« 「聖戦士ダンバイン」を観る | トップページ | 東京競馬場で「第36回ジャパンカップ」を生観戦する »

2016/11/13

「ブラウン オーラルB プラチナ・ブラック7000」を買う

16111301

 3週間前、歯科医院へ年一回の定期健診を受けた。今では会社で春に歯科健診があるため、年二度歯を診てもらっている事になる。人生自慢できるのは歯の事ぐらいと思う。親からもらった大事な体、特に歯についてはその思いが強い。毎日朝晩、人並みに歯を磨き、糸ようじ(ただこちらは毎日とはいかないが)でケア。ただそれでも磨き残しや歯石を指摘された。さぁどうしたものか。

 そんな帰り、妻と通いの電気店へ向かう。目に飛び込んできたのは電動歯ブラシだった。かねてから欲しいと思っていたアイテム。ピンキリながら機能を考えると高額品を選ぶ事になる。そんな中、ブラウン オーラルB プラチナ・ブラック7000が税込15,000円とあった。高いのか、安いのか。ただグレード的にはいい感じに思える。その場の勢いで購入に至った。ちなみに価格コムの最安値は税込21,300円(2016年11月12日現在)であり、結果お得な買い物となった。

 オーラルB プラチナ・ブラック7000の構成は駆動する本体、回転ブラシ、充電スタンド、携帯ケース、そしてスマートガイドと呼ばれる画面表示器。しかも本体はBluetoothを内蔵し、スマートガイド、スマホアプリで情報連携する。スマートガイド、スマホアプリ共にタイマーを持ち、歯磨き時間の把握が可能。基本、2分とし、プラス集中箇所を磨くよう設定できる。アプリはiPodに入れて詳細設定。磨き方はホワイトニングなど数種用意されていた。

 スマホアプリを使う時はBluetooth入かつアプリ起動必須。ただ2分のタイマー部分は時間表示だけでスマートガイド表示と大差ない。集中ケアになると口内の絵が出て、どこを磨くかを教えてくれる。ちょうど健診の後だったので集中ケアの箇所はそれに沿って設定。スマホアプリを使った歯磨きの見える化は一見中々のものに思えた…

16111302

16111303

 ここからはダメなところ。まず本体とスマホアプリの連携は可能なものの、複数のスマホを区別できないため、アプリ側に家族全ての歯磨き履歴が表示されてしまう。もし個人データにこだわるなら、家族の履歴を削除しなければならない。

 また集中ケアもその箇所を覚えてしまえば、ガイドの必要性を失う。タイマーもスマートガイドがあれば事足りるし、それを見て集中ケアに移行すれば良い。最初のうちはアプリを面白がったが、今ではスマートガイド一本。ただ今後アプリもアップデートされ、機能が上がる可能性はあるが。

 ただ正直アプリの件は二の次。あくまで電動歯ブラシなのだ。ここからは良いところ。押し付け過ぎるとセンサーが反応、LEDが光り、力を掛けずに歯磨きができる。歯医者には1箇所30回以上と言われたが、普通の歯ブラシでは実際難しいので、回転ブラシは大きなアドバンテージだ。しかも歯磨きを短時間で効果的に済ませられるため、朝の忙しい中で強力な時短アイテムとなる。

 強いて問題を挙げれば、ブラシのコストだろう。普通の歯ブラシなら一本200円弱のところ、専用のブラシは3〜4倍の価格のようだ。ただ実際使ってみると、この歯ブラシの費用対効果は侮れない。糸ようじや歯間ブラシの併用は必須だが、電動歯ブラシは現代人の歯のケアに不可欠と言える。もちろんこの製品のCP(コストパフォーマンス)は高くオススメだ。

16111304

|

« 「聖戦士ダンバイン」を観る | トップページ | 東京競馬場で「第36回ジャパンカップ」を生観戦する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/64486237

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラウン オーラルB プラチナ・ブラック7000」を買う:

« 「聖戦士ダンバイン」を観る | トップページ | 東京競馬場で「第36回ジャパンカップ」を生観戦する »