« WOWOW連続ドラマW「沈まぬ太陽」を観終える | トップページ | 第95回凱旋門賞を振り返る »

2016/10/02

第95回凱旋門賞の馬券を考える

 ご存知の通り、JRAは今年から外国のG1レースの馬券を発売する。その第一弾がフランス凱旋門賞だ。欧州No.1であり、世界最高峰のレースと言っていい。日本馬は4回の連対を数えるが、優勝はない。そもそも欧州調教馬以外の勝ち馬がいない。

 欧州独特のタフな馬場はスピード重視の日本馬には本来不向き。ただ今年は工事のため、高低の激しくトリッキーなロンシャンからシャンティイ競馬場での開催となった。エイシンヒカリがシャンティイのイスパーン賞を勝った事からも、多少なりにも日本馬にあった馬場なのだろう。

 注目は今年の日本ダービー馬マカヒキの参戦であるが、指数的にはダービー共々キズナクラスまでの能力とみている。渡仏、前哨戦を使った点も同じだが、後は適性と夏を越してパワーアップがあるかどうか。ちなみに過去の参戦馬ではオルフェーヴルがダントツ。又はエルコンドルパサーのような長期遠征ではないとなかなか難しい。

 世界トップクラスのポストポンドの取捨が馬券のポイント。約2ヶ月ぶりのレースだが、前々走から同じ間隔で関係ないだろう。4歳以上の牡馬に不利な凱旋門賞とはいえ馬連、三連複で攻めるなら絡める必要はある。あとは3歳馬か牝馬という凱旋門賞王道の買い方しかない。

 馬券はポストポンド、ムーアの乗るファウンドの2頭軸での三連複総流し。ファウンドからのワイドも買いたいが、人気馬からはちと安め過ぎるので穴目のヒモに期待。心配は23時まで起きていられるか位かなぁ。寝落ちの前に馬券だけは買っておこう。

161002

|

« WOWOW連続ドラマW「沈まぬ太陽」を観終える | トップページ | 第95回凱旋門賞を振り返る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/64290164

この記事へのトラックバック一覧です: 第95回凱旋門賞の馬券を考える:

« WOWOW連続ドラマW「沈まぬ太陽」を観終える | トップページ | 第95回凱旋門賞を振り返る »