« 「スパイダーマン:ホームカミング」を観る | トップページ | 「ワンダーウーマン」を観る »

2017/08/16

「疑惑のチャンピオン」を観る

今日はWOWOWで録ってあった「疑惑のチャンピオン」を観た。ツール・ド・フランスを7連覇、だがのちに薬物使用が発覚、永久追放されたランス・アームストロングの人生。彼を告発したサンデー・タイムズ、デヴィッド・ウォルシュの原作を元に描かれる実話。

アメリカ人ランスはトップアスリートとして頂点を極めようとしていた。だが彼をガンが襲う。奇跡的復活したランスはツール・ド・フランスに挑戦、優勝を手にした。しかしそこには巧妙に仕組まれたプログラムが存在。その背景の下、彼は7連覇を達成する。やがて彼に疑惑の目が注がれるが、名実共に頂点を極めたランスにとって怖いものはなかった。

アスリート=性善説、しかし本作で描かれる姿にそんな欠片もない。勝つため、その手段として薬物プログラムを導入する。彼がガンから復帰した前年、多数のドーピング違反が発覚。だがミケーレ・フェラーリという全てを知り尽くした医者によって、ランスとThe Programは切っても切れない関係となり、ランスは絶対的地位に上り詰めた。

物語の描き方は冷静な視点でドライだ。同情を誘う事もなく、また突き放す事もない。彼はガンからの生還者という以外、同情と感情移入のしどころはない。その後の彼をみれば、よりその意を強める。

ランスはモラルに駆られる事もなく、ドーピングを続けるのも当然という表情。だがこれは的を得ている。続けて観たドキュメンタリー「ランス・アームストロング ツール・ド・フランス7冠の真実」でも、彼は”慣習""当然の手段"と告白していた。

本編中、記者会見でのランスの目が印象的。嘘は目に現れる。ランスはドキュメンタリーで険が取れた姿を見せるが、目に安堵が感じられた。これは実際の映像を対比できるドキュメンタリーの方が上。

一方、本作ではその巧妙な血液ドーピングの中身が描かれている。こればかりはドキュメンタリーが及ばない領域だ。そのディティールも配役共々ドキュメンタリーと比して再現度が高くよくできている。そして人間の欲がある限り、この手の出来事は起こり続けるだろうなぁ。

170816

|

« 「スパイダーマン:ホームカミング」を観る | トップページ | 「ワンダーウーマン」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/65670248

この記事へのトラックバック一覧です: 「疑惑のチャンピオン」を観る:

« 「スパイダーマン:ホームカミング」を観る | トップページ | 「ワンダーウーマン」を観る »