2021/03/14

Anker Soundcore Life U2を買う

210314_01
外出、ウォーキング用に使っていたBluetoothイヤホンがご臨終。代替品は迷わずAnker Soundcore Life Q30を買った経緯から、同じAnkerのU2を買ってみた。

基本的にワイヤレスイヤホンは消耗品。音楽を聴く程度なら安価な中華イヤホンでいい。でもワンランク上の音が欲しくなった。そこで安価、いやAnker。Amazonでポチって税込¥3,990円。総じてコストパフォーマンスは高い。

箱の中身は本体、耳の大きさに合わせたイヤーチップとイヤーウイング大中小5種、そして充電用USBケーブルとシンプル。取り付けてみたものの、イヤーウイングの使いみちはいまだ謎。耳から取り外し易さなのかな。幸いイヤーチップは我が耳にジャストフィットで密閉度が高くて外れ難い。

210314_02

音の素性の良さはQ30譲り。これまでの中華製イヤホンより明らかにクリア。しかもイヤーチップのおかげで低音再生にも効果を発揮する。たとえQ30程に低音は出なくとも十分。何より驚いたのはRadikoを聴いた時だ。Q30で聴いた時と同じモニター感。間近で話しているような感覚が素晴らしい。これを聴いてしまうとこれ以上安くていいとは言えない。

操作性もQ30譲り。Bluetooth接続、解除時のアナウンスも同じ。強いて問題点を挙げると次の2点。(1) Anker謹製のアプリに製品登録が無くイコライザが使えない。(2) バッテリ残量が判り難い。

(1)は無くとも音がいいので不要(もし低音が物足らなければイヤホン自体にBassUp機能あり)。(2)はバッテリ長寿命を狙うとフル充電したくない。ただ24時間保つバッテリは使用状況から逆算して充電したい。

カバンに放り込んだりしてもイヤーチップは外れない。イヤーチップだけ無くしては大変だから。ただラフな使い方に対し、細いケーブルの断線が心配。そうならないよう注意して使っていきたい。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021/02/21

Macbook Air(2013)のバッテリを交換する

PC環境は一難去ってまた一難。今度はMacbook Airのバッテリが死にかけてきた。2013年のモデルで8年目、Big Surはかろうじてサポート範囲という状況。だがバッテリフル充電で1時間半保たなくなってしまった。

210221_00

実は一度、2年前にバッテリ交換している。でも近くにApple Storeは無いので、あるショップに依頼して交換作業してもらった。しかしこの行動にはリスクがある。外部依頼後は自己責任、以降はAppleの修理サポートを受けられない。そして今回。なら自分で替えてみればいいじゃんという結論。

人気モデルなので同じような境遇の人は多い。ググれば同志からの情報が得られる。そこから得たものをまとめると、
(1) Macbook (Air) バッテリの交換は簡単。
(2) ドライバは特殊だが、販売している互換バッテリに同梱されているものがある(=便利)。
(3) 所詮互換バッテリなので交換当初のパフォーマンスは純正ほど長く続かない。
(4) あくまで自己責任。

ユニボディのApple製品。でもMacBook Airは底面パネルを外す事ができる。その点(2)にある工具同梱がベスト。問題は(3)。悪く言えば運次第。どの互換バッテリのコメントをみても10%近い人はすぐダメになるとか、パフォーマンス低下を訴える。ここはギャンブルだな、馬券は下手だけど。

選んだのはコレ from Amazon。理由は(2)前提で一番安価だった事。安ければ(3)だったとしても諦めがつく。

作業を始めたのはバッテリ到着の夜。付属の工具ドライバで底面パネルのネジを外していく。長さが2種類あるので注意。パネルを外すとバッテリが現れる。バッテリも2種のネジ5本で留まっているので外す。ポイントはコネクタ部を外すところ。バッテリ側のコネクタを押さえつつ上に抜いていく。コネクタが抜けたら、バッテリを入れ替えて元の順で戻していく。ここまで20分。

 210221_01 210221_02

交換後は電源を入れるが、バッテリはほぼ空。AC接続後、1時間程でバッテリステータスは100%に達する。1日経った時点でバッテリの保ちは交換前の3倍位、3時間弱は余裕(MacOS使用時、軽めの作業)かなと思う。ただ今後、ボード絡みのトラブルがあってもAppleは診てくれない。あくまでも自己責任で。壊れたら次はM1(M2?)モデルのMacbookを買うのかな。

| | コメント (0)

2021/01/30

Anker Soundcore Life Q30を買う:その2 その後の私、就寝時対策

210130_01

Anker Soundcore Life Q30を買った最大の目的はノイズキャンセリングモードによる隣人対策。二週間経ってみてその効果は大きかった。

前回書いた通り、周囲の音が7割減する感じでゼロにはならない。特に階上の発する刺激音はオーバーイヤータイプであっても通り抜けてくる。でも音楽やRadiko を聴きながらであれば意識は散って相殺される。特に今はラジオ生活が楽しいので苦にならない。まるでひと部屋をもらったようなもの。残念ながらリアル個室はないけれど。

手持ちの有線ヘッドホン(安物)と比べ装着感が心地よく、音の印象と相まって何でもこのヘッドホンで聴きたくなる。スイッチや本体タップでノイキャンの切り替えが出来るのも便利。PC、iPhone、iPadと手元のガジェットは全てペアリング設定した。普段使いは電源スイッチを切って終了。それでいい。

しかし就寝時だけは困る。例えばiPhone聴きながらノイキャンしたまま寝入ってしまう。そんな翌朝、ヘッドホンを見るとLEDが点灯、電源が入ったままである事に気づく。原因はbluetooth。ただ結論から言うと、このヘッドホンはノイキャン使用時、bluetoothを切ったからといって電源は切れない。さぁどうする。

まず就寝時のノイキャン使用は諦める。そもそもこのヘッドホンは音楽を聴こうが聴くまいがノイキャンのみで機能する。この点は妥協。寝る時間、その体勢ならノイキャンしなくてもいいだろう。ノイキャンしなければBluetoothオフがトリガーとなり、ヘッドホンの電源は切れる。

その上でiPhoneやiPadに限るが、Appleの謹製アプリのショートカットを利用する。時計のタイマー、bluetooth設定を組み合わせて作っていく。ポイントは途中に入れたスクリプティングを使った待機時間。タイマーより長く設定してbluetoothオフを機能させる事ができる。停止時間はライフスタイルにあわせて作ればいい。

210130_02

ただ事前にタイマー終了時を再生停止にしておかなければならない点は注意。無論タイマーで再生停止を常用している方は設定変更不要で問題はない。

実は妻によく言われるほど寝入る速さはのび太級。そもそも作例のように25分もタイマー時間が必要か。まぁ、いいじゃないの。

 

| | コメント (0)

2021/01/21

Anker Soundcore Life Q30を買う:その1

210121_01

Anker Soundcore Life Q30を買った。理由は"「ミセス・ノイジィ」を観る"の回にも書いたが、隣人の騒音問題にある。隣人といっても共同住宅の階上。共同住宅歴10年以上だがこんな事は初めて。成長期の幼児は昼夜を問わず騒ぎ、たまに夫とみられる男性の怒号。特に物を落とす音が耳、頭上を刺激する。管理人さんを通して話しても改善されない。

妻は共同住宅歴がもっと長い事と、所詮は子供のする事だからと寛容。むしろオレが嫌な顔をするのが気に入らないらしい。「じゃあノイズキャンセルヘッドホン買うよ」と言うと「その方がマシ」と快諾?を得た。

正式名称はノイズキャンセリングヘッドホン。価格帯はピンキリ。そこでバッテリーやBluetoothスピーカーでお馴染み、Ankerから発売されたばかりの Soundcore Life Q30を選んだ。安サラリーマン、迷ったら中くらいなので。それでも8,990円(税別)でAnkerでは上位クラス。近場に試聴の場が無いので一か八かのギャンブル購入。

Bluetooth接続のヘッドホン、ウォーキング用なら割り切りもあって中華製で良かった。だが今回は屋内メイン使用。これでも昔はオーディオマニア。有線至上主義者ゆえ、ジャック付のiPhone6sをあえて選んだくらい。でもAnker Soundcore Life Q30の音を聴いた瞬間、「これで充分」と思わせた。しかも耳をパットが覆うオーバーイヤータイプで没入感が高い。

210121_02

音はこれまで聴いたヘッドホンに比べ、モニターライクでレンジが広い。やや低音を誇張するところがあるが、嫌味はない。ここは今後エージングで変わってくるところだろう。スマホ上から数種プリセットイコライザを選べるが、個人的に今のデフォルトが合っている。

実力確認のため、「鳥の楽園セイシェル」に「Symphonic Suite AKIRA」から金田、「Total Recall: Original Motion Picture Soundtrack」からThe DreamとClever Girl、「WHIPLASH」(『セッション』オリジナル・サウンドトラック)からCaravanと手元のiTunes(送り元はiPad miniでmp3:128kbps)で試聴リファレンスや普段聴く曲を選んでいった。

まずノーマルモードで聴いてみる。金田を聴いて音場は程々に広く、音も回る。オケのレンジ、音の立ち上がり、解像度も申し分ない。Caravanでの音のねちっこさといい、聴き応えがある。俺レベルで充分にリファレンス級の音。

ノイズキャンセリングモード(以下NCモード)は音が薄味になる反面、解像度が若干上がる。これは暗騒音が下がる時と同じ現象。セイシェルの波の音、動きが明確になった。レンジとのトレードオフ。ボリュームの大きさも関係するだろう。

210121_03

なおノイズキャンセリングは周囲の音が7割減する感じでゼロにはならない。これ以上の効果はボーズやソニーの上位機種しか選択肢はないだろう。radikoを聴く時はおしゃべり中心だからノイズキャンセリングモード常用でもいい。

NCモードの選択はTPOに合わせて使いたい。そして階上でいざ事が起こった時、その効果を試してみたいが今は静か。まずはこのヘッドホンを使い始めた精神的効果の方が大きい。この続きは次の機会に触れたいと思う。

 

 

 

| | コメント (0)

2021/01/04

お気に入りのRadiko用アプリ

昨年夏以来、テレビもいいけどラジオもね生活。ラジオといえば学生時代。FMステーションを買って、番組表を見て、蛍光ペンで事前チェック。今や死語になったエアチェックが懐かしい。

ちなみにエアチェックとは主にFM放送の番組、楽曲をカセットに録音する事。楽曲ならパーソナリティの紹介に合わせ、録音ボタンを押す。番組を全録する場合、カセットの録音時間がものを言う。オートリバースデッキは革新的だったけど、アジマスずれして音質に問題があったり。その後バイトしてビクターの3ヘッドデッキ買ったのは嬉しかったな。

時を戻そう。FMは直接受信からRadikoへ。Radikoのいいところは3波(AM、FM、短波)を同じ土俵、音質で楽しめる点。ナローレンジ、ノイズ混じりのAM放送が何とクリアな事。FMのクリアな音質、優位性は無くなり、3波三つ巴の戦いとなる。ただワイドFMなら地元のAM局もFMで楽しめる。ただあくまで地元に限る..

Radikoのタイムフリーは受信都道府県内の局に限られる。例えAM直接受信できてもだ。その場合は有料のRadikoプレミアムに入るしか方法はない。Radikoの標準アプリを使えば全国各地の番組を聴ける。でも使い勝手が微妙。

そんな時使うのが「らじれこ」と「らくらじ」。前者がPC(Mac用もあるよ)、後者がスマホ用となる。共通して何が便利かというと番組が録音できる事。一週間以内に終了した番組であれば、ダウンロードしファイル化できる。アプリ上では単純な再生もできるため、必要に合わせ選択すれば良い。

ウォーキング中は「らくらじ」を用い通信料対策でダウンロード、ファイル化したものを再生している。Radikoの標準アプリにこんな機能はない。ただ「らくらじ」には唯一の問題がある。それは再生中に聴取エリア判定(たぶん仕様)を行うため、定期的にGPSを認識させなければならない。電波をロストすると再生し直し。その分、再生時間を飛ばすしかない。

その対策として「らじれこ」からiTunes経由でダウンロードを落とす手もあるが面倒くさい。そこまで大袈裟に扱う必要もない。むしろ恩恵の方がはるかに大きい。「らじれこ」と「らくらじ」(しかも無料!)ともラジオ生活を充実させるには有効なアプリだ。

210104_01

 

| | コメント (0)

2020/12/30

次期母艦移行(1) 新Windows PC導入

201230_01

前回、次期母艦検討(2) iMac(2008)お亡くなり寸前のため、早々にWindows PCを購入した。買ったのはDELLのVostro Desktop 3681価格com限定モデル。CPUはCorei5にメモリ8GB、256GBSSDに1TBハードディスクの組み合わせ。価格comモデルはカスタマイズ度ゼロだから安い。ちなみに税別45,743円と破格。

モニタはちょっとだけ、同じDELLのUltraSharp 24インチモニタU2419Hと奢った。それでもブラックフライデー価格で税別25,242円。デジタル系入力(HDMI, DisplayPort)が2つ。 ゆくゆくはMac miniを繋ぐ事も想定した。ただこのモニタ、内蔵スピーカーはない。そこはどうするか。ライン出力に気がつき、Creative製スピーカーをポチる。

PC本体は即納モデルながら、先に来たのはモニタ。しかも本体は在庫切れ直後で待つ事一週間で到着。週末にセットアップを行なった。DELL Vostroのセットアップは簡単。

201230_04  

だが問題はほぼ死に体のiMacからのデータコピー。もうBootcamp、Windowsは立ち上がらない。ダメ元で電源を入れ、白画面のままのiMacへネットワーク接続してみた。するとどうだろう。ドライブが見えたのだ。iMacが生きているうち、ネットワーク経由でWindowsに納められたデータをコピーする。諦めていた年賀状の住所録も無事救出する事ができた。

iTunesのライブラリは外付けHDDに入れていた事もあり簡単。iTunesのインストール後、ライブラリフォルダを指定し直してあっけなく終了。

そして競馬データベースソフトTarget Frontierやスーパーパドックスマイルの再構築。昔やった時はDVD-ROMを取り寄せ、差分をダウンロードするのに一昼夜以上掛かった。でも今は光環境と相まって全データダウンロードでも数時間で終わってしまう。これまでの投票データや馬場指数等もiMacから移して終了。

加えてTeamViewer、Dropboxと今や欠かせないアプリをインストール。Microsoft officeも最新版365へ。何せ今までずっーとoffice2003を使っていたから。3,000円キャッシュバック込みでお得感は高い。とはいえ、サブスクはいまだ抵抗感があるけど。

iMacでもネットワーク視聴アプリ、サイバーリンクのSoftDMAを使っていた。そこでDELL Vostroにインストールしたが動かなかった。それならとDixim play for DIGAを導入。買い切りプランが期間限定50%オフで1,430円ときた。この手のアプリはライブラリが多いほど操作性が悪い。しかしこれは最新録画を選べば、検索番組数が制限され扱い易いのはいい。

これまで使っていた全てのソフトが移行され、しかも使い勝手が改善された。死にかけのiMacとは雲泥の差。快適な環境はストレスはない。iTunesで音楽を聴くと、激安なCreative製スピーカーとの相性は抜群で心地いい。

あとMac環境だけが移せていない。こちらは予算の関係、次期母艦移行(2)はまだ先になりそうです。

201230_02

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020/12/10

Big SurにしたらStationTV Linkが動かなくなる(追加情報あり)

タイトルの通り、MacOSをBig Surにアップデートしたら、ピクセラ製Mac向けアプリ、StationTV Linkが動かなくなった。これはMac向けDTCP-IPプレーヤー。使い勝手以前に「できる事」が重宝するアプリ。

2011年以降のMac、OSはMavericks以降をサポートするが、やはり劇的に変わったBig Surは今のところサポート外。Appleが大きく舵を切ったのでそれに倣うか否かはピクセラ次第。ただ2015年7月を最後にアプリのアップデートが途絶えており、実はそれすら怪しい。

でもこのソフト、自社、Amazon等他社のオンラインストアで今も大手を振って売っている。
しかもその売りは

「Mac唯一のDTCP-IP対応アプリ。録り溜めた番組も、放送中の番組もMacで見られる」

サイトのサポートコメントもよく解らない。対応するのか、しないのか。サポート終了品になっていない以上、ピクセラには何らかアクションを起こして欲しい。
追記:
2月1日にアップデートプログラムが配信されました。おかげで動作します。ピクセラ様、ありがとうございました。

201210_01

 

| | コメント (0)

2020/11/22

次期母艦検討(2) iMac(2008)お亡くなり寸前

現母艦のiMac(2008)は重要だ。MacbookAirを導入するまでメインに使っていたし、Bootcampで競馬用PCとして使っている。iPadmini上からTeamViewerで操作もでき、競馬場へPCを持っていく事も無くなった。週末同様にMacbookAir上から操作している。

しかし二週間前からiMacが急に動かなくなった。BootcampでWindowsは起動できない。さらに今日、電源ONを繰り返す中、画面は白いままとなる。「iMac 白い画面」で検索するとかなりの重症と気づく。ただoptionキーを押して電源ONすると、起動ディスクが選択できる。

OS Xで起動する事数10回繰り返す。なかなか起動しないiMac。だがやっとアップルマークにプログレスバーが現れ、何とかMacは起動した。だが最初のデスクトップ表示の際、横筋ノイズっぽい現れ方をしていた。GPU、グラフィックボード絡みのトラブルかもしれない。

もう時間は残されていない。先日Appleslicon版Macが発表されたが、iMacは後回し。M1チップのパフォーマンスに食指が動くが、Windows仮想化動作は未定で色々と難題が付き纏う。しかも今回のiMacトラブルのように一気に2環境を失いかける事態は避けたい。

リスクヘッジ。次はMacとWindowsPC、母艦を分けようと思う。まずはWindowsからだ。必要最小限の構成でWindows10が動けばいい、あくまで競馬対応。一方Macは来年かな。M1チップ搭載Macminiがアップデートされる事(メモリ増)を願ってその時に狙いたい。

201122

| | コメント (0)

2020/10/24

新型はトップパイロットの証

ジオン軍のパイロット シャア・アズナブル。機動戦士ガンダムではザク、ズゴック、ゲルググ、そしてジオングと乗り継いでいった。グフやドムは乗っていないが、ガルマ戦死の責任を負い失脚中の出来事。基本的に軍から新鋭機を与えられる立場はトップパイロットの証。

最新iPhoneのナンバーリングは12。ガジェット好き界隈では乗り換えるか否かで話題となっている。何と言っても目玉は5G対応。今5Gで繋がるのは都内でごく一部。田舎では環境整備に数年は待たされるのは必至。そもそも10万オーバーの最新iPhoneなんて簡単に乗り換えられない。

それでも毎度機種変更する人もいるし、減価償却を踏まえ数年単位で替える人もいる。結局個人の計画、懐事情が左右する。それでもダメならエントリー機SEがあるのは今のiPhoneの強み。iOSのサポートが切れたらそれもアリかなと思っていた。

2年前発売のXSにiOS14.1を入れると画面がカクカク、動作が重くなったという話。対象機種であっても必ずしも最新OSの恩恵を受けられない、むしろデメリットになりうる。
iOSに限らず今回のアップグレードはあまりいい話を聞かないので未だ手を付けず。iPadOSも14に上げていない。

中古iPhoneからスタートすると、なかなか最新機種へステップアップはできない。ただOSとの兼ね合いを考えると、一度やっておくと楽。それが今回なのか、その先か。ただエントリー機を乗り換える人生はつまらない。誰しも一度は最新機種を味わいたい、トップパイロットになりたいじゃないか。

201024_01

| | コメント (0)

2020/09/29

ウチの受信契約コンテンツ事情

200929
今月いっぱいでNetflix(スタンダードプラン1,200円)を解約する事にした。「全裸監督」「ハウス・オブ・カード」等ひと通り観たい作品を一巡した事が大きい。解約手順は秒殺、Web上で3アクションと呆気なかった。HD画質で1端末契約があったら良いのになぁと思う。

これで配信系はAmazonプライムビデオ(年会員で月割408円)のみとなった。

自分の契約しているコンテンツの主軸はWOWOW。最新作が観られる一方、ミニシアター系に強い。放送メディアなのでディスクへライブラリー化できる。ただ月額2,300円と決して安くない。

そしてスカパー。元々はグリーンチャンネルを見るため。基本料金を加えて1,749円。加えてセレクト5で1,980円(1チャンネルあたり約400円)。

今選んでいるのはアニマックス、日本映画専門チャンネル、東映チャンネル、ムービープラス。フジテレビONE (来月TBSチャンネル2はムービープラスへ)。それぞれ配信系に無いソフトを多く持ち、WOWOW同様にライブラリー性が高い。

中でもフジテレビONEは趣味チャンネルとして強力。武豊TV!2にゲームセンターCX、漫道コバヤシがお気に入り。セレクト5はこれまでも何度かチャンネルを入れ替えているが、フジテレビONEだけはフィックスである。

Netflixを入れると月額7,637円、止める事で6,437円。スカパーはセレクト5を止め、1チャンネル契約という手もあるが、3チャンネル以上となると、セレクト5のトータルコストパフォーマンスに敵わない。なおNetflixは時間が取れる年末年始までおあずけです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧