« 2019年総決算「競馬篇」 | トップページ | 「男はつらいよ お帰り 寅さん」を観る »

2019/12/31

2019年総決算「モノ・生活篇」

101231_03

何とも言い難い一年。世間は閉塞感、拘束感に溢れている。バブルが弾けて四半世紀。年齢と相まってがむしゃらに進んできたが、ここ数年は壁にぶつかっている。そこに光が差してくる兆しは無い。我々ではどうしようも無い、もっと上がしっかりしてもらわねば。でも上級何とかに甘じてるんだろうな。

日本で一番偉い人が「ワタクシは…」と連呼するたび、辟易する。溢れる好き勝手感が強いから。彼の言う美しい国はもはやワタクシの国だもんな。来年以降、本当の冬が来るんだろうな。

ネガティブシンキングは止めにしよう。好きな事に没頭する、それが大事。映画、競馬、それ意外に自分を高めるガジェット、本などなど。

今年最大の買い物はもちろん車。スイスポはマニュアル大好きおじさん、生活に刺激を与えてくれる。ハイブリッドにEV、自動運転に進んでいく現在。明らかに逆行するかのような存在。でも日常から離れる機会は必要だ。

久々に愛車と言えるスイスポ。手足を使って走らせる。一見億劫なクラッチワーク、シフトワークでさえ愛おしい。もちろんアストンライクなエクステリアも。ハイオク指定で財布に優しいと言えないが、通勤プラスアルファの使い方でリッター12〜14キロ走ってくれるのも嬉しい。

実はカメラも増えていた。ペンタ党員としてK-1mk2を購入。実は今年のダービー、JCもK-1mk2で撮った写真。もちろんスイスポも。歩留まりは良くなったが、目下の悩みはレンズ。フルサイズ対応の望遠が欲しい。

今年から晴れてガラケーを卒業。中古ではあるがスマホ、iPhone6sに切り替えた。ただあまり変わった点は無い。何てたってほぼ家族間通話専用機でMVNOのiPadmini4がメイン。だからドコモはギガライトで契約。それでもドコモは高い。だってギガライトだって家族契約じゃなきゃ高くて使えないよ。いつも言うがドコモは長期契約者を優遇しろよ。

年2回行った森高のライブには元気付けられた。同世代のアーティストが現役で嬉しい。実は楽ナビのディスク番号問題はこの日の帰り道に初めて気がついたもの。

ライブ曲が曲順通りに再生できなくてどうするんですか?パイオニアはオーディオメーカーなのですよ(もうその欠片も無いけど)。漢字表記が識別できないの?日本メーカーなのに(もうハゲタカに喰われちまったけど)。ちなみに森高はパイオニアのCMに出てたけど。

読んだ本の中では「僕の好きな車」「覚悟の競馬論」が心に残る。「僕の好きな車」は趣味の求道者、横山剣さんの語るエピソードがとにかく面白かった。一方「覚悟の競馬論」はタイトルの通り、国枝調教師の覚悟を持った提言に考えさせられる。今の政治に欠けているものは本当の覚悟。そして前に進まなければ。

今年もご愛読ありがとうございました。皆様どうか良いお年を。

|

« 2019年総決算「競馬篇」 | トップページ | 「男はつらいよ お帰り 寅さん」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年総決算「競馬篇」 | トップページ | 「男はつらいよ お帰り 寅さん」を観る »