« 「ジャスティス・リーグ」を観る | トップページ | 「東京難民」を観る »

2017/12/15

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を観る(ネタバレ無し)

今夜は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を観てきた。前作同様、世間からのネタバレを避けるため、初日を選んだところ。

「フォースの覚醒」がエピソード4の韻を踏んでいたように、一見本作は「帝国の逆襲」の位置付けになるかと思う。しかし実際は違う。その印象を強めるのは、あくまで主役はルークだという事。レイやカイロ・レンもその影響下で物語を紡いでいるに過ぎない。その上でサブタイトルは何を意味するか。

ストーリーテリングは前作の比でなく、よく作られているから152分の上映時間はダレない。ただ主な要因はルークとレイアの存在感によるもの。全てルーカスの作ったオリジナル(原作)の持つ力である。特に年老いたルークはオビワンやヨーダの位置に立つ。ジェダイに関わるやり取りも同様に意味深い。ただそれだけに気になるところもあった。

それこそルーカスの世界観、様式美が崩されている事だ。ルーカスだったらこんな作り方はしないだろうと思うシーンが多くあった。新型Xウイングのホバーリング、殺陣の撮り方、賭博場等、常人の想像力に収まるようなコレジャナイ感、またデザイン面で新メカ等にやり過ぎ感を受ける。

加えてファーストオーダー側の導引力とその崩れ方が呆気ない。これまでの絶対悪であったシスやダース・ベイダーに遠く及ばず。善と悪の対峙、特にダークサイドとこれもルーカスの様式美に対し、終わってみるとパンチが足らないと感じた。

そういった欠点を補うのが、ジョン・ウイリアムズのスコア。スタッフが入れ替わろうが、ここだけは作者(作曲者)がオリジナルと同じ。ここぞというところで最高のオケが待っている。

結局、オリジナル三部作(六部作)と切り離し、ルークとレイアの行く末を見守る気持ちであれば、本作を観ても良いだろう。ただオリジナルへの思いが強い程、感想は微妙かもしれない。

最後に本作撮影後に亡くなったキャリー・フィッシャーのご冥福をお祈り致します。

171215


|

« 「ジャスティス・リーグ」を観る | トップページ | 「東京難民」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/66163259

この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を観る(ネタバレ無し):

« 「ジャスティス・リーグ」を観る | トップページ | 「東京難民」を観る »