« コロナ感染は突然に【起きた事、困った事、わかった事】 | トップページ | 「格闘技世界一 四角いジャングル」を観る »

2022/09/03

「ヴェノム」「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ 」を観る

「ヴェノム」をディズニープラス、「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ 」をAmazonプライムビデオで連続して観た。ちなみに「ヴェノム」はAmazonプライムビデオでも観られるが、ディズニープラスは字幕のカスタマイズ(大きさ、色、縁取り等)できてパソコンでは観易い。

ある事件からシンビオートに寄生された新聞記者エディ・ブロックとその寄生体ヴェノムの顛末。初見は「スパイダーマン3」でシリアス基調だったが、今回のヴェノムとは明らかに違う。とにかく今回のヴェノムは続編共にダークヒーローコメディ。例え人を喰らおうが呆気なく恐怖もない。

まずはトム・ハーディ演じるエディのカッコ悪さ。ヴェノムとの生活は汗臭く、しかも愚痴が多くなる。ヴェノムとの共生はコメディーみたいなもの。しかも女性好きでシンビオートとして特異な存在。これでシリアスになる訳が無い。レストランの水槽に入った件はまるで熱湯風呂かと思ったよ。

最終的に一作目、二作目共に同類のシンビオートとの戦いが控える。そこで繰り広げられるCG絵巻。物語はあって無いようなものだから、エディ=ヴェノムへの感情移入もない。二作目はアンディ・サーキス監督の手腕もあって97分と小気味いい。一作目はやや長かったかな。

独自に打ち出した「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」(SSU)って言うのが軽い。シンビオートが映画スパイダーマンの世界に向かうという事は、また「スパイダーマン3」みたいになるのではと危惧。優れた化学反応を産むか、単なる多重事故に終わるか、正直ソニーの手腕は怪しい。

結論「ヴェノム」「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ 」は共に観なくても今後に影響は少なそう。いずれ「モービウス」も観る機会は出てくるけど気にしない。それに「期待しなければ失望しない」だろうから。

220903_01
220903_02

|

« コロナ感染は突然に【起きた事、困った事、わかった事】 | トップページ | 「格闘技世界一 四角いジャングル」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ感染は突然に【起きた事、困った事、わかった事】 | トップページ | 「格闘技世界一 四角いジャングル」を観る »