« 「ターミネーター:ニュー・フェイト」を観る | トップページ | 「ひとよ」を観る »

2019/11/16

「森高千里この街ツアー2019@富士市文化会館 ロゼシアター」へ行く

191116_01

今夜は富士市文化会館 ロゼシアター大ホールで行われた、森高千里この街ツアー2019へ行ってきた。静岡県内二度目の森高に馳せ参じた次第。でも前回の裾野市は半年前だからね。ちなみにこのツアーは年末に向けあと7ヶ所残っているそうだ。

スタートは「NEW SEASON」で裾野の時と同じ。ただ曲順、選曲は少し変わっていた。冬向けに「SNOW AGAIN」が入ってきたり、反面盛り上がり曲「夜の煙突」は外されていた。それでも大勢に影響なし。裾野では「気分爽快」の前に振りを教える場面もあったが、今回はそれがなくとも会場は一体となっていた。

またMCも絶好調。恒例の開催地ネタではスイーツがんもに羊羹パン、そしてあんかけスパゲティまでグルメトークで大盛り上がり。お土産ネタでは田子の月で富士山頂とズミ山頂が登場。トークの時はタピオカ入りと紹介されていたが、ズミ山頂とはタピオカ入り富士山頂で静岡の有名人DJ高橋正純さんの愛称が入った菓子(家で妻談)。明日、買ってみようかなぁ。

最初のMCではお約束、「裾野のコンサート来ましたか?」に大声で反応。すると前の列のアラフィフ女子たちにガン見されてしまった。ちょっと気恥ずかしかったが、間も無くそんな事も忘れて曲に没頭していった。

同じ時間を過ごしてきた森高の楽曲はタイムカプセルだと思う。「GET SMILE」の歌詞、「カード電話の度数が変わらない」なんて当時を知った世代にしか分からないだろう。楽曲一つ一つに思い入れがあり、歌詞が琴線に触れる。そんなやり取りが森高のライブの魅力。

「この街」「コンサートの夜」二度のアンコールまで約二時間半を楽しんだ。このツアー、(たぶん最終日は)ライブビデオになるのかなぁ?そして次回は東京へ足を伸ばしてみようかなぁ。

191116_03
191116_02
191116_04
191116_05

|

« 「ターミネーター:ニュー・フェイト」を観る | トップページ | 「ひとよ」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ターミネーター:ニュー・フェイト」を観る | トップページ | 「ひとよ」を観る »