« 「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3 」(吹替版)を観る | トップページ | 「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン4」(吹替版)を観る »

2020/08/11

アマゾンプライムビデオの残念なところ

配信サービスというと、最近はNetflix。アマゾンプライムビデオを見る事が無くなった。ただアマゾンプライムの月額利用料は500円、Netflixはスタンダード1,200円とコスト差は大きい。ただそれでもNetflix優位と言わざる得ない。

配信サービスの優劣で重要なのはコンテンツ。
プライムビデオ派も多いだろうし、それで十分と思える。プライムビデオで「24」は全シリーズを完走、アマゾンオリジナル「高い城の男」も楽しんだ。ただ最近は観たい作品が乏しい。気がつけば配信が終わっている事も多い。

むしろ気になるのは洋画で差を付けている点。字幕はプライム会員特典なのに、吹替版は有料、別料金という作品も少なくない。大好きな
マイク・バニングシリーズなんかは軒並み吹替版で有料。

そもそもNetflixに字幕、吹替の差はない。

加えてNetflixなら吹替版に日本語字幕を表示させる事が可能。プライムビデオでも字幕機能があるようだが、対応コンテンツを見た事がない。最近は年齢のせいか、セリフを聞き逃さないよう字幕で補い観ている。専門用語が出てくる「ハウス・オブ・カード」なんて有用だ。吹替だからと軽視されては困る。

200811

|

« 「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3 」(吹替版)を観る | トップページ | 「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン4」(吹替版)を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3 」(吹替版)を観る | トップページ | 「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン4」(吹替版)を観る »