2021/03/31

「ウマ娘」受け入れ難し

TVCMも多数打たれる人気のスマホゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」。以前、派生したアニメシリーズの第1話を観たが、正直受け入れる事ができなかった。

どうやら競走馬を女の子に擬人化、実際の競走馬のルックスとエピソードを織り交ぜたものらしい。所詮はゲームと割り切れる大人じゃないので、この設定がまずダメ。競馬の魅力を微塵も感じないもの。原体験、これまで競馬を観てきた来た者にとって全てが我慢ならない。

競馬は牡馬(男馬)、牝馬(女馬)がレースを競う。しかし擬人化されてゲーム、アニメは女の子だけが登場。アニメ第1話を観る限り、主人公はスペシャルウィークで実際は牡馬。「ウマ娘」では皆んな女の子になって、父子が紡ぐ血統のスポーツである部分は一切伝わらない。スペシャルウィークとサイレンススズカが同じサンデーの子という背景はアンタッチャブルなのか。

ウィキの物語解説を読むと怒りは増してくる。当時外国産馬であるエルコンドルパサーはダービーに出れなかったし、スペシャルウィークと同着はあり得ない。2着のボールドエンペラーをぶっちぎった。武豊念願のダービー初制覇に母馬キャンペンガールの運命、関係者の姿は何処にも無く、コンセプトは可愛く明るくスポ根が信条らしい。

実話を映画やドラマにする際、脚色される事が多いが「ウマ娘」の世界観は範疇を遥かに超え、原型を留めていない。実際の競馬の感動はその比でない。
牝馬のウオッカがダービーで牡馬を蹴散らす光景は現実でこその快挙。牝馬が再びダービーを勝つまで64年掛かってんだ。競馬マンガなら「みどりのマキバオー」のほうが何万倍、いや数字に表せないほど感動的だよ。

210331

 

| | コメント (0)

2021/02/14

Switch版ダビスタその6:25年経過と箸休め

210212_00

Switch版ダビスタはプレイ期間25年を経過。オーナーランクは36。一応、牧場拡張すれば自家種牡馬も管理できるようになる。その権利を得たものの、牡馬でG1馬が出ていないので牧場拡張は後回し。ただ権利が生まれる数年前にG1を2勝(天皇賞・秋、スプリンターズS)したハイサンソードがモチベーションを繋いだ。コイツを種牡馬にしたかったなぁ。

210212_02 210212_01 210212_04

これまでG1は6勝は全て芝2,000メートル以下となっている。いわゆるクラシックディスタンスを勝っていない。ディープやキンカメを付けても新馬で芝2,000メートルを使うと失速「距離が長すぎました」とコメントされる。今後は繁殖牝馬の血統が重要だろう。ラストランの有馬記念僅差の3着、ハーツクライ産駒のハイサンドーターに繁殖牝馬としての期待が掛かる。

210212_03

さてSwitch版ダビスタ、アップデートのたびにロード時間は短くなり、俺的に今の状態で満足している。ただ一点、疑問が。それは夏の北海道シリーズの扱いだ。実際、札幌や函館に出走する馬は滞在し、出走週の追い切りは競馬場で行う。したがって本来は使える調教施設が限られる。

しかしSwitch版ダビスタではその週、函館や札幌のレースを使おうと調教で坂路やポリトラック、プールが使える。おそらく製作側は百も承知の事。ユーザー、特に競馬初心者がシステムを理解するのが難しいと割り切ったのだろう。過去のダビスタがどうだったかは覚えていない。ただ今後のアップデートで北海道仕様(滞在競馬にダート、芝調教中心)を織り込んでもらいたい。

それとひとネタ。出走に際し騎乗依頼をするのだが、上段から有名ジョッキーの名が並ぶ。過去のダビスタではランク付けがあったが、色々問題があって以来記載無し。でも何となくトップジョッキーは上の方という感じ。ただ驚いたのはここから。実はこの1画面だけではない。スクロールし、何ともっと多くのジョッキーが選べるのだ。ベテランに減量騎手と実にマニアック。未勝利戦で減量騎手と勝負も面白い。

210212_07

最後にもうひとネタ。Switch版ダビスタはSwitch Liteでプレイしているが、観戦中はダイソーのタブレット用スタンドに載せると丁度いい。一応、角度を調整すれば充電しながらのプレイもできる。下手にAmazonなんかでスタンドを買うより出来がいいし、コストパフォーマンスは圧倒的に高いのでオススメだ。

210212_05 210212_06  

| | コメント (0)

2021/02/07

「ポケモンGO」をやめてみる

210207_01

「ポケモンGO」をやめてみた。始めた当初はiPod touchでプレーしていたが、iPad miniにスイッチ。昨年半ばにレベル40に到達するも、年末に上限が撤廃されてしまった。ただ続ける動機はあるようでない。

そもそもポケモン世代ではない。キャラクターに思い入れもない。ボールを投げてポケモンゲット。たまにレイドでバトルして伝説ポケモンを狙う。ポケストップで時々Goロケット団と戦うけど、バトルリーグはやらない。ポケだちもいないし。世間の流れに乗ってはみたけど、もう潮時かもと。

「やめる」と言い出すと止めるのはウチの子供。勿体無いという。でも勿体無いと思う理由が見つからない。だから今回は黙ってやめてみた。

変わった事。例えば通勤。近所のレイドが頭に入っているため(くれぐれも歩きスマホじゃありませんので)、その場所のたびに立ち止まってチェックしていた。もうその必要がない。通勤でのムダがひとつ無くなった。

そして仕事帰り。偶然にもレイドアワーにぶつかると、回り道してまで伝説ポケモンを獲りに行っていた。今やその行為自体がムダ。帰宅時間は早くなった。

そしてウォーキングも変わった。通勤同様、レイドの場所で立ち止まる事は無くなり、効率的になった。そもそも立ち止まってばかりいると脂肪燃焼効果は薄まる。心無しか、下げ止まっていた体重が再び減り始めた。

あるアニメ作品の大家が「ゲーム(をプレイする事)はムダ、ただコンテンツとして我々はそれと戦わねばならない」と言っていたのを思い出す。世間的にはコロナ禍で不要不急の外出自粛が叫ばれるなら、ムダの最たるは「ポケモンGO」だったかもしれない。ムダを省いて他の時間に活かそう。早く帰ってダビスタでもやるか。「おいおい」と自分にツッコミを入れてみる...




| | コメント (0)

2021/01/17

Switch版ダビスタその5:年度代表馬と停滞期ふたたび

210117_02

ハイサンボーイはその後G1を勝つ事は無かったが、善戦して総賞金7億3287万円を稼いだ。驚いたのはG1を3勝した翌年初め。まるでウイニングポストかと思うイベント、JRA賞ならぬSRA賞の授賞式。何とハイサンボーイは年度代表馬と最優秀短距離馬に選ばれたのだ。イベントはウイニングポストに比べればあっさりしたものだが、ちょっと嬉しい。

ダビスタはG1を勝った牡馬は種牡馬にできる。だが馬主ランク35で馬柵拡張しないと自家種牡馬として管理できない。現在、馬主ランクは29。せっかく生まれたG1馬ハイサンボーイの血統を父系で残すためには何とか種牡馬にしたい。あと6ランク上げるのが早いか、種牡馬として売却してしまうほうがいいか、それが目下の悩み。ハイサンボーイは今8才。時間は残されていない。

210117_03

ハイサンボーイの後、ブレイクスルーしたかに思えたが、再び停滞期に入った。G1を勝つどころか、重賞勝ちもままならない。そんな中、18年目に凝った配合のハイコーズウェイが生まれた。父はスズカコーズウェイで母は自家製繁殖牝馬のハイサンリナックス(父エピファネイア)。新馬勝ち、札幌2才Sと連勝してソダシと同じ夢を見た。だがアルテミスS惨敗、阪神JFを5着と鳴かず飛ばず。

210117_04

一方それでもハイビギニングから派生した牝系、ハイサンタクトの子が頑張ってくれている。ハイサンマスター(父ディープインパクト)は重賞勝ち無くとも4才秋にオールカマー、エリザベス女王杯を連続2着。骨折で長期離脱となったが、宝塚記念に向けて調整中。

210117_06 210117_05
210117_07

そしてその妹ハイコンチェルト(父ジャスタウェイ)は3才時に忘れな草賞を勝ちクラシックに乗ったが、4才になって本格化。小倉大賞典を勝った後に大阪杯4着、ヴィクトリアマイル3着と善戦。宝塚記念での姉妹対決が待っている。それで宝塚記念を勝ってくれれば御の字だけど。

210117_08

停滞期とはいえ、それなりに結果は出てきている。生産頭数が増えた事は大きい。馬房8頭の枠の中、繁殖牝馬をどう回すかもカギ。定期的に2才馬や繁殖牝馬のセリを利用、新しい血を入れるのも忘れてはならない。


 

 

| | コメント (0)

2021/01/02

Switch版ダビスタその4:15年目の爆発

210102_01

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。今年の一発目のネタはやっぱダビスタでしょ。

ダビスタをプレイする上で自家生産牝馬は重要。昔ならニックス、父サンデーサイレンス系にノーザンダンサーの母馬を配合でそこそこ走る馬になった。しかしSwitch版ダビスタではサンデー系種牡馬、サンデー系繁殖牝馬が多くなる。これは現実の競馬でもそうだし、発売前に懸念されていた事だった。

だからといってサンデーのクロスを重ねる事は欠点にならない。少なくともこのダビスタでは。偶然サンデーを代重ねた馬からG1を勝つ馬が出てきたので記録したい。

3勝クラスで頭打ちとなったハイサンガール。父はスクリーンヒーロー、母キニナルアノコ(父マンハッタンカフェ)。キニナルアノコはセリで買った繁殖牝馬。ハイサンガールはサンデー4x4のクロス。だがその下にノーザンテーストのクロスができていた。

その肌にオルフェーヴルを付けてみた。オルフェーヴル自身、サンデーx母母父ノーザンテースト(ノーザンダンサー系)のニックス。ハイサンガールの持つ同系のクロス、相乗効果を狙う。それによってサンデーだけでなく、ノーザンダンサーの力を引き出したのかもしれない。

210102_02 210102_03 210102_04

そんなオルフェーヴルxハイサンガールの牡馬がハイサンボーイ。新馬、未勝利を7戦目で勝ち上がる。ただ堅実な逃げ脚は目立っていた。1勝クラスを勝ったあと、スプリングSを14着惨敗。だが皐月賞へ挑戦させた。不良馬場、コントレイルとの対戦に諦めムード。鞍上は戸崎圭太へスイッチ。そしてゲートは開いた。

不良馬場ながら61秒台の逃げ。直線に入るとセフティーリード。だが勝ち馬ナカヤマナイトに差されて2着。ただコントレイルに先着する金星、でも黒星。出走させたこちらが驚かされた。ただダービーはレース後の調教師のコメントから距離が長かったようで最下位入線。秋は神戸新聞杯から秋天(14着)、マイルCS(5着)、阪神C(7着)と中短距離路線を歩ませた。

210102_05

明け4歳。白富士Sを勝ち切った後、中山記念を制覇。当然大阪杯を狙うも13着惨敗。ここまでか、と思わせた次走の安田記念でG1を初勝利。ちなみに鞍上は白富士S以降福永祐一。続く宝塚記念は12着。この馬に2,200メートルでも長かったようだ。

札幌記念6着、毎日王冠5着の後、秋の天皇賞はアーモンドアイ相手に逃げて勝利。続くマイルCSを制覇。ここまでG1を3勝。ただ勝ちタイムをみるとマイルまでの馬かなと思う。

現時点、この馬だけで総収得賞金5億を超える。成長タイプが普通のオルフェーヴル産駒ならもう一年は頑張ってくれそう。この儲けは牧場に還元しなければ。

210102_06 210102_07

追伸.
15年目ここまでプレイして良かったと思う2点。

(1) 2週間の短期放牧が可能。
今の外厩制度を反映。前のダビスタで同じローテの場合、札幌記念後に毎日王冠、秋天の間は在厩せざるえなかった。

(2) 当週以外の出走登録が可能(8週先まで)。
レースを使った直後、次のレースを登録できる。昔のダビスタは当週登録だけだったから、忘れる事たびたび。進めてしまった後、愕然とさせられる事があったのよ。

始めると止まらない今度のダビスタ。皆さまもダビスタ中毒に気をつけてプレイして下さいませ。




 

 

 

| | コメント (0)

2020/12/24

Switch版ダビスタその3:停滞期と起きたこと

201224_01

G1を一つ勝ったものの、その後が続かない。購入した繁殖牝馬の産駒は大概2勝、3勝クラスがいいところ。重賞を勝つ馬も出てくるが早熟ばかり。しかも短距離馬。ロードカナロアの子が重賞を3勝したが頭打ち。カジノドライヴの子もダートは走らず、芝の短距離重賞を2勝した。8年目になった今もそこまで。

201224_02

Switch版ダビスタのロードの長さは閉口。ただSwitch Liteでながらプレイだと、ロード中はテレビを見たりしてるから影響はかなり小さい。でもテレビだけでプレイする人にはキツいだろうな。今日アップデートが入り、気持ちロードが速くなった気がする。ほんの少しだけど。

気になるところは落鉄が多い事。凡走すると「スタート直後に落鉄したらしい」とコメント。実際の競馬でも落鉄は少なくない。ただここまで頻度は高いかな?同じ馬で何度も見掛けるし。たとえ実際偶発的な事象(設定)だったとしても、ちょっと装蹄師の方に失礼かと思う。

201224_03  

早く馬群を割ってくるような強い馬が作りたい。自家生産馬にクロスを重ねるのはこれから。そしたらいつものダビスタのようにG1を連勝する馬が出てくるだろう、と期待。年末年始はダビスタ中毒。PSP版やダビスタGOLDよりは楽しめそうだ。気をつけたいのはダビスタやってると馬券が当たらなくなる事だけ。いや今も当たらないか。今週末は有馬記念ですね。

追伸。先日、フジテレビONE、「いいすぽ!」でSwitch版ダビスタがとり上げられていた。ルールは4名のプレイヤーが90分の間に育てた愛馬を持ち寄ってブリーダーズカップで戦うというもの。初期資金は30億(通常2000万)、牧場レベルが一つ上がったとところで開始。結果は血統に拘ったビタミンSお兄ちゃんの圧勝。芝2400メートルだけでなく、芝直線1000メートルも勝つ強さ。朝日奈央のネーミング(バカリズムサン)が可笑しかった。

Switch版ダビスタその4:15年目の爆発 へ

 

 

| | コメント (0)

2020/12/06

Switch版ダビスタその2:重賞初制覇は突然に

201206_05

馬券で15億蓄財し、2才セリでステイゴールド産駒の牝馬を購入した。ハイビギニングと名付けてデビュー。まずこれまでとの違いは新馬戦に現れている。ダビスタの新馬戦というと有名馬と一緒に戦い負け、未勝利戦で勝ち上がる。Switch版ダビスタの新馬戦は「えっ?」というメンバーは出てこない。実力重視、血統から印もそこそこ付く。

201206_02 Img_0999

ハイビギニングの新馬戦は1番人気で9頭中6着のほろ苦デビュー。7戦使って初勝利となった。勝つまで時間が掛かるのもダビスタらしい。その後2連勝したものの、3勝クラスで停滞中。馬主生活4年目でハイビギニングは5才で現役。たまに掲示板に載る頑張り屋さんだ。

翌年2才セリ購入したのが、キングカメハメハ産駒の牝馬。そんなハイサンビジンは3戦目で勝ち上がった。調教師のコメントに距離の事があり、マイル以下を使う選択に切り替える。初重賞挑戦のアーリントンCは6着。放牧を挟んで夏は自己条件から勝ち上がり、秋マイルCSへ挑戦するくらいに成長した。
201206_03

その後ハイサンビジンはターコイズSを2着、京都金杯は3着と好走。4才の今、ヴィクトリアM、安田記念惨敗後、サマーマイルシリーズを使おうと考えているところ。

同じように翌年キズナ産駒の牝馬を購入。この馬は2500万円と前述の馬たちの半値。だがこのハイライフリーは違った。新馬勝ちすると1勝クラスで停滞も6戦目でオープン入り。
調教師(おまかせ)の指示で桜花賞を使う事になる。なおSwitch版ダビスタはコメント面に変化が多く、注意が必要だ。

もちろん桜花賞は惨敗したが、何とその後のNHKマイルCを逃げ切り勝ちする事になる。初重賞勝ち、しかもG1勝ちに驚き。これまでのダビスタでも初G1がNHKマイルという事は少なくなかったが、流石に馬主生活4年目でG1を勝つ事は無かった。

201206_06   

実はここまでセリ購入馬だけの出来事。自家生産馬が出てきていない。まだ馬主4年目でこの年からデビューとなる。安定した勝利を重ねるまではまだまだ先。自分の馬たちで血統を重ねるのもダビスタの楽しみ。その点でもまだまだ序盤。

なお前回にも触れたロード時間の件。Switch版はゲームバランスがいいし、プレイするたび操作性を阻害するのは否めない。ただダビスタは中毒性が強く、これ以上サクサクできちゃう(Switch版でレース画面も飛ばせるようになった)と本当に危険。今ロード時間の遅さは中毒性を抑えるものと好意的に解釈する。

追伸.
2年目の春、突然フリーズした時は驚いた。キーを受け入れずどうにもならず再起動。せっかく育てたのにマルタ(ターボファイル)馬とか、マルリ(リセット)馬にならなきゃいいけど。
Switch版ダビスタその3:停滞期と起きたこと へ

 

 

 

| | コメント (0)

2020/12/05

Switch版ダビスタその1:馬券とファーストインプレッション

201205_00

12月3日にSwitch版「ダービースタリオン」が発売された。ダウンロード版とパッケージ版があるが、結局パッケージ版を選んだ。Switch Liteは当面ダビスタ専用のつもりだし、オレ専用だし。ソフトは予約したアマゾンから発売日当日に送られてきた。

Switch Liteのセットアップはそこそこにダビスタを始める。従来通りに初期費用と繁殖牝馬が与えられてスタート。

ダビスタ序盤で重要なのが運転資金。ファミコン版の時は律儀に馬を勝たせ賞金を貯めていったが、やはり馬券で増やすのがはやい。当てやすいレースを狙って単勝か複勝を転がす。実際の馬券なら100円、1000円の世界だが、こちらはゲーム。大金叩いて馬券を買うのだ。

ゲームシステムとして上限1億円まで購入可能。最初は残金、そして3000万円程度を複勝に注ぎ込む。オッズ6〜8倍位が狙いどころ。競馬ファンなら実力馬なのにこのオッズ?と思う馬を買うと的中し易い。悪評のあったPSP版や3DS版と違い、逃げ馬も展開と力があれば逃げ残るみたい。

201205_07201205_08

ただ馬券を1億買ってしまうと当然オッズは大きく下がる。少頭数で5倍台だと確実に2倍を切る。それでも当たれば重賞レース位の賞金になるけど。そんなこんなで合法的な錬金術、1年目8月1週目の時点で15億円まで貯めた。おかげでステイゴールド産駒の2才牝馬を5000万円も購入。

気になったのはロード時間。パドックとレース画面は出走頭数によるが、総じて10秒以上、最大20秒待ちぼうけ。パッケージ版だけかと思ったら、ネット界隈の情報でダウンロード版もロードが長いという。長く続けていく上でゲームバランス以前にマイナス点。アップデートでの改善に期待する。

201205_04

音声実況はウイポに慣れた耳に新味は無いがよくできている。本馬場入場曲をパドック、レースメニュー画面に使う点が競馬ファンとして心地いい。ザ・チャンピオンがダビスタで聴ける日が来るとは。

ウイポに寄せた作りとしてミッションやランク制度があるが、これは二の次。まずは所有馬で初勝利したい。続きは次の機会に。

201205_06   201205_05

 

| | コメント (0)

2020/10/11

Switch版ダビスタへの期待と不安 その2

先日、このエントリを投稿後、反響があったのでその続きを。

実はダビスタのためにSwitch Liteを買う事にした。ダビスタ発売が年内に決まったからだ。その出来は置いといて、年末年始ダビスタしたいのが心情。あれだけクソゲー化されても恋い焦がれるのはダビスタだから。これでオレ専用、家族とSwitch本体を取り合う心配は無くなった。

本体購入にはここ一ヶ月Amazonとヨドバシを両睨み。するとこの週末ヨドバシで購入する事ができた。カード登録のトラブルで一度キャンセルされたが、目的の色(ターコイズ)に替えられたから良しとしよう。だがソフト込みで二ヶ月分の小遣いがすっ飛んだ。

ただ肝心のダビスタを予約していない。問題はパッケージ版、ダウンロード版どちらを選ぶか。未だクソゲー疑惑のあるSwitch版ダビスタは売る可能性が残る。なら間違いないのはパッケージ版だ。またゲームカードは挿しっぱなしで今後他のソフトはダウンロード版を買うだろう。

さてSwitch版ダビスタには本馬場入場曲が収録されているとの事。本馬場入場込みなら嬉しいのだけれど。HPの説明文から予想するとパドック周回時に流れそう。それでも現王者ウイニングポストに負けつつあったダビスタが更なるJRA仕様で元祖復活となりうる。

後はゲームシステムがどうかだけ。制作会社は覚悟なされ。発売日12月3日は秋のG1シーズン真っ只中、そしてダビスタファンにとって審判の日となる。

201011

 

| | コメント (0)

2020/09/21

「PS5」と「グランツーリスモ 7」

200921_01

PS5の予約が始まった。PS4との互換を売りにした最新ゲームプラットホーム。コロナ禍、ステイホームの最強アイテム。しかしながら俺の時計は14年前の初期型PS3で止まっている。むしろ子供や妻のほうがSwitch等の最新ハードを操る。買ったのは俺でも、子供は「サンタがくれた」と思っているようだ!?

ゲームソフトをよく買ったのはPS、PS2。まだあの頃はゲームも安かった。クソゲーだろうが我慢できたし。でもハードスペックが上がる事でソフト価格も高騰。PS3で新品で買ったソフトは「グランツーリスモ 」ぐらいか。こちらも6で止まっている。

ゲーマーじゃ無いのでマスト買いするソフトは限られる。「グランツーリスモ」に競馬関係のゲームソフト。「ダビスタ」はほぼ死に体なので「ウイニングポスト」。「ウイニングポスト8」は今年中古で買った。多少カレンダーが古くても脳内補完でなんとかなる。血統が1世代古いのは丁度いい。

さて話はPS5に戻って最新作「グランツーリスモ7」のリリースが予定されている。ただ遊ぶだけなら「グランツーリスモ 6」で十分。PS4「グランツーリスモ Sport」はスキップしたし、最新ハードの必要性はない。まだゲームもクリアした訳じゃないし。目茶苦茶難しいのでクリアは無理だし。

問題は収録車種。これまで乗り継いできた車で収録されているのはシティターボ2のみ。やっぱ乗ってた車が出ていると嬉しい。そこで出て欲しい車No.1は現行スイスポだ。でもグランツーリスモシリーズではZC31Sで止まっている。スズキファンにとって非常に歯がゆい思い。

このシリーズ。モデリングに時間が掛かるため、新車種を入れるのは厳しい。とはいえ、スイスポやGRヤリス等、スポーツマインドを刺激する車も出てきている。ドライブシュミレーターとして見れば、ぜひ収録して欲しい。GRヤリスは入るのでは?トヨタにとってこれに勝るPRは無いから。日産も新型Zを準備するかもしれない。

スイスポもZC31S、ZC32S、もちろん現行ZC33Sが欲しい。LSDに変えたり、ECUを書き換えたい。「グランツーリスモ7」に収録されるのなら必ず買う。そうでなければPS5は買わない。もし収録されるのなら、いつものようにリリースが遅れるのであれば、PS5とのセット品を買えば良い。その可能性がかなり高そうだけど。

200921_02

| | コメント (0)