« スイスポのバッテリー上がり、ふたたび | トップページ | 「ファイティン!」を観る »

2020/11/22

次期母艦検討(2) iMac(2008)お亡くなり寸前

現母艦のiMac(2008)は重要だ。MacbookAirを導入するまでメインに使っていたし、Bootcampで競馬用PCとして使っている。iPadmini上からTeamViewerで操作もでき、競馬場へPCを持っていく事も無くなった。週末同様にMacbookAir上から操作している。

しかし二週間前からiMacが急に動かなくなった。BootcampでWindowsは起動できない。さらに今日、電源ONを繰り返す中、画面は白いままとなる。「iMac 白い画面」で検索するとかなりの重症と気づく。ただoptionキーを押して電源ONすると、起動ディスクが選択できる。

OS Xで起動する事数10回繰り返す。なかなか起動しないiMac。だがやっとアップルマークにプログレスバーが現れ、何とかMacは起動した。だが最初のデスクトップ表示の際、横筋ノイズっぽい現れ方をしていた。GPU、グラフィックボード絡みのトラブルかもしれない。

もう時間は残されていない。先日Appleslicon版Macが発表されたが、iMacは後回し。M1チップのパフォーマンスに食指が動くが、Windows仮想化動作は未定で色々と難題が付き纏う。しかも今回のiMacトラブルのように一気に2環境を失いかける事態は避けたい。

リスクヘッジ。次はMacとWindowsPC、母艦を分けようと思う。まずはWindowsからだ。必要最小限の構成でWindows10が動けばいい、あくまで競馬対応。一方Macは来年かな。M1チップ搭載Macminiがアップデートされる事(メモリ増)を願ってその時に狙いたい。

201122

|

« スイスポのバッテリー上がり、ふたたび | トップページ | 「ファイティン!」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイスポのバッテリー上がり、ふたたび | トップページ | 「ファイティン!」を観る »