« 「世界で一番しあわせな食堂」を観る | トップページ | 「おニャン子・ザ・ムービー 危機イッパツ!」を観る »

2021/04/10

「21ブリッジ」を観る

今日は盟友N氏と「21ブリッジ」を観てきた。「ブラックパンサー」でおなじみ、昨年急逝したチャドウィック・ボーズマン主演、「アベンジャーズ/エンドゲーム」のルッソ兄弟製作のクライムスリラー。

閉店後の飲食店を二人組の強盗が襲った。彼らは依頼され、地下室のコカイン強奪が目的だったのだ。だが依頼を超える300kgのコカインが眠っていた。だが間もなく深夜の警らで訪れた警官数人に見つかってしまう。銃撃戦の最中、二人はコカイン30kgを手に脱出するも警察は非常警戒をかけていた。NY市警のアンドレは彼らを追うのだが。

プロローグ、幼少時代のアンドレと背景が語られ、後半大きく動いた物語とリンクしていく。物語は70〜80年代のスリラーを思わせ、事態が明らかになった時のアンドレ、チャドウィック・ボーズマンの表情が悲しい。本作で彼のアクションも見られるが、画面から感じる凄み、当時の病状からも満身創痍だったのだと思う。

ただ本作のストーリーテリングがいけない。この手のスリラーを観てきた方ならコカイン強奪の経緯で、後半の展開は気づいてしまう。しかも市警と分署の関係が解らないと、アンドレが事件を追いかける流れが見えない。しかも中盤までは銃撃戦ばかりでやたらと人が死ぬ。その理由も最後まで見ればわかるが、中弛みの原因となっている。

チャドウィックに加えてJ.K.シモンズやシエナ・ミラーを配し、キャストはA級感で物語はB級。強盗の一人を追い込む際のアクションは一瞬熱くなるが見どころは少ない。ルッソ兄弟の「シビル・ウォー」のアクションは素晴らしかったが、映画はあくまで監督のもの。その点でも割引せざる得ない。

最後にチャドウィック・ボーズマンさんのご冥福をお祈り致します。

210410

 

 

 

|

« 「世界で一番しあわせな食堂」を観る | トップページ | 「おニャン子・ザ・ムービー 危機イッパツ!」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「世界で一番しあわせな食堂」を観る | トップページ | 「おニャン子・ザ・ムービー 危機イッパツ!」を観る »