« 「I, THE JURY」のSoundtrackが来たー! | トップページ | Macbook Air(2013)の無線LANについて(続報) »

2013/10/06

凱旋門賞、日本馬悲願達成ならず

 オルフェーヴル、キズナの2頭が出走した今年の凱旋門賞。無敗の3歳牝馬のトレヴが優勝し、2着にオルフェ、4着にキズナと残念ながら去年の雪辱は果たす事はできなかった。今年の凱旋門賞は前哨戦を日本馬が勝った上、有力馬が次々と離脱。風はいよいよ向いたかと思われたが、結果ジェルネ騎乗のトレヴ圧勝に終わった。

 スタート、道中とオルフェーヴル、キズナの2頭に大きなトラブルは無かった。ただオルフェーヴルは昨年のような弾けた感じが無かったし、キズナはいち早く仕掛けてじりじりと伸びてきたものの、トレヴとの差は広がるばかり。ただでさえ力の要るヨーロッパの馬場ゆえ、今日の重発表は相当に日本馬の瞬発力を殺いだのかもしれない。

レースが決まった瞬間の感想は、中継で解説していた福永騎手のひと言と全く同じだった。
「勝った馬が強かった」
戦前、浮かれムードの日本の競馬ファンだったが、再び現実に引き戻された。

 キズナは伸び盛りの3才馬。今回の凱旋門賞でも5着以下との着差は大きく、世界の舞台でも十分存在感を示したと思う。関係者のコメントからも来年の再挑戦、世界G1への挑戦は続くようだ。

 個人的に日本競馬史上最強馬と思っていたオルフェーヴル。恐るべき斬れ味で勝った道悪のダービーはその先に大きな夢を見させてくれた。ただそれを持ってしても凱旋門賞は2年連続2着。しかし日本の競馬ファンの夢は少しずつであるが、着実に悲願に近づいている。再び夢を見させてくれる馬の登場を待ちたい。

|

« 「I, THE JURY」のSoundtrackが来たー! | トップページ | Macbook Air(2013)の無線LANについて(続報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/58335200

この記事へのトラックバック一覧です: 凱旋門賞、日本馬悲願達成ならず:

« 「I, THE JURY」のSoundtrackが来たー! | トップページ | Macbook Air(2013)の無線LANについて(続報) »