« 「X-MEN:フューチャー&パスト」を観る | トップページ | 大阪・奈良・京都、家族旅行へ行く(前半:USJ篇) »

2014/06/15

フィットシャトルハイブリッドをオレ色仕様にする(完結篇)

14061501_2

 ダービー観戦を挟み、実は"オレ色仕様"にする計画は着々と進んでいた。シリーズ2回目にして完結篇、色剥がし、下地作り、リペイント、仕上げである。

 色剥がしに6日間漬けていたボディを取り出す。塗装はひび割れ、浮いた状態となっていた。これを丁寧に剥がしていく。ここではもちろんゴム手袋必須。すると間もなく白いボディが現れた。これを水洗いしながら、歯ブラシを使いながらさらに残った塗装を剥がす。完全に塗装を剥いだところでボディは1週間程乾燥させた。

14061502_2

そして塗装プランは次の通り。
1.黒で下地作り。
2.ターコイズパールを吹く。
3.クリアで仕上げ。

 カーモデルのボディ塗装としてオーソドックス。カギは1と2になる。実車のホライズンターコイズパールを実現するため、Mr.クリスタルカラーが必須だった。このパール塗料は下地色に反映され、色調を変える。大雑把に言えば青緑のホライズンターコイズパールを前提とした場合、黒の下地としたターコイズパールが適しており極似していた。最初は色を作る事も考えたが、素人が手を出すよりも結果、最良の選択となった。

 エアブラシで黒を吹く。ラッカー系重ね塗りを踏まえ、同じMr.カラーを選択。さすがに乾燥は速い。1時間半の間、黒吹きと乾燥を繰り返す。全体に黒が行き届いたところでいったん休止。一週間後の翌週に持ち越した。作業上発生したキズはここで修正。1500番ペーパーで水研ぎ。再度、黒を吹いて下地は終了した。

14061503_2

 そしてボディ塗装のメインイベント、ターコイズパール吹きだ。この塗料はエアブラシ専用といっていい。グリルなどをマスキングした後、色を少しずつ重ね、仕上げていく。吹きと乾燥の合間、パール成分が溶剤の底に沈殿してしまうため、色吹きをする直前に"うがい"を必ず入れる。そして吹いてみると少しずつ青みを帯びてくる。色を重ねていくと緑が強く出てきたかなぁと感じたのでパール吹きは終了。重ね加減、やり過ぎに注意したいところだ。

14061504_2

14061505_2

14061506_2

 仕上げはMr.スーパークリアー(光沢)。何度か吹きと乾燥を繰り返し、途中1500番ペーパーで水研ぎを入れる。水研ぎの後、ボディを触ってみて平滑である事を確認していく。ただ研ぎ過ぎて色が剥げてしまっては水の泡。なるべくクリアーを厚く吹き、乾いたところでまた水研ぎ。やがてクリアーが馴染むとあの実車の色、ホライズンターコイズパールとなり、最後に仕上げの厚吹きを施して乾燥。外しておいたパーツを元に戻していく。そしてまるで実車のようなフィットシャトルが現れた。

14061507_2

 塗装剥がしで無くなったリアのロゴプレートは写真を縮小してシールで再現。実車のナンバーも同様に縮小して貼ってみた。息子曰く家の車と同じ、なかなかの感動ぶり。付属のディスプレイケースに戻すとこれまた見栄えがいい。今回はボディのみに手を入れたが、カーモデル作りもなかなか楽しいものだと思う。

14061508_2

|

« 「X-MEN:フューチャー&パスト」を観る | トップページ | 大阪・奈良・京都、家族旅行へ行く(前半:USJ篇) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/59821537

この記事へのトラックバック一覧です: フィットシャトルハイブリッドをオレ色仕様にする(完結篇):

« 「X-MEN:フューチャー&パスト」を観る | トップページ | 大阪・奈良・京都、家族旅行へ行く(前半:USJ篇) »