« WOWOWで「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を観る | トップページ | 凱旋門賞、日本馬悲願達成ならず »

2013/10/01

「I, THE JURY」のSoundtrackが来たー!

131001

 念願、宿願と言っていい。30年の時を経て突然「I, THE JURY」(邦題「探偵マイク・ハマー/俺が掟だ!」)のSoundtrackが発売された。気がつけばGoogleで「I, THE JURY」「soundtrack」と検索し続けた努力(?)、執念が実を結んだのだろう。アメリカLa-La Land Recordsからのリリースで限定2,000枚。当然日本でのリリースは無い。10月2日修正:タワーレコードで買えるみたいです。そこで善は急げ!La-La Land Recordsの直販サイトからの購入となった。9月25日に発注、10月1日の今日、海を越えて手元にやってきた。

 このサントラは「ロッキー」でおなじみビル・コンティによるもの。実際のリリースは「ロッキー」シリーズと1983年オスカー作曲賞受賞の「ライトスタッフ」の狭間となる1982年。音は80年代の匂いプンプン。しかし音はさすがビル・コンティ。あの淀川長治氏が「日曜洋画劇場」の解説時に絶賛したスコア。キャッチーでメロディアス、それでいてシーンを想起させる楽曲の数々。これらは優れたサントラの条件を満たす。

 オープニングに流れる「Main Title」もその一つ。ブローニングハイパワーを手に構えるマイク・ハマー。記憶に刷り込まれたそのワンカット、ワンカットが実にカッコいいのだが、このサントラを聴くとそれを想いだし、つい嬉しくて笑ってしまう。エロいシーンではサックスを効かせる14曲目Chopin Nocturne/Stairway to Surrogate。特に宿敵ロメロのアジトへ向かい、最終決戦に到る19曲目Concrete Chase Conclusionからエンドロールの24曲目までが怒涛。瞬間、銃弾まみれ、泥まみれのハマーが目の前に現れる。

 願わくば本作のDVDなり(ブルーレイと贅沢は言えない)がリリースされればと思うが、たぶんそれは叶わないだろう。このサントラリリースこそが奇跡だからだ。そしてこのサントラを聴けるおかげで30年の間失った何か取り返した気がする。今は感動しかない。

「Main Title」 テロップはフランス語ですが、やっぱカッコいいです。

|

« WOWOWで「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を観る | トップページ | 凱旋門賞、日本馬悲願達成ならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/58303727

この記事へのトラックバック一覧です: 「I, THE JURY」のSoundtrackが来たー!:

« WOWOWで「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を観る | トップページ | 凱旋門賞、日本馬悲願達成ならず »