« 中森明菜「CRIMSON」と竹内まりや「REQUEST」、そして「駅」 | トップページ | iPhoneの着信音を「You can do it!」(映画「MONDAYS...」より)に変える »

2023/07/15

「君たちはどう生きるか」を観る(ネタバレ無し)

今日は宮崎駿監督最新作「君たちはどう生きるか」を観てきた。タイトルに使われた原作本は未読。鑑賞前のネタバレはキャスト2名と主題歌の件のみ。ほぼ何も知らない状態で観る事ができた。観終わって感じる事はいろいろあるが、力作と感じさせない力作といったところ。

タイトル以上のキャッチコピーは不要。だからといって作品中、テーマのゴリ押しは一切なく大人から子供まで観られる作り。しかも物語、映像表現、愛らしいキャラクター等々宮崎作品の集大成。ただ様々な暗喩が感じられ、タイトル共々大人ほど難しく考えてしまうかもしれない。

大人になって失ったものとか、母と子、命とか、争い事とか感じる点は多々あったが、力を抑えた演出や映像だからこそ伝わるものがある。あっさりさは好みの部分もあろうが、自分にはピタリと波長が合った。エンドロール中、作品に込められたメッセージを噛みしめる。

ちなみにあるキャラクターに誰の声かと?耳馴染みだなと感じたが、エンドロールで判った。彼は本当に巧い。様々な世界をシームレスに繋いだのも彼のおかげ。これまでの宮崎作品でもユーモアを醸す狂言回し的なキャラは出てきたが、そのキャラクターこそ影のストーリーテラー。それ以上は言えないなぁ。

また事前情報が無かった事が幸い、アンテナ全開で鑑賞したのも良かったと思う(劇場にはチラシさえ無かったし)。観るなら公開直後の今がいいかもしれない。

230715_01


|

« 中森明菜「CRIMSON」と竹内まりや「REQUEST」、そして「駅」 | トップページ | iPhoneの着信音を「You can do it!」(映画「MONDAYS...」より)に変える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中森明菜「CRIMSON」と竹内まりや「REQUEST」、そして「駅」 | トップページ | iPhoneの着信音を「You can do it!」(映画「MONDAYS...」より)に変える »