« 「アメリカン・ユートピア」を観る | トップページ | リアル・グランツーリスモ »

2022/04/22

「ひまわり 50周年HDレストア版」を観る

今夜は映画館で「ひまわり 50周年HDレストア版」を観てきた。マルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレン共演の1970年公開のイタリア他の合作映画。

第二次大戦後のイタリア。ロシア戦線に向かった夫アントニオを待つ妻ジョバンナ。だが復員兵の中に夫の姿は無かった。消息が途絶えたまま、夫の情報を求めモスクワへ向かうジョバンナ。そしてひまわりの咲く村を訪れ、ある事実を知る。

ヘンリー・マンシーニのテーマ曲が懐かしく、かつてマストロヤンニが出演したカネボウ化粧品のCMを思い出した。駅のプラットホームに対峙する二人に寄り添うような旋律は結末が窺い知れる。これが去年までの世であれば心を揺さぶるのだろうが、鑑賞中は別の感情がそれを遮っていた。

実はジョバンナが訪れた村とは当時のソ連、現ウクライナ地方なのだ。侵攻直後、今回改めて上映が組まれ、NHK朝のニュースで取り上げられてその事実を知った。映画では原子力発電所の建物、近隣に住む人々の生活感が映る。だがそれら今の状況は皆さんの知る通り。

とにかく本作を観ていて感情は複雑だった。アントニオとジョバンナの悲哀、"ひまわり" に込められた思い。最前線の兵士と家族の待つ過酷な現実は変わらない。この作品はイタリア、フランス、ソ連、アメリカの合作。だが今は形を変え、これら国々はぶつかり合い、そして歴史は繰り返される。

映画とは追体験と学びの場だと思っている。この作品を観て率直に感じたものは大事にしたい。家族のために苦しい思いはまっぴらだ。ただ今は速やかな終戦と平和を祈るしかない。

220422_01



 

|

« 「アメリカン・ユートピア」を観る | トップページ | リアル・グランツーリスモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アメリカン・ユートピア」を観る | トップページ | リアル・グランツーリスモ »