« 「マン・オン・ワイヤー」を観る | トップページ | 「ドント・ブリーズ」を観る »

2017/01/08

PMA-390REで凱旋門を復活させる

17010801

テレビ用のプリメインアンプ、ケンウッドKA-5010が片チャンネルの音が出難くなって瀕死の状態。四半世紀前の製品である。一度メーカー修理に出し、その時にこれが最後ですと宣告を受けた経験を持つ。そんな記憶もあり、今回の故障で何もできずに半年以上放置してきた。通常テレビは内蔵スピーカーで十分だが、ここぞという時こそいい音で視聴したい。そのための凱旋門である。

凱旋門について説明したい。フランスのランドマーク、世界最高峰のGIレース...という訳ではなく、オーディオ評論家の長岡鉄男さんが25年以上前に設計したテレビ用マトリクススピーカーである。その風貌から長岡さんが凱旋門と命名した。

今ではスリムでサラウンド効果の高いテレビ用スピーカーが多くあるが、当時は家庭用ドルビーサラウンドの黎明期。デジタル技術が導入されるも周囲にスピーカーを配置させる等、一般には大げさなものだった。学生寮の自称六畳間にスーパーウーハーを入れて最大7台を点在、押し込んでいた。だからこその趣味の世界なのだが、違和感を感じずにいられなかった。

そんな時、長岡さんが提唱するスピーカーマトリクスに出会った。アンプ(一般的なプリメインアンプ:アンバランス接続アンプ)を使い、結線だけで位相差を引き出しサラウンドを実現する方法。スピーカーを一気にメインのペアとサラウンド側のペア、計4台に減らした。シンプルイズベスト、透明感と純度、包囲感とその体験は今も忘れられない。その後、長岡鉄男ワールドにのめり込んでいった。

マトリクススピーカー凱旋門は当時のオーディオ・ビジュアルの考え方に対する回答、AV Review誌で連載していた実験の一環で生まれた。しかもサラウンド側にスピーカーを配置しない。実はこれって今のテレビ用サウンドバーの先駆けなのである。今のサウンドバーはデジタル処理でサラウンド効果を調整できるが、凱旋門にはそれがない。でもそれでいい。

冒頭のKA-5010はその実験の際、凱旋門を駆動していたアンプだった。だがテスト相手に選ばれたもう一台が実験後、サラウンド効果の差から連載時のリファレンスとなった。それがデンオンPMA-390である。いつかは買おうと思っていたが、テレビ用に買い替えるには敷居が高い。でも30,000円強というコストパフォーマンスではあったが。

そんなPMA-390は今も続く人気シリーズとなり、少なくなったピュアオーディオファンの最後の砦となっていた。そこで今回アンプ入れ替えにあたり、最新機のPMA-390REを購入する事にした。実売30,000円というのも嬉しい。

シャンペンゴールドのルックスにボリュームはリモコン付き。オーディオファンよろしく、本体側のボリュームの重みに物足りなさを感じるものの、便利さには敵わない。ちなみにアンプとテレビの接続はヘッドホン端子/ライン出力。テレビやレコーダでピン端子が使えなくなって久しい。テレビとレコーダもHDMIだし、かつてケーブルを自作したマニアにはつけ込む隙が無くなった。

さてPMA-390REを繋いで音を出した印象だが、出せる音の大きさは言うまでもなく、まず音の鮮度がいい。レンジが広くバイクの排気音は図太い。音の奥行き、サラウンド側への張り出しもそこそこある。エアチェックした最新作「セッション」のクライマックスでの没頭感も凄い。

加えてかつてのサラウンドリファレンス「ダイハード」や「AKIRA」のエアチェックディスクを鳴らしてみたが、ちょっと印象が違う。マスターが変わった事、所詮はドルビーデジタルという点。5.1chマルチ再生前提で2ch、ステレオ音声軽視だからだろう。余談だが、レーザーディスクのデジタル音声を知る身には力強さがやや物足らない。

とはいえ、かつてオーディオに情熱を傾けた程のモチベーションで無くなった今、家族と共存する中でワングレード高い環境を得た事の意義は大きい。妻も音楽Blu-rayでは使ってくれているよう。また今後PMA-390RE自身のエージングも期待できる。惜しむらくは画面の大きさが音に負けている事。例え凱旋門であっても80インチ以上は欲しいと思う。欲望とは実に限りないものだなぁ。

17010802


|

« 「マン・オン・ワイヤー」を観る | トップページ | 「ドント・ブリーズ」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/64736344

この記事へのトラックバック一覧です: PMA-390REで凱旋門を復活させる:

« 「マン・オン・ワイヤー」を観る | トップページ | 「ドント・ブリーズ」を観る »