« 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を4DX-3Dで観る | トップページ | 「ラ・ブーム」を観る »

2015/06/27

「I, the jury」(探偵マイク・ハマー/俺が掟だ!)米版DVD日本最速?レビュー

1506271

 事ある毎にアメリカAmazonで"I, the jury”と検索してきたが、何とヒット。いよいよDVDのリリースである。米版DVDはリージョンの壁があり、視聴にはリージョンフリープレーヤーが必要。ただ何とこのDVDはリージョンフリーで日本国内向けプレーヤーでも視聴可能(リージョンコードがあっても実家のプレーヤーなら見られるけど)。早速、米Amazonのアカウントを使って19.98ドル、日本円で2,500円(送料込で3,000円位か)にて購入。約2週間後、我が家にマイク・ハマーがやってきた。

 「探偵マイク・ハマー/俺が掟だ!」は30年前、盟友N氏と東京の名画座で観た作品(ちなみに日本初公開は1982年)。格好良さハンパないオープニングタイトル、ビル・コンティのスコア、アーマンド・アサンテの走りまくるアクションに魅了された。それ以来、レンタルビデオのダビングテープを持ち続け、DVDのリリースを待ち望んできた。

 実は日本公開時、ワーナー配給だったこの作品。国内リリースのレーザーディスクもワーナー盤だった。ただ今回、アメリカでのDVDはFOXによるリリースになっている。CINEMA ARCHIVESというシリーズらしい。オープニングはFOXのファンファーレでスタート。

 視聴はテレビ:ソニーBRAVIA KDL-42W802A、プレーヤーパナソニックDMR-BW850による。シンプルなシステム、家族寝静まる早朝の視聴のため、解説は不十分かもしれない。まず画質は申し分ない。DVD相当の解像度ながらディティールに甘さが無い。最新作に比べれば画質は物足らないが、80年代の作品としてみれば合格だろう。音はモノラルでプア。これは去年リリースされたサントラ相応。ただセリフが歪むとか、音が物足らないとか、ネガティブ要素は全くない事を付け加えておく。

 このDVDはリリースされただけでも奇跡。特典はアメリカ劇場版予告篇のみ。個人的に英語字幕、クローズドキャプションもないのは寂しい限り。またチャプターの切り方が物足らない。オープニングやエンディングテーマ、ここぞというアクションに飛んでくれない。何度も繰り返して観たいのに。まぁ大した話ではないが。

 さてこの作品といえば過激な描写も少なくない。ハマーと女医との絡み、クリニックでの双子美女、酒池肉林的な修羅場等、ボカシは一切入っていない。自然に毛が見えてます。これ、もし日本盤がリリースされるとなれば、たぶん修正されると思います、と要らぬ心配。

 改めて見直すと作品のテンポの良さもさる事ながら、配役も良い。個人的には秘書のヴェルダのサポートぶりが好きだ。ハマーとの阿吽の呼吸、拉致られたケンドリックスに責められ、ハマーに助けられた後に吐くセリフもいい。この時の姿、まさにクリスマスツリーだ。ケンドリックスの変態ぶりも捨て難い。「I... Believe... you」なんてね。この後ハマーがケンドリックスを追い掛けるくだりはスコア、アクション的にも見事。「日曜洋画劇場」で淀川長治先生が絶賛していた事が思い出される。ちなみにこの時の放送はボカシだらけだったけど。

 もし「探偵マイク・ハマー/俺が掟だ!」が好きな方は是非この米国盤DVDを購入して欲しい。記憶で紡いだ作品を再見すると感動は大きい。字幕がないのは難点だが、日本語字幕を含めて、まずはスターチャンネルかWOWOWあたりで放送される奇跡を祈る。とにかく奇跡を待てない人は、まずこのDVDだ!

1506272

1506273

1506274

1506275


こちらはサントラです。

|

« 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を4DX-3Dで観る | トップページ | 「ラ・ブーム」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/61800015

この記事へのトラックバック一覧です: 「I, the jury」(探偵マイク・ハマー/俺が掟だ!)米版DVD日本最速?レビュー:

« 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を4DX-3Dで観る | トップページ | 「ラ・ブーム」を観る »