« 「スケアクロウ」【午前十時の映画祭13】を観る | トップページ | Netflix「ナイアド 〜その決意は海を越える〜」を観る »

2024/02/23

Netflix「ポップスが最高に輝いた夜」を観る

今日はNetflixで「ポップスが最高に輝いた夜」を観た。USAフォー・アフリカ「ウィ・アー・ザ・ワールド」収録秘話を綴った音楽ドキュメンタリー。80年代の洋楽シーンを体感した者にとって一つ一つのエピソードが興味深く琴線に触れるものばかり。その映像と相まってあの夜にタイムトリップした。

1985年1月25日の夜、AMレコードスタジオに人気アーティストが集結。音頭取りの一人ライオネル・リッチーのインタビューを中心に経緯と出来事が綴られる。まず何故、あの夜を選んだのか、その理由が腑に落ちる。キラ星の如きスターたちを呼び集める秘策。それ故のトラブルも起きていくが、その名演は歴史的偉業となっていく。

偉業の影に名プロデューサー、クインシー・ジョーンズの存在あり。キャリアと人望でこの人の右に出る者は無し。これ以上無いコラボレーションを整理して導いていく。そしてもう一人の立役者はキング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソン。この曲をコンポーズ(ライオネル・リッチーとの共作)し、かつ録音の一夜も偉業を裏から支える事になる。

80年代のポップスシーンにおけるマイケルのライバルといえば殿下、プリンス。出演への駆け引きの中、結果不在の理由も彼らしい。その点、間に立ったシーラEの気持を察するとちょっと彼女が可哀想。ただ殿下のパートを歌う事になるヒューイ・ルイスのハマりぶりに、当時から違和感は無かったしそれも運命だったのかもと思う。

スティーヴィー・ワンダー、ブルース・スプリングスティーン、ビリー・ジョエル、シンディ・ローパー、ティナ・ターナーら当時の洋楽シーンに欠かせないメンバーが懐かしい。その中でも異彩を放つのはボブ・ディラン。あの歌いっぷりはスティーヴィーとのコラボレーションの中で生まれたのだなぁ。今も「ウィ・アー・ザ・ワールド」は名曲。「ポップスが最高に輝いた夜」のタイトルに異論無しだよ。

240223_01

|

« 「スケアクロウ」【午前十時の映画祭13】を観る | トップページ | Netflix「ナイアド 〜その決意は海を越える〜」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スケアクロウ」【午前十時の映画祭13】を観る | トップページ | Netflix「ナイアド 〜その決意は海を越える〜」を観る »