« 「エクス・マキナ」を観る | トップページ | 「LOGAN/ローガン」を観る »

2017/05/28

第84回日本ダービーを生観戦する

_igp84731

子供の運動会の翌日に馬の運動会。例年通りに第84回日本ダービーを生観戦してきた。ウイニングチケットのダービーから24年。数々のダービー馬を観てきたが、今年は群雄割拠。青葉賞馬のアドミラブルが3倍台で一番人気となっていた。

この日の馬券。午前中は見。午後に入ってブライトンロックを本命にした5Rで中穴を買い逃し、そこから運に見放された。続く6Rは当たったものの、堅い決着。こういう日は何をやってもダメだ。

ダービーは能力的にアドミラブルと思っていたが、多頭数の競馬が未経験な事が気になった。ノド鳴り手術明けなんかより、改修後に大外枠が勝った事が無いというのも何とも。ただ事前のペース読みでは中からハイペースと思っていたから、流れればこの馬と馬連で勝負。ただこういう日は何をやってもダメだ。

レースは事前の予想と違い、横山典のマイスタイルが逃げる展開でスローに流れた。アドミラブルは大外枠が響き、中団につけるのがやっと。我慢できないルメールのレイデオロは向正面で進出、直線手前で先頭に立つ勢いとなった。後は33秒台の上りで押し切って決着。先週のオークスは2分24秒台であったが、今週のダービーは2分26秒9。いわゆるスローで上がりの競馬。エイシンフラッシュのダービーの時と同じ脱力感に襲われた。3週連続G1勝利とは、ルメールの神騎乗ならぬ神^3騎乗には恐れ入る。

アドミラブルは能力が高くとも、上がり最速33.3秒を繰り出そうとも、2着に届かず馬券は撃沈。余計に買ったペルシアンナイトの流しで傷口を広げてしまった。追加馬券に当たりなしの格言。こういう日は何をやってもダメだ。

それにしても外枠不利の今の芝2400メートルコースとは如何なものか。今やあの芝2000メートル以上に不利が明確となった。最高レベルの能力検定レースであるダービーの意義が問われる。もう7枠より外は一点も買わないつもり。

最終レースに組まれた目黒記念は、ダービーで神騎乗した四位のサラトガスピリットに期待したが、同じくスローを先行せずに後方待機。上がりの勝負でついていけなかった。勝ったのはトップハンデ、ルメールのフェイムゲーム。もはや神^3騎乗には敵わない。

東京競馬G1ウイークラストは安田記念。ルメールは皐月賞馬イスラボニータで臨む。4度目もあるのか。ルメールの笑いは止まらない?

_igp85261

_igp85341

_igp85631

_igp86161

|

« 「エクス・マキナ」を観る | トップページ | 「LOGAN/ローガン」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/65364616

この記事へのトラックバック一覧です: 第84回日本ダービーを生観戦する:

« 「エクス・マキナ」を観る | トップページ | 「LOGAN/ローガン」を観る »