« 「山田孝之の東京都北区赤羽」が面白い | トップページ | 再掲、追悼ステイゴールド。2001年遊舟競馬賞「ステイゴールド(黄金旅程)号」 より+コメント »

2015/01/25

「君よ憤怒の河を渉れ」を観る

 年始、BS日テレで録ってあった「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ」を観た。高倉健主演、佐藤純彌監督、「新幹線大爆破」のコンビ再結集による作品。和製ハードボイルド、70年代当時流行った西村寿行原作の一つ。かつて中国で上映され、一大ブームを生んだという。チャン・イーモウ監督がこの作品の健さんに惹かれ、主演に迎えた「単騎、千里を走る。」を撮っている。

 物語は突然事件に巻き込まれた検事杜丘の逃走劇であり、逃走過程で現れる事件の真相が描かれる。さらにアクションにラブロマンスとてんこ盛り。151分の長尺で、もし劇場で観たのなら相当の体力を強いられる気がする。とにかく脚本も展開も相当に無理がある。脚本を吟味するという健さんだが、この作品は恩と義理で撮った感は否めない。

 そんな作品でも見どころはある。まずは冒頭に流れる主題曲だろう。どうやら健さん本人によるスキャットらしいのだが、これが味があって耳に残る。あまりのインパクトについこの曲を口ずさんでしまう自分がいる。この曲だけでも欲しい。もう一つが病院隔離でのシーン。見ようによってはまるでコント、健さんだから成立する。精神操作された際の表情、演技は他の作品で見た事のない健さんがいる。

 逃亡者、判官贔屓、この作品が中国でウケた理由は解る気がする。この作品の健さんはとにかくスーパーだ。熊との戦いに勝ち、未経験のセスナ操縦をこなして日本を縦断し、馬に乗って街中を逃走する。孤高のヒーローである健さんを憧れに感じたのだろう。個人的には原田芳雄、大滝秀治、下川辰平ら名バイプレイヤーの登場に当時の日本の社会が映り、作品と別のところで興味深かった。

150125_2


|

« 「山田孝之の東京都北区赤羽」が面白い | トップページ | 再掲、追悼ステイゴールド。2001年遊舟競馬賞「ステイゴールド(黄金旅程)号」 より+コメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/61029868

この記事へのトラックバック一覧です: 「君よ憤怒の河を渉れ」を観る:

« 「山田孝之の東京都北区赤羽」が面白い | トップページ | 再掲、追悼ステイゴールド。2001年遊舟競馬賞「ステイゴールド(黄金旅程)号」 より+コメント »