« 「炎の十番勝負2024・春」応募受付完了 | トップページ | 「落下の解剖学」を観る »

2024/03/30

「オッペンハイマー」【IMAXレーザー字幕版】を観る

今日は盟友N氏と「オッペンハイマー」【IMAXレーザー字幕版】を観てきた。クリストファー・ノーラン監督最新作であり、今年の米アカデミー賞を総なめにした作品賞受賞作品である。原爆の父と呼ばれるJ・ロバート・オッペンハイマーの生涯を追った伝記映画。

上映は3時間、とにかく情報量の多さは随一。昨年放送NHKBS「ザ・プロファイラー」で彼の事を採り上げられて下地はあったものの、字幕を追うハンデ、ハイテンポな演出、異なる時間軸と相まって、脳味噌がオーバーフローする程に理解が追いつかないシーンもあった。

ただこの作品の魅力は映像の力。その語り口にオリバー・ストーンの「JFK」を思い出した。その全ては解らないまでも徐々に圧倒的ストーリーテリングに引き込まれていく。カラー、モノクロを使い分けてアインシュタインに諭された「新世界」前後の物語を軸に、もう一つ狡猾なストローズとの抗争が描かれる。

この映画は実話「太陽を盗んだ男」しかし原爆を作る過程、リアルさは日本の「太陽を盗んだ男」が上。元々オッペンハイマーは開発統括の立場。本作では原爆が作られる過程、戦況、人間関係、共産主義者と接触の多かったオッペンハイマーの顛末が生々しい。兵器開発から立場を翻した後の境遇の変化にも驚かされる。

なお本作の広島、長崎の描き方はあくまで開発者目線。ドイツ降伏の後、ポツダム会談に追われる原爆開発。そんな中で行われた試験のリアリティ、閃光と轟音の凄みにIMAXと相乗効果にさすがノーラン作品と思わされる。だが研究所の中で称賛され、壇上に立つオッペンハイマーの感じた幻覚、ある種の違和感にその恐ろしさは充分伝わってきた。

なお事前、中学生の子供を連れて行こうと思っていたが、それは止めてよかった。すなわちそういうシーンがあるという事(グロの方ではありません)なのでご注意を。

240330_01

|

« 「炎の十番勝負2024・春」応募受付完了 | トップページ | 「落下の解剖学」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「炎の十番勝負2024・春」応募受付完了 | トップページ | 「落下の解剖学」を観る »