« 新型「Amazon Fire Stick」を導入する | トップページ | 前田有一著「それが映画をダメにする」を読む »

2017/04/09

「グランド・ツアー シーズン1 #1 決定!最速のハイブリッドハイパーカー」を観る

「トップ・ギア」ファン待望のトリオ復活作「グランド・ツアー」のエピソード1を観た。「トップ・ギア」を本格的に観始めたのはここ数年。ナショジオチャンネルで古いエピソードが放送されているが、彼らの番組は今の楽しみの一つ。だが、あの事件。「トップ・ギア」をクビにされたジェレミー・クラークソンがAmazonと組んだのが本作品だ。

エピソード1の冒頭、クビネタで笑いを誘う。ただ番組フォーマット自体、「トップ・ギア」と大きく変わることはない。車の試乗、アトラクション、コースによるタイムアタック、セレブいじり、雑談など等。ただ「トップ・ギア」時代、ジェレミーは製作費(「使い過ぎた」等)の事を番組中でコメントしていたが、今回はAmazon製作ゆえにほぼ天井知らずと言っていい。

本エピソードはジェレミーがプリウスネタで笑わせた上でマクラーレンP1を、リチャードはポルシェ918スパイダー、ジェームズがラ・フェラーリと3大高級ハイブリッドスポーツカーを戦わせる。車の撮り方に定評がある彼らだが、その点は継承。特に気合が入っている感がある。しかもCGを使った高度な透視図を織り交ぜるのだ。ドラッグレース、元F1ドライバーによる国際コースでのタイムアタックと果たしてどの車が勝つのか?詳細は自分の目で確認されたし。

一方、コースによるタイムアタックといえば「トップ・ギア」ならスティグ。本作では”アメリカン”というドライバーが登場する。覆面に車中音楽と凄腕のスティグに対し、今回のアメリカンはキャラ設定にやや難あり。ただドライビングテクニックは言うことなし。新しいコースもやがて見慣れるだろう。

吹替版はボイスオーバーであるが、本人の声は聞き取りづらい。また彼らの肉声が脳裏に刷り込まれているため、吹替版ではどうしても違和感が残る。「トップ・ギア」ファンなら間違いなく字幕版での視聴をオススメする。なおAmazonでは全てではないが「トップ・ギア」の旧作もラインナップされているため、それらを含めて楽しんでいきたい。

17040901

|

« 新型「Amazon Fire Stick」を導入する | トップページ | 前田有一著「それが映画をダメにする」を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/65126444

この記事へのトラックバック一覧です: 「グランド・ツアー シーズン1 #1 決定!最速のハイブリッドハイパーカー」を観る:

« 新型「Amazon Fire Stick」を導入する | トップページ | 前田有一著「それが映画をダメにする」を読む »