« 「ウエストワールド」シーズン1を観る | トップページ | カシオ「ゲーム電卓 SL-880-N」を買う »

2018/05/12

「孤狼の血」を観る

今夜は白石和彌監督最新作「孤狼の血」を観てきた。ロクヨンならぬロクサン、昭和63年広島を舞台にヤクザ抗争と対峙する刑事の姿を描く。白石監督の「日本で一番悪い奴ら」がお気に入りで今回も早々に観賞。主演に役所広司を迎え、まさに最初から最後まで役所劇場であった。

昭和63年広島県呉原。加古村組と尾谷組の間で抗争状態にあった。呉原東署の大上は抗争の狭間、両者に接触しつつある失踪者の情報を掴んだ。捜査する大上の法外な言動に対し、強い抵抗を感じる日岡。だが大上と組む日岡には隠された目的があった。それこそ大上の内偵を進める事。日岡は大上に近づき、捜査を進めるのだった。

実録路線の東映ヤクザ映画の系譜を踏みつつ、白石監督らしい群像劇。30年前にトリップし暑苦しく汗臭い、そしてクソまみれとフィルムを通して伝わる。どのキャラも生き生きしていて、伏線も巧みに絡ませ端役まで目が離せない。

主演の役所広司はダイワマン、陸王と善人ぶりが目立つが、本作ではあくまでヒール。エログロと濃いキャラを楽しんで演じているように見える。相棒となる松坂桃李は対照的に昭和カラーの中でただ一人平成っ子っぽいが、何ともいい顔でエンディングを迎える。そして「孤狼の血」というタイトルの意味も見えてくる。特に日岡が自ら書いた内偵資料を直視させられるシーンがいい。

老練の域であるラスボス石橋蓮司の存在感、大上が名前を絶叫するたびに「これ確信犯だろ」と思う一之瀬を演じる江口洋介の役回り。これまた珍しい竹之内豊の悪役。陸王と違った真珠野郎こと「TEAM NACS」音尾琢真の存在感(本作のMVP)。また白石監督作常連のピエール瀧、中村獅童らも強烈で短いシーンながら見逃せない。

東映らしい熱ーい男たちの邦画をお求めの貴兄には堪えられない作品。ぜひ劇場でその熱さを感じて欲しい。

180512

<

|

« 「ウエストワールド」シーズン1を観る | トップページ | カシオ「ゲーム電卓 SL-880-N」を買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/66713213

この記事へのトラックバック一覧です: 「孤狼の血」を観る:

« 「ウエストワールド」シーズン1を観る | トップページ | カシオ「ゲーム電卓 SL-880-N」を買う »