« WOWOWで「すばらしき映画音楽たち」を観る | トップページ | 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を観る »

2017/09/17

「I, the jury」(探偵マイク・ハマー/俺が掟だ!)米版Blu-rayレビュー

170917_01

DVD化まであれ程長い年月が掛かった「I, the jury」(探偵マイク・ハマー/俺が掟だ!)が、あっけなくDVD化の翌年にBlu-ray化されていた。

ただあくまで米国の話。米版DVDの時と同じ米Amazonのアカウントを使用、今回は何と9日で送られてきた。ちなみに2年前は2週間。日本のAmazonプライムはやりすぎの感があるが、確実にデリバリは早まっている。価格は送料込で$27.29、約3,000円だ。

ちなみにこれまでの記事はこちら。
「I, THE JURY」のSoundtrackが来たー!(2013/10/1)
「I, the jury」(探偵マイク・ハマー/俺が掟だ!)米版DVD日本最速?レビュー(2015/6/27)
「探偵マイク・ハマー/俺が掟だ!」国内版DVDを買う(2016/5/30)

170917_02170917_03170917_04

DVD版は20世紀FOXからだったが、Blu-rayはKino Lorberという会社からのリリース。クライテリオンみたいなマニアックなビデオシリーズのようだ。一応、パッケージの裏にはFOXが連名されている。

視聴はテレビ:ソニーBRAVIA KDL-42W802A、プレーヤーパナソニックDMR-BRG2020。音声再生:アンプはデンオンPMA-390REとマトリクススピーカー凱旋門の組み合わせだ。

英語字幕無し、音声はDTSという仕様。残念ながらモノラル音声のため、音のレンジ、迫力にDTSらしさは無い。だが映像共々、ビル・コンティ作のオープニングテーマは何度聴いてもいい。

別音声で映画史研究家のコメンタリーを含むが、本編と同じく英語字幕無しで私には認識困難。他の2作を含む予告編付。DVD同様、チャプターは切ってあるが、こちらの好みのシーンとは言い難い。

さてBlu-ray本編、DVDに比べHD収録である優位性はある。ただ全編、それを謳歌できる程のリストレーションは行なっていない。暗部の表現はマスターの影響でノイジーで銀塩混じり。ある意味、1980年代アクション映画らしい味な部分と言える。ちなみに規制用のボカシは無く、米盤DVD相応だった。

一方で屋外や明るいシーンでは解像度が上がる。モブシーン、イエローキャブの艶っぽさ、その表現等がいい。最新作の解像度には及ばないが、Blu-ray化の恩恵を感じられる。これまで「I, the jury」は米盤DVD、国内盤DVDの選択肢があったが、品質は間違いなくこのBlu-rayが一番だろう。

170917_05
170917_06
170917_07
170917_08

|

« WOWOWで「すばらしき映画音楽たち」を観る | トップページ | 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/65800252

この記事へのトラックバック一覧です: 「I, the jury」(探偵マイク・ハマー/俺が掟だ!)米版Blu-rayレビュー:

« WOWOWで「すばらしき映画音楽たち」を観る | トップページ | 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を観る »