2020/07/26

漫画版「AKIRA」を読む

漫画版「AKIRA」全6巻を読んだ。単行本を買ったのは1993年ごろか。もちろん公開当時、連載は終わっていなかった。たぶんLDを買った後かな、全6巻大人買いした。一度、通読していると思うが、何気に結末を覚えていない。そこで一連のAKIRAイヤーに合わせ、もう一度読む事にした。

通読してわかる事だが、映画版が如何にシンプルに作られていたかという事。ただテーマは不変。アキラとは何か、得体の知れない力、そしてその先。124分に詰め込むにはスピード感を持ちつつも人物描写は限られる。映画版はプロットを絞り、金田、鉄雄、ケイらにフォーカスする物語であった。

だが漫画版は違う。主役は変わらずとも、チョイ役に近かったミヤコ、ジョーカーを含む群像劇。特にミヤコはナンバーズとの接点が深く、教団を率いて鉄雄と対決。そのスケール感は鉄雄2度目の覚醒後にアメリカを巻き込んだ戦いに及んでいく。

映画版は大画面と音響、圧倒的スピード感に没入。漫画版の良さはひとコマに膨大な情報量、それでいて生き生き動く、スピード感ある画にある。大友克洋の描く超能力、未来図と崩壊の世界。アニメ版声優陣でセリフを脳内補完。A4サイズに多ページだが読む手が進んだ。

映画版との最大の違いはアキラの存在だが、映画未見、漫画未読の方のためここで多くは触れず。

映画版は何より「考えるより感じろ」の作品だった。その点で漫画版も同様。ただ鉄雄を中心とする勢力、ミヤコらが物語に絡む事で覚醒とその後の世界のディテールが増した。ただ原作通りに映像化したら3時間では終わらない。だから映画版の再構成は当然なのである。

東京オリンピック開催と中止(?)、鉄雄の覚醒並に世が混乱する今、「よげんの書」として「AKIRA」を読むのもいいかもしれない。ところでネオマンハッタンの件、どうなったのだろう?

200726

 

| | コメント (0)

2020/04/11

「機動警察パトレイバー the Movie」を観る

今日はおうちタイム。朝から「機動警察パトレイバー the Movie」を観た。1989年公開。この作品は劇場でこそ観ていないが、DVDで何度も観た作品。劇場版第2作が公開された当時、WOWOWでアーリーデイズが放送され以後、見事にハマった次第。

劇場版は第2作を至高とする方も多いが、個人的にはこの第1作が好き。何しろコミカルとシリアスのバランスがいい。セリフの応酬に緩急の付け方、もちろんロボットアニメたる王道部分も巧い。タイラント2000を止めにかかる98の過程はその最たるシーン。その冒頭、パトカー警官と太田のやり取りに思わずニヤけてしまう。

OSにコンピュータウイルス、都市開発と東京の変貌。30年経った今でもその先見性、視点の鋭さに驚かされる。「AKIRA」に負けず劣らず、当時の東京の下町の描写が素晴らしい。松井刑事が情報を足で稼ぐエピソード、そこに重なる曲がいいんだ。

もちろんパトレイバー、影の主役は後藤隊長に異論無し。

「切れ過ぎたんだよ」松井刑事が部下に後藤さんの経歴を話すシーンが好き。ビジュアル、演出共に押井守色が強いパトレイバーではあるが、実に台詞の数々は脚本の伊藤和典色に満ち溢れている気がするのです。キャラにあったセリフ、後藤さんの「この借りはいずれ、精神的に」というセリフはプライベートでも使っています。

ちなみに本作は警察を組織ものとして初めて本格的に描いているが、それをオマージュして生まれたのが「踊る大捜査線」なのは有名な話。

そして第1作の魅力は音楽。アバンタイトル、方舟を飛び降りる帆場のアップ、試作レイバーの暴走、停止。タイトルが現れるまでが素晴らしい。映像、カットに合わせた音楽は時にサスペンスフル。緩急の付け方は映像、セリフ、音楽が三位一体となって盛り上げる。そんな音楽の川井憲次、前述の押井守、伊藤和典3氏がのちに「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」を手がける事になる。

セリフの応酬という点で古川登志夫、冨永みーな、千葉繁、大林隆介、榊原良子らベテラン勢が脂の乗ったやり取りを魅せる。今もセリフを聴いて惚れ惚れ、本当に感心させされる。一発目の新鮮さからか、のちのサウンドリニューアル版のセリフ再録はいただけなかったんだよなぁ。

オープニングからエンディングまで無駄なシーンは
一切無し。ラスト、崩れゆく方舟に98と零式の対決を残すあたりは名演出。そして台風一過、朝日が差して大団円、エンディングテーマが重なると心は高まる。これがあるから第一作が好きなんだ。

200411

| | コメント (0)

2020/04/08

2020年なので「AKIRA」を観る

2020年なので「AKIRA」を観た。本当はIMAX版を観るべく休みを取っていたが、ご存知の通り。金は賭けても命は賭けない。それが社会的責任。そこでシネフィルWOWOWで録ってあったバージョンを観る事にした。

物語は省略。かつて長岡鉄男さんが本作のLD評に「オペラやクラシックのようなもの」と書いてあったような。実に的を得ていたと覚えている。そもそも物語を追うような作品ではない。身を委ねて感じる作品なのだ。

「AKIRA」は実家の70インチでLDが擦り切れる程に何度も観た。LD盤のジャケットは今見ても最高だし、音は非圧縮デジタルサウンドのLD版が至高。10年ぶりに全編通してみると新たな発見、様々なメタファーが感じられる。

3.11を経験したからかもしれないが、制御できないエネルギー(実験体)はまさに原発。今般の(人為的変異と言われる)コロナウイルスをも思わせる。人類の手に余る力を制御しようと試みる、そして跳ね返される。そのトリガーたる鉄雄でさえ、最後は光に包まれ逝っていく。そこに至る勢い、描写は今見ても素晴らしい。

この作品で明確にしているものは若者と老人たちの対比だ。鉄雄の暴走を止めるべく動く金田、ケイにナンバーズ。世を憂いた大佐も同様。対して彼らを裏で操り私腹を肥やす政治家。「未来を作るのは老人ではない」はシャア・アズナブルのセリフだが、変革を求める時に必要なのは若い力。「AKIRA」でも同様に描かれている。

今般、コロナウイルス対策に出てくる人々は政治家も専門家会議も年寄りばかり。緊急事態宣言が遅れたのもそうした影響では。対照的に危機感を露わに先導するのは、北海道の鈴木知事や大阪の吉村知事のような若い力。果たしてその先に待っているものは....

閑話休題。今観ても「AKIRA」は凄かった。一方で大画面で観るべきだと再認識させられる。手書きアニメの限界たる繊細さ、動き、迫力ある構図、そして芸能山城組の音楽。大画面に大音量、それこそ映画「AKIRA」を嗜む流儀だと思う。

今は劇場へ行くのを諦める。だからこそIMAX版「AKIRA」にはコロナウイルス終息後、再上映をお願いしたい。「AKIRA」にはコロナを終息させる力を秘めているから。

200407

| | コメント (0)

2020/02/01

「前田建設ファンタジー営業部」を観る

今日は映画の日、家族で「前田建設ファンタジー営業部」を観てきた。「実際にマジンガーZの格納庫を作るとしたら?」という奇想天外な発想を真面目に企画した前田建設のエピソードを映画化。まさに懐ロボ+お仕事エンターテイメント。

ダム建設事業で一時代を作った前田建設。だが公共事業縮小など世間の波に晒されていた。そんな中、広報グループ長アサガワは若手社員を召集し、マジンガーZの地下格納庫建設のウェブ連載を始める。熱いアサガワに対し、冷めた若手社員たち。だが空想を現実にする過程で様々な困難を克服し、その想いを原動力に変え計画は進んでいく。

冒頭いきなり、おぎやはぎの小木演じるアサガワのテンションに高さに圧倒され、物語に引き込まれた。コンセプトはシンプルだし、観客はそれを求めている。しかもその過程が面白く最後まで飽きさせない。

確かに全編ハイテンションで一見、LIFEみたいなNHKのコント集に思える。しかし空想の現実化という超リアルな設定があるからこそ、そんなテンションでも映画はバランスする。むしろ超リアルさだけで突き詰めたら、本作ヒロインのように気持は宇宙へ飛んでいってしまうだろう。

製造業でモノ作りした身としては"業界あるある”もあって興味深い。だからといって敷居は高くない。しかも出てくる企業は実名、重機や実際のモデルというべきロケを合わせ、現実感を出す。それがEテレ的でドキュメントでもある。だから家族で見れる数少ない邦画と言える。うちの柳田理科雄好きの小学生も大満足だった様子。

ただ最大のターゲットはバンダイ仕込み、少年の心を持った大人。ここぞというところでの超合金Zの扱いに苦笑い。東映まんがまつり以来、大画面のマジンガーに満足。ビデオで良しと言う無かれ、本当に楽しい一作だ。

P.S.:帰ってから思わず「マジンガーZ対暗黒大将軍」を見てしまった。

200201

| | コメント (0)

2019/12/14

「スペースコブラ」を観る

先日、アニマックスで放送された「スペースコブラ」全31話が終わった。左腕にサイコガンを持つ男、海賊コブラの活躍を描く。

ちなみに1982年のテレビ放送前、同年夏にあの「メガフォース」の同時上映として劇場版アニメが公開された。当時コブラの声をあてたのが主題歌でタイアップした松崎しげる。しかしこのテレビシリーズでは野沢那智があてている。大人の余裕にユーモア溢れるセリフ回し、我々世代のコブラは間違いなく野沢氏だ。

週刊少年ジャンプの連載時期は我が購読時期と一部ダブるが、当時中坊の自分はあんまり覚えていない。ビジュアル重視で画が大人だから。それに最初から読んでいた訳じゃないし。だからまずコブラというと前述のアニメとなる。

監督出﨑統、作画杉野昭夫コンビによるコブラは何とも力強く肉感的。しかも躍動感に溢れる。決めはお馴染みの止め画。彼らの演出こそコブラやジェーン、キャサリン、ドミニク3姉妹のビジュアルにマッチする。

第1話はあの有名SF「模造記憶」原作映画をオマージュしたかのような物語。第24話「ロボットはいかが?」は某超人映画第1作のエピソードを思い出した。コブラの物語のピースに沢山の映画が隠されているかもしれない。映画ファンとしてそれが楽しい。

そして本作最大の魅力。顔は3枚目(または2.5枚目)だが、
美女にモテて、何しろ完全無欠な存在であるコブラだからこそ。ジェームズ・ボンドに相通じるヒーロー像。そして先に挙げたユーモア。レディが榊原良子というのもツボ。放映当時、木曜7時という時間帯だったが、主題歌、音楽と相まって大人の雰囲気が漂っていた。

主題歌「コブラ」は「ルパン三世」の大野雄二作曲による。今聴いても至高、カッコいい。この主題歌が聴きたくてサントラを買ったほど。一方、音楽は羽田健太郎が担当。本作のハネケンサウンドは当時手掛けていた「西部警察」を感じさせる。(追伸.今Amazonで見たら「
スペースコブラ・コンプリート・サウンドトラック」があるらしい。こりゃ買わなきゃ)

タイトルに「スペース…」と付けたのは子供向け時間帯への配慮だろう。だがその一方、31話と中途半端な話数で終わった事は打ち切りを匂わせる。サラマンダーのエピソードは結構駆け足に感じた。内容が大人向け過ぎたのかもしれない。

なお25年後に同じキャスティングでOVA化され、当時WOWOWで観ている。やっぱコブラはOVA向きかも。これもアニマックスで放送してくれないかなぁ。

さて数年前ハリウッド実写化が発表されたコブラだが、暗礁に乗り上げたままのよう。動員できるキャスティングはまだしも、アメコミほどのネームバリューが無いために資金が集まらないという。
アレクサンドル・アジャ監督のコンセプトビジュアルが素晴らしいだけに観てみたい気はするのだが。

191214_01
191214_02

| | コメント (0)

2019/07/13

「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」を観る

今日は子供と「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」を観てきた。98年の「ミュウツーの逆襲」は観ていないので完全に初見。ゲームの世界は平面から3DCGアニメに向かっている訳で、本作はその試金石。

子供いわく冒頭の一部を除き、内容はオリジナルとほぼ一緒らしい。クレジットを見ると、脚本は亡くなった首藤剛志氏のままであった。個人的には首藤氏の仕事ではゴーショーグンやミンキーモモが懐かしい。

まず思ったのは「3DCGじゃなきゃダメですか?」という事。「トイストーリー」なんかは3DCGありきで製作をスタートしたため、世界観は最適化されて違和感が無い。しかしポケモンはセルアニメが原点。「EVOLUTION」として3DCGへ寄せてきたためか、特に人間キャラ(3Dサトシ)の出来に違和感を覚える。個人的にそれが最後まで響いていた。ただ上映後子供に問うと違和感なく受け止めていたようだが。

ちなみに日本映画界は「ドラクエ」に「ルパン三世」と3DCG花盛り。おそらく東宝あたりが出資して安価で高品位な製作環境が確立されたのだろう。だがいずれも確固たる世界観を持つ作品だけに同様の危険性は否めない。

ホント正直な話、今回は半分寝てしまいました。まず物語が退屈。前作「みんなの物語」が大人も一緒に観られる作品だったのに対し、今回は子供向けにあくまで第一作のリメイクに徹したという事か。ただ映像表現だけで作品が面白くなる訳では無い一例。3DCGアニメを強調する演出、画作りも別に驚くような仕掛けとは感じなかった。

190713  


| | コメント (0)

2019/03/08

「スパイダーマン:スパイダーバース」(2D吹替版)を観る

今日は「スパイダーマン:スパイダーバース」を観てきた。今年のアカデミー長編アニメ賞受賞作。原題は「SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE」。コミックスで展開された様々なスパイダーマンシリーズのクロスオーバー作品でもある。近くで字幕版公開は無かったため、やむ得ず2D吹替版での鑑賞となった。

マイルスは叔父のアーロンにウォールアート書きへ連れ出された。完成を喜ぶマイルスはクモに噛まれてしまう。そして特殊能力に気づく中、次元加速器の実験場でピーター・パーカーことスパイダーマンと遭遇。加速器を破壊しようとするもキングピンの刺客と交戦中、ピーターは死亡してしまう。マイルスはピーターの遺志を継ぎ、加速器を破壊できるか。墓標を訪れたマイルスはある男と出会す。

冒頭、アメコミを地でいくキャラクター造形、映像スタイルに戸惑うも、テンポのいい演出に惹き込まれていく。スパイダーマンのテーマ「大いなる力には大いなる責任が伴う」を踏襲、スパイダーマンあるあるを繰り出しつつマイルスの成長を描いていく。

見どころは5つのスパイダーマンの競演。それぞれ特徴的なスパイダーマンだが、基本設定は同じ(感じ)。最低サム・ライミ版スパイダーマンを観て基本を知っていれば大丈夫。その見せ方も巧い。同じ悩みを共有し、戦い、そして別れ。師となるピーター・B・パーカー、そしてグウェンとの関係もあって、ラストは何とも言えない感慨を与えてくれる。

本作の敵はキングピン。彼が次元加速器を使う動機に納得も描写はあっさり。バトルの中心はドクター・オクトパス。スパイダーマンおなじみの摩天楼を駆け抜けるシーンやバトルも含め、アニメらしいスピード感。実写との違いはあくまで見た目がCGアニメか否か位だろうか(実写だってCGなのだし)。これならIMAX版は更に上をいって最高だろう。

オスカー受賞はまだしも、この出来ならアメリカでの大ヒットと高評価は頷ける。次回作があるならば是非、原作スパイダーバースの通り、日本版スパイダーマンとの共演を観たい。そしてレオパルドンの東映まんがまつり以来のスクリーン登場も楽しみになる。

吹替版のキャスティングは文句なし。ただの唯一の弱点は日本語吹替版主題歌。終始何をうたっているか判らないTK from 凛として時雨のこのエンドロール曲なら、米国版オリジナルと同じで良かったのでは無いか。ただそれを我慢すれば次回作を匂わせるオマケが付いてきます。

190308

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/13

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を観る

今夜は息子と「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を一緒に観てきた。今日が公開初日とはいえ平日、しかも夕方からの回で席の空きはかなり多かった。ただ明日から三連休、さらに夏休みで巻き返していくだろう。

風の街フウラシティは年に一度の風祭りに賑わっていた。聖火に向け伝説のポケモンルギアが風を送っているという。そんな中、少年たちに絡まれた少女ラルゴを街を訪れたサトシとピカチュウが助ける。だがラルゴはある秘密を抱えていたのだった。

リブートした前作、物語の中心にいたサトシとピカチュウが本作で少し脇に回った群像劇。ラルゴを始め、キャラクターたちのエピソードを重ねてクライマックスに繋げる作り。テレビシリーズと異なり、夏休み作品らしく冒険、そして子供たちに伝えたいテーマを秘める。かつての東映まんがまつりのメインアニメの役割を果たしている。

親目線、人とポケモンの共存という最低限の世界観を理解した上での感想。あくまで子供向けの作品ながら、安定の作りで約100分、大人の鑑賞にも耐えうる。ゲスト声優もブレーキにならず、作品の没入を助ける。そしてレジェンド野沢雅子の存在も大きい。

なおエンドロール後、次回作の発表に注目。その衝撃に息子はしばらく椅子から立てなくなった。劇場版前作から繋がる流れを受け、本格的なリブートに入るのだろう。

180713_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/09

「ジョジョの奇妙な冒険(テレビアニメ版)」を観る

今年の1月からアニマックスで始まった「ジョジョの奇妙な冒険(テレビアニメ版)」を観終えた。ウイークデイの23時台2話ずつ放送のため、翌朝1話、仕事から帰って1話を観るスタイル。まさに朝ジョジョ、夜ジョジョである。この3ヶ月間、第1部と第2部、第3部「スターダストクルセイダース」、そして第4部「ダイヤモンドは砕けない」まで楽しんだ。

原作は未読。週刊少年ジャンプを卒業した頃、間も無く「ジョジョ」の連載が始まった。ちなみに何故「ジャンプ」を読むのを辞めたかといえば、「ついでにとんちんかん」連載と重なる。ファンの方には申し訳ないが、あまりにバカバカし過ぎて読むに値しないと思ってしまった。それをきっかけに好きな連載は残っていたけど、ピタッと止めた。

だから作者の荒木飛呂彦といえば「ジョジョ」以前の「魔少年ビーティー」「バオー来訪者」なんです。「ジョジョ」を観終えるとその作風に共通性を感じる。特に第4部は「魔少年ビーティー」に似ているかなぁと。

長きに渡る物語。各部でジョースター一族で愛称ジョジョの主人公を立て、キャラに沿ったテイストで物語が進む。シリアスな第1部、ユーモアを交えた第2部、一族宿敵DIOとの決着を迎える第3部、大きな転換を図った第4部とそれぞれに惹き込まれた。

特にお気に入りはスタンドバトルを採り入れた「スターダストクルセイダース」でしょう。これでもかの絶望感と繰り出す知恵、頭脳戦での激突。それはシリーズ全体に一貫しているが、そのピークは第3部が一番。第1部、第2部の波紋バトルは「北斗の拳」ではあるが、伝奇的要素でジョジョワールドを確立させた。また第2部でのジョセフの破天荒さはその後の作風を決定付けている。

原作未読とも、同じ時代を生きた者として、洋楽アーティストを扱ったネーミングに目がいく。バニラ・アイスは「オースティン・パワーズ」でギャグにされていたけど、名前のインパクトはNo.1。テレンス・トレント・ダービーはマニアックだけどCD持ってる。そして「ダイヤモンドは砕けない」のラスボスは「キラー・クイーン」ですからね。

同じくテレビアニメ版の楽しみとして、エンディングテーマが洋楽である事。中でも第1部、2部で使われたプログレ、YESの「Roundabout」がバック映像と相まってカッコイイ。「スターダストクルセイダース」でのバングルス「 walking on an egyptian」はまさに天命。エジプト編でパット・メセニー使うあたりは泣ける。ちなみに第4部でのSavage Gardenの頃は洋楽卒業していたので耳馴染みではあるが、あまり思い入れは無く。

今も続く原作に対し、第5部のアニメ化の噂が伝えられるが、続きが見たい。先にKindleで原作読んでもいいかも?。とにかくジョジョ漬けだった3ヶ月は本当に楽しかった。

180409

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/14

「重戦機エルガイム」を観る

180314

Amazonプライムで「重戦機エルガイム」を観た。全54話、半年近く掛けての視聴。放送当時は中学生。途中挫折した上、あまり熱心に観ていなかったので今こその再視聴となった。

あの頃、序盤はしっかり観ていたのですよ。本作の魅力はメカニック。脚元のカバーが開いてシリンダーが露出するなんて、当時のアニメじゃ考えられなかった。ボトムズと並ぶリアルロボット路線である。悪魔的デザインのマーク2と対照的な序盤主人公は真っ白なエルガイム。当時買ったハイコンプロは実家に眠っているかも。

原作は富野監督だが、ビジュアルは永野譲の創作でメカニックとキャラクターの両者をデザイン。この発想も新しかった。特にレッシィやギャブレットら脇役がいいよ。所詮、主役のダバは狂言回し。結局、本作はSFラブコメ的スターウォーズという印象だった。

ただそれがぐだぐだ続いてしまうところで中学時代は離脱。その印象は今回観ても変わらない。一見骨太なポセイダル、ミアン、フル=フラットの大人ドラマの部分は今観ても押しが弱い。全話観るのに半年掛かったのもそれが大きな理由。「24」なら1シーズン2週間足らずで見終わってしまうのに。

それでも最初にマーク2が出てきた時はテンションが上がった。巨大、強力化する武器バスターランチャー。そして永野メカ、多様なヘビーメタルは今も新鮮。ラスボス「オリジナル・オージェ(オージ)」もカッコいい。永野はそのまま次番組「Zガンダム」のデザインでもその手腕を発揮している。

個人的には「競馬場の達人」のナレーションでおなじみ、大塚芳忠氏の声が聴けたのが嬉しい。オープニングと軽快なキャオっぷりが懐かしい。

前番組「ダンバイン」との関係性に裏設定、そして「ファイブスター物語」と世界観の奥深さも本作の魅力ではあるが、それを知ったのも最近。子供向け番組の時間帯として敷居が高く、その割に弾けていない。しっかりと描いて、今のご時世なら深夜アニメなのだろう(「Gレコ」でさえ深夜だったし)。ただその当時の時代性を含めて「重戦機エルガイム」は興味深かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧