« iPad Proの液晶保護フィルムを交換 | トップページ | 「イコライザー2」を観る »

2018/10/07

LS miniを買う

181007_00

AmazonのEcho dotは購入して以来、目覚ましやキッチンタイマーに使うぐらい。たまにアホな質問を喰らわす事はあるが、使いこなしているとは言えなかった。そんな中、Echo dot(またはGoogle Home)と組み合わせるLS miniが発売された。Alexaを使ったスマートホームハブ。価格も手頃な上、キャンペーン中でさらに安く手に入れた。

[セットアップ]
箱はこれ程なくシンプル。LS mini本体は手に乗るくらい小さい。同梱されていたのはUSBコンセントと壁掛け用のマウントのみ。

LS miniはEcho dotと無線LAN接続し、各制御デバイスを赤外線でコントロールする。だから置場が重要、制御したいデバイスを見通せる位置が理想となる。相手は照明、テレビ、エアコンが主なところだろう。

ペラペラの小冊子を見ながらセットアップ。電源を入れ、LS miniを室内の無線LAN上に載せる。手順はEcho dotの時と同じ。その後、アカウントの作成を行ない、LS mini用のAlexaアプリをインストールする。なお小冊子は記事が少なく、大半はリンクされたWeb上のガイドを読む事になる。

アプリをインストールした後にデバイス登録していく。大半のデバイスはリストから選ぶ事になる。

出荷状態で可能なスキルはデバイスのON、OFFのみ。ひと通りデバイス登録したら、AmazonのAlexaアプリからスキル(デバイス登録)の読み込みを行なう。この作業のおかげでウェイクワードによる操作が可能になる。

LS miniはIoTのハブとなり、この状態でも魔法使い気分を味わせてくれる。子供相手にテレビや照明のON/OFFだけでも面白い。

181007_01181007_02
181007_03181007_04

[クイックルールとアレクサカスタムスキル]
そんなLS miniは9月、大幅にバージョンアップした。クイックルールとアレクサカスタムスキルの利用である。

クイックルールは大きくトリガーが2種。一つは従来通りに音声認識動作。もう一つが日時環境、使用者のGPS情報に基づく動作となる。

アレクサカスタムスキルは従来のウェイクワード+「リブスマートで」と付け加える事で、テレビでいえば音量、チャンネル等を、エアコンなら温度を選ぶ事ができる。

実際扱ってみて、それぞれのメリット、デメリットを挙げてみた。なおクイックルールはAlexaアプリ(Amazon Echo側)※とその音声認識動作に限った使い方としている。

クイックルール
メリット:
リモコンプリセットされていない機器、例えばマイナーなメーカーの扇風機、空気清浄機等、自分で登録すれば音声認識による操作ができる。
単一デバイスに限らず、複数以上のデバイスを組み合わせる事ができる。
(ただしこれはAlexaアプリの定型アクションでも同様に動作が指示できる)
デメリット
Alexaアプリの音声認識機能に依存しており、定義した言葉を認識できない場合が多い。
ボタンを押し進めていく操作はできない。
(Alexaアプリの定型アクションでも同様)

アレクサカスタムスキル
メリット:
???
デメリット:
正直、「リブスマートで」と付け加えるのが面倒くさい。使い慣れない言葉で忘れてしまう。
クイックルール同様、Alexaアプリの音声認識に頼っており、言葉を認識できない場合が多い。

デメリットに関わる部分。クイックルール、アレクサカスタムスキル、そしてAlexaアプリの定型アクション、いずれの場合において、登録語句に何らかアルゴリズム上のバッティングがあると、Alexaアプリは内容を受け入れず、または見つけられない旨を返答してくる。

じゃあ他に方法はないか。アレクサカスタムスキルで「6チャンにして」としても、先の理由で「リブスマートで」と言葉がなかなか出てこない。そこでAlexaアプリの定型アクションで「アレクサ、TBSテレビにして」と"TBSテレビにして"を登録語句してみた。だが定型アクションで指示しているにも関わらず、TBSはテレビ、またラジオかというところでAlexaは区別できない。

さらにTBSテレビというところでAmazonのコンテンツ中から探そうとしているようだ。

これはNHK、Eテレでも同じ。"Eテレ"を"教育"と変えるとAlexaアプリは認識した。本来、より直観的な登録語句を使いたいが、日テレ、テレ東、フジと局名を入れる事は困難という事が判った。ただAlexaが賢くなれば今後、解消される可能性はある。Google Homeでの認識ではどうだろうかと思う。

181007_05181007_06181007_07181007_08181007_09

[後記]
これだけ書くと「LSminiってダメダメじゃん」と思われてしまうだろう。ただAlexa頼りの音声認識抜きにしても、LSmini単体ではスマホ、タブレットを介した優秀なマルチリモコンである。部屋の電気機器を一元管理できるのは凄い。

また4,980円でのキャンペーン価格購入による気軽さは大きかった(現在は6,980円だが、他社比でも安い)。スマートホームの入門機として、また使いこなしは奥深いので色々試してみたい。

|

« iPad Proの液晶保護フィルムを交換 | トップページ | 「イコライザー2」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/67249633

この記事へのトラックバック一覧です: LS miniを買う:

« iPad Proの液晶保護フィルムを交換 | トップページ | 「イコライザー2」を観る »