« MacbookAir(2013)に「macOS Mojave」を導入(するまでの顛末)。 | トップページ | LS miniを買う »

2018/09/30

iPad Proの液晶保護フィルムを交換

180930

妻の要望でiPad Proの液晶保護フィルムを交換した。理由はペンタッチした時の感触、絵描きに向いていないという事だった。そうした人たち向けにペーパーライクフィルムが存在する。妻の同好の人たちも使用しており、切り替えを薦められたそうだ。

今回、ペーパーライクフィルムはPDA工房のものを購入した。何故、PDA工房かといえば、かつてソニーのCLIEを使っていた頃、ここの液晶フィルムを使っていたから。

貼付はいつもの通り、風呂場にて実施。説明書を読んで行なったが、画面が大きいとズレが出やすい。数回位置調整したところで何とか整った。ただ一か所だけゴミが入ったようだが、無かった事と目を瞑ろう。

実際、ペーパーライクフィルム前後で絵を描き比べてみると、違いは大きい。平滑なフィルムに無い引っ掛かりが、紙と同じ書き味を生む。

妻曰く「(ペーパーライクフィルム前は)ペンが画面の上を浮いているようだった」との事。

交換の効果を楽しむのと同時に、もっと早く替えれば良かったという事だった。

ただペーパーライクフィルムにも欠点がある。それはApple Pencilのペン先摩耗が早まる事。書き味を作るため、表面に抵抗を作っている訳で完全にトレードオフの部分。

また指タッチでの感触も独特となる。妻がApple Pencilを多用する理由もそこにある。

今や一般グレードの新iPadがApple Pencil対応となり、当たり前となった。絵を描く事に限定すれば、ペーパーライクフィルムは必須だろう。ただそれ以前に我がiPad miniは新型が投入されるのだろうか。ただひたすら吉報を待ち続ける......

|

« MacbookAir(2013)に「macOS Mojave」を導入(するまでの顛末)。 | トップページ | LS miniを買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/67223559

この記事へのトラックバック一覧です: iPad Proの液晶保護フィルムを交換:

« MacbookAir(2013)に「macOS Mojave」を導入(するまでの顛末)。 | トップページ | LS miniを買う »