« 2021年総決算「競馬篇」 | トップページ | 「キングスマン:ファースト・エージェント」を観る »

2021/12/31

2021年総決算「モノ・生活篇」

211231_04

昨年に続きコロナに翻弄された一年。生活を充実させるのに趣味やガジェットの存在は欠かせないが、それでもどうにもならない事がある。政治は看板を替えただけで何も変わらなかった。しかも二度も総理を辞めた人間が素知らぬ顔をみせる。本当に税金の無駄使い。みんな真面目に選ぼうよ。

もし今年の漢字を一文字挙げるなら「音」だろう。階上の騒音に始まり、再び洋楽に目覚め、何よりこの一年、完全にラジオ漬けの毎日だった。ウォーキングきっかけだったが、今では生活の一部。今唯一自由を感じられるメディアがラジオかもしれない。

ラジオ繋がりでCDを買い始めた。その中で一枚選ぶならニーナ・シモンの「Forever Young Gifted & Black: Songs of Freedom」。ベスト盤の一つなのだが、これも「サマー・オブ・ソウル」の影響が大きい。映像と合わせて彼女のパフォーマンスの虜。セットリストの3曲が収録されていたからだ。

静かに力強い個性的なボーカル。昼間聴いても夜聴いてもよし。当時の彼女の背景を踏まえれば、もう一つの
「リスペクト」と言っていい。ピーター・バラカンさんのラジオからインスパイアされた事は大きい。それだけに今年劇場で「アメリカン・ユートピア」が観たかった。

CD以外に買ったものといえばヘッドホンくらい。その原因も騒音。ノイズキャンセリングヘッドホンの
Anker Soundcore Life Q30を買ってみた。最近妻が買ったソニー製のキャンセリング性能に愕然とするが、好きな音質なのでよし。それにこちらは1/3の価格でのパフォーマンス。Bluetoothも音質が上がってコードレスは正義となった。Anker Soundcore Life U2と音質、操作が近いのも嬉しい。

211231_05

足踏みとなったのはMac、iPhone、iPadのApple系ガジェット。特にM1の性能は認めても購入するとなればMac選びは難しくなる。今年Macminiの上位機が出なかったのは大きい。来年こそM1Macが欲しい。iPhone、iPad共々OSのサポート(アップデート)がいつ迄受けられるか。そのにらめっこが続く。

今年もお世話になりました。皆さま、良いお年を。

|

« 2021年総決算「競馬篇」 | トップページ | 「キングスマン:ファースト・エージェント」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年総決算「競馬篇」 | トップページ | 「キングスマン:ファースト・エージェント」を観る »