« 「トランセンデンス」を観る | トップページ | 植木等主演「本日ただいま誕生」を観る »

2015/08/15

「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」を観る

 今夜は一人でトム・クルーズ主演、シリーズ最新作「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」を観てきた。CMで度肝を抜くアクションを披露しても、それでも「大丈夫!」とトム・クルーズ自信の表れなのだろう。実際、テレビに出てくる紹介映像も劇場で体験しないとその興奮と面白さは伝わらないと感じる。その出し具合たるや製作も務めるトムの手腕は巧みである。本作はトムの考えるエンターテイメントの集大成なのだ。

 秘密裏にシンジケートと呼ばれるテロ組織を追っていたイーサン・ハント。だが確証のないままにCIA長官はIMF解体を進言、ハントは孤立する。そして謎の男が現れ、捕らえられてしまう。それこそシンジケートのリーダーであった。シンジケートの目的とは?ハントを助ける女の正体は?ベンジー、ルーサー、ブラントの手を借り、ハントの追跡が始まった。

 J.Jエイブラハムズが参加した「MI:3」以降、磐石となったアクションとストーリー。特にアクションはほぼトム自身で取り組む等、そのライブ感、スピード感は映画ならでは。プロデューサーであるトムが最も力を入れている事が伝わってくる。もちろんストーリーもスパイ大作戦らしくチーム戦もあり、後半にはしてやったりの頭脳戦も魅せる。また音楽もテーマだけでなく、ラロ・シフリンの耳慣れたオリジナルBGMのエッセンスを散りばめ、テレビ「スパイ大作戦」のファンとしても嬉しい。

 なお、もう一つこのシリーズを磐石にさせたのは、同じく第3作から登場したベンジーことサイモン・ペグの存在だろう。彼の参加でよりチーム戦らしくなった。特に第2作までシリアスに偏っていたところを、彼の存在が時に可笑しく、時に観客の感情移入先として機能している。ベンジーの目で我々はストーリーを楽しみ、ハントに出し抜けを喰らう。本作ではさらに活躍の場が用意され、ハントを助けていく。

 今回のヒロイン、レベッカ・ファーガソンは力強く美しい。観ている我々もハント共々翻弄され、失神しそうだ。アクションに見せ場も多く、一作で終わらせるのが惜しい。映画版スタートから19年。夏の定番となった「ミッション:インポッシブル」。ぜひ暑気払いに劇場へそんな一作にオススメしたい。

150815


|

« 「トランセンデンス」を観る | トップページ | 植木等主演「本日ただいま誕生」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/62090764

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」を観る:

« 「トランセンデンス」を観る | トップページ | 植木等主演「本日ただいま誕生」を観る »