« 「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」を観る | トップページ | 2016年総決算「映画篇」 »

2016/12/31

2016年総決算「競馬篇」

16123101

今年の中央競馬は前年のダービー馬ドゥラメンテが期待されたが、ドバイは落鉄もあってポストポンドの2着、宝塚記念は2着入線後に脚部不安を発症で電撃引退。凱旋門賞制覇は今年のダービー馬マカヒキに託された。マカヒキは前哨戦を勝ったものの、オブライエン厩舎の作戦の前に惨敗。ただ日本馬一頭で臨んだ世界最高峰のレースを勝たせてくれる程、本場は甘くない。

その一方で昨年香港カップを勝ったエイシンヒカリがイスパーン賞を快勝。レーティング世界一となった。そして連覇のかかった香港カップをぶっちぎったのがモーリス。香港帰りの安田記念は差し届かず2着だったが、年間通して堅実な成績を残した。引退は残念だが、記録だけでなく記憶に残る名馬だと思う。

日本国内に限れば、年間通して活躍したのはキタサンブラック。王道路線を進み、春は天皇賞・春、秋はジャパンカップを勝った。今年の成績だけでいけば、全レース馬券圏内を確保。ファン投票1位となった有馬記念はサトノダイヤモンドのマークに屈したが、両馬共に来年はシャンティイの大一番が大目標というのは楽しみ。

通年免許でルメール、デムーロが頭角を現す一方、エイシンヒカリ、キタサンブラックの鞍上武豊の活躍は嬉しかった。勝ち星はまだまだ全盛期に及ばないが、競馬ファンだけでなく世間が目を向ける存在として今年も目立った存在だった。やっぱり競馬は武豊で無ければ、と思う。

総じて振り返ると、日本馬にとって海外競馬はより身近になったと実感する。特に今年は海外馬券元年であり、凱旋門賞と香港国際競走と馬券共々楽しんだ。馬券となれば必ずしも日本馬だけを応援する訳でない。中心はマカヒキでは無くファウンド、ビッグアーサーでは無くエアロヴェロシティなのである。来年はドバイも買えそうだし、開催日の深夜は眠らせてもらえそうにない。

年間を通した馬券は取って取られてを繰り返し、プラスに転じる事は無かった。余計に勝った馬券が敗因。勝負レースを絞り切れなかった事も大きい。来年は効果の高かったローリスク・ハイリターンなら中穴中心、連対馬体重内の馬を軸とする事を推し進めたい。今年の福島記念のような予想ドンピシャな馬券に出会いたいなぁ。


|

« 「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」を観る | トップページ | 2016年総決算「映画篇」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/64699282

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年総決算「競馬篇」:

« 「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」を観る | トップページ | 2016年総決算「映画篇」 »