« Switch版ダビスタその1:馬券とファーストインプレッション | トップページ | Big SurにしたらStationTV Linkが動かなくなる(追加情報あり) »

2020/12/06

Switch版ダビスタその2:重賞初制覇は突然に

201206_05

馬券で15億蓄財し、2才セリでステイゴールド産駒の牝馬を購入した。ハイビギニングと名付けてデビュー。まずこれまでとの違いは新馬戦に現れている。ダビスタの新馬戦というと有名馬と一緒に戦い負け、未勝利戦で勝ち上がる。Switch版ダビスタの新馬戦は「えっ?」というメンバーは出てこない。実力重視、血統から印もそこそこ付く。

201206_02 Img_0999

ハイビギニングの新馬戦は1番人気で9頭中6着のほろ苦デビュー。7戦使って初勝利となった。勝つまで時間が掛かるのもダビスタらしい。その後2連勝したものの、3勝クラスで停滞中。馬主生活4年目でハイビギニングは5才で現役。たまに掲示板に載る頑張り屋さんだ。

翌年2才セリ購入したのが、キングカメハメハ産駒の牝馬。そんなハイサンビジンは3戦目で勝ち上がった。調教師のコメントに距離の事があり、マイル以下を使う選択に切り替える。初重賞挑戦のアーリントンCは6着。放牧を挟んで夏は自己条件から勝ち上がり、秋マイルCSへ挑戦するくらいに成長した。
201206_03

その後ハイサンビジンはターコイズSを2着、京都金杯は3着と好走。4才の今、ヴィクトリアM、安田記念惨敗後、サマーマイルシリーズを使おうと考えているところ。

同じように翌年キズナ産駒の牝馬を購入。この馬は2500万円と前述の馬たちの半値。だがこのハイライフリーは違った。新馬勝ちすると1勝クラスで停滞も6戦目でオープン入り。
調教師(おまかせ)の指示で桜花賞を使う事になる。なおSwitch版ダビスタはコメント面に変化が多く、注意が必要だ。

もちろん桜花賞は惨敗したが、何とその後のNHKマイルCを逃げ切り勝ちする事になる。初重賞勝ち、しかもG1勝ちに驚き。これまでのダビスタでも初G1がNHKマイルという事は少なくなかったが、流石に馬主生活4年目でG1を勝つ事は無かった。

201206_06   

実はここまでセリ購入馬だけの出来事。自家生産馬が出てきていない。まだ馬主4年目でこの年からデビューとなる。安定した勝利を重ねるまではまだまだ先。自分の馬たちで血統を重ねるのもダビスタの楽しみ。その点でもまだまだ序盤。

なお前回にも触れたロード時間の件。Switch版はゲームバランスがいいし、プレイするたび操作性を阻害するのは否めない。ただダビスタは中毒性が強く、これ以上サクサクできちゃう(Switch版でレース画面も飛ばせるようになった)と本当に危険。今ロード時間の遅さは中毒性を抑えるものと好意的に解釈する。

追伸.
2年目の春、突然フリーズした時は驚いた。キーを受け入れずどうにもならず再起動。せっかく育てたのにマルタ(ターボファイル)馬とか、マルリ(リセット)馬にならなきゃいいけど。
Switch版ダビスタその3:停滞期と起きたこと へ

 

 

 

|

« Switch版ダビスタその1:馬券とファーストインプレッション | トップページ | Big SurにしたらStationTV Linkが動かなくなる(追加情報あり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Switch版ダビスタその1:馬券とファーストインプレッション | トップページ | Big SurにしたらStationTV Linkが動かなくなる(追加情報あり) »