« 「イコライザー2」を観る | トップページ | 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」を観る »

2018/10/26

「search/サーチ」を観る

今夜は「search/サーチ」を観てきた。ロバート・レッドフォード主宰サンダンス映画祭で観客賞を受賞。物語はパソコン画面のみで展開されるサスペンス。リブート版「スター・トレック」のスールーことジョン・チョー主演。SNS時代、我々がどれほど依存しているか思い知らされる一編。

デビッドは2年前に妻パムと死別、娘のマーゴットと暮らしていた。ある日、マーゴットと口喧嘩してしまう。翌朝、帰宅しない娘から深夜の不在着信に気づくデビッド。友人関係を探るも行方は知れず、警察に相談する。そして八方塞がりの中、デビッドはマーゴットのノートパソコンに手を伸ばした。

この映画は「ハードコア」を観た時に近い新感覚。かつてパソコン画面導入は断片的なら「ユー・ガット・メール」で観た事がある手法だが、終始徹する点で新しい。カメラ撮影でいうカットの繋がりは緻密に計算され、流れるように進んでいく。

この作品のテーマは人と人のコミュニケーション。今や手法は様々となったが、見た目程に密になったとは言い難い。家族の心でさえ、解っているようで解っていない。だからこそデビッドは時に翻弄されミスリードもする。これは我々への警鐘でもあるだろう。最後、力となるのは家族への思い。デビッドの執念は事件の真相に近づいていく。

Mac、iPhone、FaceTimeにiMessageとApple(が大半)だけでなく、GoogleにYoutube、Facebookと見慣れた画面がシームレスに彩り、一方でWindowsはXPのみと隔世の感を受ける。これらツール、デビッドの使いこなしぶりも見所だ。ガジェット好きも楽しめるだろう。

サスペンスとしてもなかなかの出来。二転三転する物語の出口とは?一見テレビサイズ向きと思いきや、スクリーン向きと気づく。例えば作中、所々に伏線が散りばめられているのだが、如何に情報を見逃しているかと後に思い知らされるのだ。オススメの佳作!

181026

|

« 「イコライザー2」を観る | トップページ | 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/67315982

この記事へのトラックバック一覧です: 「search/サーチ」を観る:

« 「イコライザー2」を観る | トップページ | 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」を観る »