« 午前10時の映画祭14「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」を観る | トップページ | 「パスト ライブス/再会」を観る »

2024/04/21

「フォロウィング 25周年/HDレストア版」を観る

今夜はクリストファー・ノーラン監督作品「フォロウィング 25周年/HDレストア版」を観てきた。1998年製作のイギリス映画でノーラン監督の第一作でもある。近年はビッグバジェットの大作ばかりだが、その根幹となるトリッキーな物語は初期の作品から提供してきた。

作家志望の男があるルールの下、人々を尾行する中で遭遇する出来事を追った物語。また異なる時間軸のストーリーラインはその後の作品にも共通する描き方でもある。ただ作品が近年になる程、意外に難解さは薄まっている事に気づく。

70分の小品らしく登場人物は少なめ。主人公の若い男、彼が接触する謎の男、彼らが侵入する部屋の女、そして刑事。セリフの端々にノーランらしさがあり、主人公を追い込んでいく様が描かれる。だが「メメント」を観た時にも思ったが、初期作品ほど一度に物語の全てを理解する事は難しい。

そのせいか(いや体調のせい?)前半はちょっとお眠になってしまったけど、後半でその真意が判ってくる過程は他のノーラン作品同様に面白い。もう一度観ると彼らの行動、セリフと伏線が見えてくるだろう。いやもう一度観たくなる事必至。

4:3、かつてのテレビサイズ、モノクロで撮られた映像もインディーズっぽさがあって味がある。ちょっとした荒っぽい編集もいい。その一方、劇伴はなかなかの迫力があってサスペンスを補う。この機会、ノーラン好きな方なら劇場で観て損はないと思う。

240421_01

|

« 午前10時の映画祭14「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」を観る | トップページ | 「パスト ライブス/再会」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 午前10時の映画祭14「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」を観る | トップページ | 「パスト ライブス/再会」を観る »