« 「デッドプール」を観る | トップページ | 「プレデターズ」「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」を観る »

2016/06/17

「スポットライト 世紀のスクープ」を観る

 今夜は一人でアカデミー作品賞受賞作「スポットライト 世紀のスクープ」を観てきた。ボストン・グローブ紙のスクープしたカトリック教神父たちの子供への性的虐待報道。その道程と真実に近づく中の彼ら4人、スポットライト班の葛藤をマーク・ラファロ、マイケル・キートンらをキャストに迎えて描く。

 2001年、ボストン・グローブ紙新局長にマイアミから来たバロンが着任する。バロンは”ロビー"率いるスポットライト班に神父の性的虐待の調査とその記事制作を託す。ロビーらは被害者、教会、両者の弁護士らに接触。やがてその深刻さと広がりは、彼らの想像を超えていた。単なる虐待事件に非ず。ロビーは記事を介し、巨大な”教会”=システムへの戦いを試みる。

 邦題はサブタイトルに「世紀のスクープ」と謳っている。ある意味正しいが、ロビーにとって目的はスクープで無い事は分かる。自分たちが見過ごしてきた事実、それに苦しむ被害者たち。氷山の一角から調査を進めて明かされる教会側の闇。最大規模を持つ組織。その結果、エンドロールに唖然。宗教にコミュニティー、閉鎖的な側面が被害を広げる。巨大組織は妨害も仕掛ける。だからこそロビーは焦らず、機を待つ。自分の過ちを繰り返さないために。

 被害者たちの組織はその生き残りを”サバイバー”と称した通り、死を選んだ者も少ない事を教える。アカデミー賞での受賞スピーチでこの悲劇を訴えていた事を思い出される。宗教とはある意味、性善説の元に成り立っている。盲目的、無知の怖さ。組織の起こす事件程、質の悪いのは世の事実。一人の子の親として、組織やコミュニティー相手に守る事はできるかと考えさせられた。スポットライト班だけでなく、キャスト陣の熱演に静かだが、骨太なノンフィクション作に引き込まれた。

160617


|

« 「デッドプール」を観る | トップページ | 「プレデターズ」「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/63793399

この記事へのトラックバック一覧です: 「スポットライト 世紀のスクープ」を観る:

» 「スポットライトー世紀のスクープー」 [ここなつ映画レビュー]
人が人を殺す事は、ある。しかし、組織が人を殺す、それを暴いたのがこの作品である。実際に刃物や銃器で殺される訳ではない。だが、被害者達は一度精神的に殺されている。そして被害者達が後に自殺をしてしまうケースも多い。世紀のスキャンダル。聖職者が教会の地位を利用して、信徒の子供達に性的虐待を行う。それも一件や二件ではない。…マサチューセッツ州ボストンの新聞、グローブ紙は、「スポットライト」という長期連載を信条としたコラムでその犯罪を告発する。期待していた通りの正統派の作品であった。マーク・ラファロもマイケル... [続きを読む]

受信: 2016/06/28 16:43

« 「デッドプール」を観る | トップページ | 「プレデターズ」「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」を観る »