« 「激走!5000キロ」を観る | トップページ | 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観る »

2017/07/15

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を観る

今日は子供の付き添いで「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を観てきた。朝一回目の回で満席。ムビチケで席を取っていたので間際でも入れたが、会員ポイントは別途一般窓口に並んで付け直してくださいって。シネマサンシャインさん、もう少しやり様があるんじゃないかと。長い行列を横目に諦めたけれど。

ポケモンの知識は「ポケモンGO」程度のもの。物語はそれなりに理解。007、スターウォーズしかり。シリーズものは困った時こそ原点回帰、エピソードゼロへ。サトシとピカチュウ最初の出会い、仲間との交流にその後、最強ポケモンホウオウが待っている展開となる。

劇場版という事で大画面を意識した演出。ただ最近のテレビシリーズの演出も派手となってそう大差は感じない。

脚本(一部脚本として)クレジットには故・首藤剛志の名。そもそもポケモン初期は首藤氏の手によるもの。かつてのアニメファンにとって、首藤氏といえば葦プロを支えた名脚本家だ。本作のタイトルといい、今も続く決めゼリフ、エッセンスは彼の手腕が大きいのだと思う。

映画としてはあくまで子供向けで友情と勇気がテーマ。奇をてらった「妖怪ウォッチ」と対局にある。少年少女の心を失った大人を楽しませるのは本分じゃない。「ポケモンGO」のおかげで知ってるポケモンのオンパレード、最後まで眠らずに終わったが、子供の付き添いが理由のイチゲンさんにはつらい。ただそうした子供向けのオーソドックスさこそがポケモン映画の強み。20作目は伊達じゃないといったところなのだろう。

170715

|

« 「激走!5000キロ」を観る | トップページ | 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/65538833

この記事へのトラックバック一覧です: 「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を観る:

« 「激走!5000キロ」を観る | トップページ | 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観る »