« 「サバイバー: 宿命の大統領 シーズン1」(吹替版)を観る | トップページ | アマゾンプライムビデオの残念なところ »

2020/08/02

「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3 」(吹替版)を観る

Netflixで「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3 」(吹替版)を観終えた。

弾劾裁判の末、辞職を強いられたウォーカーの後を受け、大統領職に就いたフランシス・アンダーウッド。だが国民に選ばれていないゆえに党の支持を得られずにいた。フランシスは高まる失業率に注目し、FEMA(連邦緊急事態管理庁)の予算を国内雇用創生、アメリカンワークスに使おうと画策する。

今回のシーズンは主に選挙と大統領職での攻防が描かれる。シーズン2までのささやかな謙虚さは鳴りを潜め、アメリカにおける絶対的権力=大統領の力を見せつけるフランシス。ただしアメとムチは健在。強権で政権内、スタッフに牙を剥く。

ただそんなフランシスも、ロシアのペドロフ大統領との折衝には苦労。KGB出身、まるでプーチンをモデルにしたような切れ者。
ペドロフの「人を殺した事があるか?ありそうだ」
このセリフはこれまでの経緯を知る者にとって重く深い。

自らを国連大使に指名するようフランシスに進言するクレア。その顛末が本シーズンで描かれる。先のペドロフとフランシスの駆け引き。そしてフランシスとクレアの闇。フランシスから本執筆を依頼されたトムがその内容を以て二人の闇、その壁に亀裂を与えていく。

フランシス・アンダーウッド。昨日の「サバイバー: 宿命の大統領」と対局の存在感。フランシスに垣間見える権力、悪の権化。フィンチャー色というより、もはやスペイシー色。そこに流れる物語の重み。この作品のオープニングテーマ曲がいい。「スキップの必要がない。飛ばす奴の気が知れない」(フランシス風の台詞回しで)

前シーズンで重傷を負わされたダグとその行方。やるせない。そして参謀の復活。

ダンバーとの大統領指名選の決着は、そしてフランシスとクレアは...物語はシーズン4へ。

200802

|

« 「サバイバー: 宿命の大統領 シーズン1」(吹替版)を観る | トップページ | アマゾンプライムビデオの残念なところ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「サバイバー: 宿命の大統領 シーズン1」(吹替版)を観る | トップページ | アマゾンプライムビデオの残念なところ »