« Netflix「ポップスが最高に輝いた夜」を観る | トップページ | Netflix「マエストロ: その音楽と愛と」を観る »

2024/02/24

Netflix「ナイアド 〜その決意は海を越える〜」を観る

今日はNetflix「ナイアド 〜その決意は海を越える〜」を観た。アネット・ベニング、ジョディ・フォスター共演、キューバ・フロリダ間の遠泳に挑戦したダイアナ・ナイアドを描いたドラマ。二人はこの作品でアカデミー賞の主演、助演女優賞にノミネートされているが、それも納得の熱演。

とにかく二人の演技が素晴らしい。「老いに抗う」とはイーストウッドの「運び屋」のセリフではあるが、この作品にも当てはまる。ほぼ全編ノーメイク、素を晒し今の自分たちの姿を通してダイアナ、パートナーのボニーを演じている。64才で挑戦するダイアナに虚飾は要らない。心身共々準備、撮影を含めて相当に大変だったであろう。

それが結実するよう物語に表れ、映像からダイアナのタフさが伝わってくる。二人を中心にサポートするプロフェッショナルたち。潮流、サメ、クラゲや海洋生物、医療、船の運行等、この作品を通して様々な見地を知る事ができる。もちろんこの挑戦を通しての友情、ダイアナもチームスポーツと言い表す。特に潮流にコースを見極める役のリス・エバンスの存在感が良かった。

この作品は単にダイアナの挑戦を描くだけでなく、それに至る経緯も明かされる。それはMeToo運動以降の今こそ色濃くなったわけで、ダイアナの胸中に抗う波と共に現れる。30年ぶりのリベンジ、度重なるアクシデントと4年に及ぶ挑戦。偉業達成、心の傷を乗り越えるためにダイアナは前に向かって進んでいく。

キーウェストの海岸線、ふらふらになりながら立ち上がるアネットの姿はダイアナ本人そのものだった。エンドロールでの実際の映像と見比べても二人の再現度の高さは伝わってくる。この作品を通してちょっとだけ元気も貰えたし。それにしても今年のアカデミー賞主演女優賞は混戦だなぁ。

240224_01

|

« Netflix「ポップスが最高に輝いた夜」を観る | トップページ | Netflix「マエストロ: その音楽と愛と」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Netflix「ポップスが最高に輝いた夜」を観る | トップページ | Netflix「マエストロ: その音楽と愛と」を観る »