのにシロウトでは難易度が高い。やはりソフトあってのマシンなのだろう。両者のそうした性格の違いを感じながらPS3とWii、それぞれを楽しんでみたい。

070204

| | コメント (0) | トラックバック (0)