« 「山田孝之の東京都北区赤羽」最終話を観る(ネタバレあり) | トップページ | 「メリーに首ったけ エクステンデッド版」を観る »

2015/04/04

「6才のボクが、大人になるまで。」を観る

 今夜は盟友N氏とリチャード・リンクレイター監督作品「6才のボクが、大人になるまで。」を観てきた。今年の米アカデミー賞、最優秀作品賞は逃したものの、パトリシア・アークエットが最優秀助演女優賞を受賞している。ただ撮影に費やした年月を思えば、キャストやスタッフの苦労が偲ばれ、観終わるとそんな賞等ちっぽけに感じ、むしろそれ以上の感慨を与えてくれる。

 6才になるメイソンは姉のサマンサ、母のオリヴィアと共に暮らす。時に母と別れた実の父が現れ、メイソンに人生を諭す。一方自ら活路を見出すため、大学に進学したオリヴィアはその先で新たな出会いを果たす。やがてメイソンは新たな家族と過ごし、人生を重ね、幼かった少年は大人になっていく。この作品はメイソンの成長と家族の物語となっている。

 とにかく見どころは少年の成長を実際に12年掛けて撮った事だ。究極の演出と言っていい。日本でいうドラマ「北の国から」と同じスタイル。そんな観る側の少年に対する思いは同じ。可愛い顔をした少年が背が伸び、変声期を経て凛々しい男になっていく。僅か3時間足らずの物語なのに時の流れを感じさせる。この作品のセリフを借りれば、人生とは瞬間の積み重ねであり、それを体現した演出である。

 原題「Boyhood」という事で織り込まれるエピソードは新味は無いものの親しみ易い。強いて泣かせるような演出が無いのも好感。また子を持つ親としてはオリヴィアやイーサン・ホーク演じる実父(終盤ではニック・ノルティばりの貫禄となる)の気持ちも判る。特にオリヴィアが巣立つメイソンに放つ言葉は重い。今の我が子は出だしのメイソンと同じ年だが、やがて彼との関係でも同じような思いに接する事になるのだろう。

150404



|

« 「山田孝之の東京都北区赤羽」最終話を観る(ネタバレあり) | トップページ | 「メリーに首ったけ エクステンデッド版」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/61389742

この記事へのトラックバック一覧です: 「6才のボクが、大人になるまで。」を観る:

« 「山田孝之の東京都北区赤羽」最終話を観る(ネタバレあり) | トップページ | 「メリーに首ったけ エクステンデッド版」を観る »