« 「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」を観る | トップページ | 北野武監督最新作「首」を観る »

2023/11/17

iPhone6sからiPhone12 miniへ切り替える

iPhone6s(2015年発売)からiPhone12 mini(2020年発売)へ切り替えた。いずれも中古購入で乗り換えるキリコのAT(アーマードトルーパー)状態。それだけに今度は3眼を狙ってたけど、流石に予算内を収まらず断念。ただ5年の世代差から生まれる違いは大きかった。

何より最新iOSに乗り換えられるのは嬉しい。とはいえiOS17は色々問題が未解決のため、まだ16に上げたまま(iPhone 6sでは15止まり)。それでもM2 Mac miniとの連携、親和性は高くなる。Appleからセキュリティアップデートはあるとはいえ、古いiOSを使い続ける事にストレスを感じたのは確か。

ちなみにiPhone12 miniを選んだ理由は予算5万円以内、かつ4年はiOSが最新(アップデートは3年か)で使える事、容量256GB必須で選定。この予算帯だとiPhone11以前が中古市場の中心。ただiPhone12 miniは人気が無いのか、12や12 Proに比べかなり安価だった。こちらからすれば渡りに船。

12 mini不人気理由の一つはバッテリーの容量だが、実は6sよりも大きい。バッテリー(中古で最大容量85%ながら)の持ちも少し良くなったような気がする。手に持った感じとボディサイズはほぼ同じでも画面は相対的に少し大きくなった。しかも色鮮やかな有機EL。だからデメリットは微塵も感じない。

その理由、そもそも世間とスマホの使い方が違う点が大きい。基本iPad mini4を主に使い、iPhoneはその作業サポートまでだから。それに何とかiPad mini4は使えているし。ただそんなiPad mini4もiPadOSは15止まりでかつバッテリーは一日持つのがやっとになってきた。そこが目下最大のストレスかもしれない。

231117_01


|

« 「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」を観る | トップページ | 北野武監督最新作「首」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」を観る | トップページ | 北野武監督最新作「首」を観る »