« 2018年総決算「競馬篇」 | トップページ | 「不都合な真実2 放置された地球」を観る »

2018/12/31

2018年総決算「モノ・生活篇」

181007_00

競馬篇で書いた通り、仕事環境が激変したおかげで生活のリズムが変わった。土日どちらかは出勤、デスクワーク中心の部署となった。ただおかげで往復2時間以上の車通勤は無くなって体は楽になった。平日振休で映画を観るのも楽しい。また出勤時間が2時間繰り下がったのも大きい。でもその代償に1年で体重が7キロ増えてしまった。

そのきっかけ、世間を騒がせた会社に居る身として、内部が変わったと言えば変わった。ただ尻拭いしているのは異動を強いられた人ばかり。責任を取るべき人間は...黙って見てるだけ。問われ続ける、根本から変わる事の難しさ。これも社会の縮図。でもこの国の政治も何もかも似たようなものだろう。

さて本題。今年買ったものについて。実は個人的に今年11月まであまり買っていない。せいぜいLS miniくらいだ。家族としては妻用にipad pro(先代)、子供はスマイルゼミ(ジャストシステム)にクリスマスでニンテンドーSwitch(Let's GO イーブイとのセット)。でもipad proはセットアップとフィルムを貼っただけ。子供のものは妻がほぼセットアップしたし。

やはり一年間弄んだのはこれまでのガジェット。手持ちのipadmini4、そしてMacbookAir。かつてはMacbookAirも競馬場へ持ち込んだが、昨年はipadmini4だけとなった。Targetで情報検索したい時はTeamViewerを介してipadmini4で家のiMacへアクセスできる。結局、母艦さえしっかりしていればタブレットでも何とかなる。ただ如何せん10年越えのiMacが古過ぎる。来年は母艦の更新だ。

実は12月に入り、中古のiPhone6s(128GB)を手に入れた。あくまでipodtouch代わりであり、通話はガラケー。狙いは来春の通信料改定。今のキャリア(ドコモ)のプランでは割高で組む気無し。MVNOへ行くには通話を含めてサービスが物足らない。となれば政府からのテコ入れに微かな期待をするしかない。iPhone6s本体はいずれレビューしたいと思う。

あともう一つ。年末の最後に大きな買い物をした。箱から出していないが、キャッシュバック期限があるため、年始早々に開けたい。果たしてそのモノとは?

最後に今年も拙い文章、我がブログにお付き合いありがとうございました。良いお年を。

|

« 2018年総決算「競馬篇」 | トップページ | 「不都合な真実2 放置された地球」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年総決算「モノ・生活篇」:

« 2018年総決算「競馬篇」 | トップページ | 「不都合な真実2 放置された地球」を観る »