« 「ハードコア」を観る | トップページ | 新型「Amazon Fire Stick」を導入する »

2017/04/01

「パッセンジャー」を観る

今日は映画の日という事で「ハードコア」に続いて2本目、レイトショーでジェニファー・ローレンス、クリス・プラット共演の「パッセンジャー」を観てきた。

未来、過剰な人口に移住地を目指す宇宙船アヴァロン。5000人の乗客たちは120年後の到着の途上にあった。だが30年後、アヴァロンは小惑星衝突をきっかけに異常を来たす。しかもその影響で技術者ジムの冬眠ポッドが開いてしまう。孤独を余儀無くされるジム。一年後、彼は大きな決断を下すのだった。

二人の主演から判るように、その後の展開は推して知るべし。そもそも原題は複数を示す「PASSENGERS」である。若いカップルには甘ーいSFアドベンチャーかもしれない。だがジムとオーロラの心中を察すると、そこに至る苦悩は映画「エイリアン」の恐怖よりも奥深い。実はSFの皮を被った二人劇。何処か哲学的でオーロラに対するジムの葛藤は、家庭を持つ男女にとって人生を映したかのよう。そんな中、彼らを諭すようなセリフも心に響く。

この作品の描くSF、世界観、美術が素晴らしい。ダークなSFでなく、何処と無く明るさを感じるところがいい。その最たるがCMにも登場するバーテンダーの存在。彼の醸すユーモアが序盤、ジムの心を支えている。それだけでなく船内、設備、食事とデザインが洗練されている。

そこに現れるオーロラを演じるのがジェニファー・ローレンス。

女性にとってクリス・プラットも注目だろうが、それ以上に男子にとってジェニファーは堪らない。間違いなくジム同様に間違いを起こすだろう。彼女の演じる個性がオーロラをより輝かせている。その後の展開がオーロラをどのように変えていくか。そんな中での終劇、彼女のモノローグが感動的。観る前はビデオでもと思ったが、期待を大きく超える良質なSF作品だった。

17040102

|

« 「ハードコア」を観る | トップページ | 新型「Amazon Fire Stick」を導入する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/65096185

この記事へのトラックバック一覧です: 「パッセンジャー」を観る:

« 「ハードコア」を観る | トップページ | 新型「Amazon Fire Stick」を導入する »